FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

〝ゆえ〟の言葉使いについて、さらなる調教

kotoba201701_01flshb.jpg
顔射を受け、猿轡を外された〝ゆえ〟。
意識が戻った時、どんな言葉が出てくるか…。


さて、昨年最後の記事で〝ゆえ〟の言葉遣いの調教について話したけど、言葉遣いに関してはもう一つ課題が。

〝ゆえ〟、なぜか使う言葉に漢語が多いんだ。

「〝ゆえ〟、よくこの責めに耐えたね。偉いぞ」

と褒めると、

「はい、御主人様、光栄です。」

という具合。

この場合の「光栄」がそう。漢語、文字通り中国由来の言葉なのかな。「音読み」をする言葉だよね。短い言葉で明快に意味を伝えてくれるけど、やや堅く、冷たい印象。場合によってはお役所言葉的に感じる人もいるよね。「善処します」みたいな。一方で、和語に関しては、やさしい印象があるけど、やや冗長となる場合も。

〝ゆえ〟は二重まぶたでお目目のぱっちりした女性だけど、外見も中身も比較的和風で、たおやかな印象の女性。それが漢語を発すると、どうにも〝Y〟的には違和感を感じていたんだ。

そこで、年末、〝ゆえ〟に命令。「漢語を減らしてできるだけ和語にしてみなさい…」。

最初、きょとんとしていた。漢語と和語、その違いがぴんとこなかったみたい。そりゃそうだ。一般的にだれでもが知っているということではないもんね。そこで改めて彼女に上記のような説明をしたら、「なるほど…!」と納得。

一方、御主人様の発する言葉は漢語も悪くないと思うよ。

「そこで、おし*こをしなさい」

というのも、

「そこで、放*するんだ」

とすれば、ほら、厳しさも増す気がするでしょ。

さて、〝ゆえ〟とのプレイ、はたして今後、和語が増えているかどうか。そして、そのことでどう印象が変わるのか?結果をまた書くので、読者のみなさんも楽しみにしていてね。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.