FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (14)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (12)
風俗 (4)

M性感でお一人様ラバーの楽しみ (PART 2)~ドライオーガズムに…

rubbermseikan00flsh.jpg
いよいよ期待に胸をふくらませてベッドに横たわる…。


(前回の記事はこちら

<<当日>>

さて、M性感でのお一人様ラバー、いよいよ予約した当日。

途中駅で1時間前に確認の電話。ホテルでは受付で念のため「天井にも鏡のある部屋って何号室ですか?」と尋ねておいた。珍しく若い女性の受付でちょっとどぎまぎしたけどね。すぐに笑顔で教えてくれた。部屋に入って再び電話。部屋番号を伝えておいた。

ホテルの近所に事務所があるみたいで10分ほどで女性登場。

Hさん、もともと顔立ちのとても綺麗な人だけど、前回会ったときよりさらに美しくなっていてびっくり。M性感専門のお店はきれいな人が多いと言うけれど、それにしても色白で超美人だなぁ…。そして、〝Y〟のこだわりポイント、お鼻の形がものすごく綺麗。

久し振りにお話ししてみると以前の印象と同じく、素朴でやさしい性格。「Hさん、優しいよね…」と言うと、「お客さんに優しい人が多いので…」と謙遜。「このお仕事は楽しいですよ…」という言葉も印象的。

さて、手持ちのキャットスーツやガスマスクなど一式をHさんに見せるとものすごく興味を持ってもらえたみたい。彼女、ひたすら感心しつつ、「すごいですねぇ…どんな気分なんですか、これを着ると?」などと質問責め。さらに被せてあげようかと尋ねると「お願いします!」。ちょっとうっとりした感じが素敵。M気もあるんだろうね。こんな彼女を本格的にラバーで責めたら愉しいだろうね!S心に火が付いたけど、いかんいかん、今日はM性感なんだから…。

さらに問診票のようなシートを出してきて、プレイの相談。〝Y〟が本当のMではないので、やさしく丁寧にアナルを責めてもらうことや、ときおり、口枷やバラ鞭などを利用してのプレイもお願いしておいた。いつもは〝Y〟がなみに施しているプレイを自分が生まれて初めて受けるわけで、ちょっと不思議な感覚だよね。前回会ったときはひたすら「ドライを体験したい!」というリクエストだったから。

そして、2時間にプラス1時間の延長時間をあわせた料金を前払い。彼女、オフィスに開始の電話を…。

さて、まずはシャワーで体を洗ってもらい、いよいよキャットスーツを装着。全身の締め付けが心地よい。さらに、全頭マスクにガスマスク、首輪、手足枷などなどを装着して、ベッドに横たわると天井の鏡に自分の姿が…。もうこれだけで体がとろけそうな快感。

「写真をとっていただけますか」とカメラを渡すと「喜んで!あの、〝Y〟さん、私も興味あるので、私のスマホで写真とらせてもらっていいですか?」と逆にリクエストされてしまう。喜んで…とこちらも答えちゃう。彼女、適宜プレイの最中に写真をとってくれることに。

rubbermseikan02flsh.jpg
使い捨てのゴム手袋でプレイ。そしてすべてのオモチャには
コンドームと、衛生面には万全を期してくれる良心的なお店。



<<実際のプレイスタート>>

やがて彼女の責めがスタート。

さすがにベテランで指名が数年間お店のトップ3に入り続けている女性。すばらしいテクニックで〝Y〟をメロメロにしてしまう。特に彼女の得意なパンスト亀頭責めは筆舌につくしがたい快楽。思わず何度も「死ぬぅぅぅぅぅぅ!」と叫び声をあげてしまう。

この時、外で掃除のおばちゃん2人がおしゃべりしながら通りかかったのだけど、〝Y〟の叫び声を聞いて、思わず黙り込み、立ち止まって聞き耳を立てているのがドア越しにわかる。

ところで、パンスト亀頭責め、すさまじい感覚なので「だめ!」とすぐに拒否しちゃう人もいるみたい。実は〝Y〟、あることを発見したんだ。確かに苦しくて痛いくらいなんだけど、その際、両脚を開脚運動の要領でおもいっきり横に広げてみてはどうかな?〝Y〟の場合、そうすると痛みのような感覚が消えて、純粋に快感に変わるんだ。苦手な人は一度試してみるといいと思うよ。ただし、これ、射精につながることもあるので、その点は注意してね。

「さぁ、じゃ、あそこにバイブを入れるよ」と一言。さすがプロらしく、まずは指でほぐし、こちらの呼吸を見ながら、それに合わせてバイブが。

自分のメタリックに輝く黒い体に、白いバイブが出入りするのが鏡越しに見える。

さらに彼女のペニスバンドが、そして、指が…と様々なバリエーションでアナルがいじられる。それも、すべて天井の、壁の、あらゆる鏡で見ることになる。

もうこの辺になると自我が崩壊ぎみ。体を預け「もうどうにでもしてください!」と哀願したくなる。

途中でガスマスクをはずされたり、着けられたり。あるいは、ボールギャグを咬ませられ、口から涎が。よく言われるけど、自分で止めることの出来ない涎を見ていると、無力感、そして自分の思考がストップし、意識が朦朧となるんだね。そして、それがまた快感に。なみに施してそれを眺めて楽しんでいたけど、こんどはそれをSであるはずの自分が初めて体験して楽しむことになるとは…。


<<ついにラバーに包まれてドライに>>

さらに、指で前立腺を刺激しながら亀頭責めを受けていたら…。

下半身から快感が上半身に広がり、なんと全身が何度も痙攣。あ、ドライ来た!

いままで裸でドライという経験はあるけど、ラバーのキャットスーツで全身を包まれながらドライオーガズムに達するのが一番の夢だったので、それが実現。これはうれしかったなぁ…。

そして、何度かドライの波を受けたあと、最終的にウェットのフィニッシュで果てた…。ものすごく大きい快楽の波だった。


<<終わった後は>>

終わった後は意識もしばらく遠のく。

やがて起きあがって、彼女にリードされてバスルームへ。キャットスーツを脱いで、体を洗ってもらう。湯船に浸かると、なんと彼女、〝Y〟のキャットスーツを洗ってくれている!そこまでしてくれるなんて!!あらためてHさんの優しさとサービスに感動。

気がつくともう、すすでに2時間と40分がたっていたことになる。ああ、なんという時間の短さ。でも、この充実感。

Hさんに再び感謝の言葉を。彼女もうれしそう。

いやぁ、こんな快楽があるとは。

パンスト亀頭責めはその快楽の度合いがものすごいということで以前も強烈な印象はあるけど、アナルとの同時責めでドライが発動するとは!これは予期せぬ喜び。

Hさんの人気の秘密があらためてわかった気がする。様々なお客さんに対応する引き出しの多さと深さ。日頃からプロとしての自覚がものすごく高い方なんだね。

ラバーの楽しみを広げるために普段は縁のないM性感のプロフェッショナルに手伝ってもらうという体験もまた良いものだね。同じ嗜好を持つ人にはぜひにとおすすめしたい体験だったよ。

お店に感謝のメールを送っていたら数日後、彼女のブログに〝Y〟のキャットスーツ姿の写真が…。Hさん、気に入ってくれたんだね。よかったよかった。Hさん、本当にありがとう!

rubbermseikan06.jpg


あまりに嬉しかったので、Hさんには実はその後、もう一度お世話になっちゃった…。きっと、これからも何度もお世話になるんだろうね…。

ラバーマニアの皆さんもぜひどうぞ!


rubbermseikan03flsh.jpg
これからはラバーを身につけただけで
この日のことを思い出しちゃうね






スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.