FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

初めてのSMクラブでSを体験~その1

smclub01.jpg
こうした入門書も改めて読んでみると参考になる!


<<はじめに>>

〝Y〟は数年前まで風俗を利用したことがほとんどなかった。

なみ一筋。えらいなぁ…。

でもね、40代になってからドライオーガズムという存在を知り、そのためにアナル開発のお店を時折利用するようになった。そのおかげでドライオーガズムも経験できるようになってきた…。それは姉妹ブログ(こちら)に書いた通り。

そしたら、どうしても、一つ気になっているジャンルが出てきたんだ。

それはSMクラブ。

だって、なみとの関係で日頃「S」を任じている〝Y〟、どうしても、Sとしての行為がワンパターンに思えて、もっと幅を広げたくなっちゃったんだ。ここに何度も書いているように厳密に言えば「なみ」は本当の意味のMではないし(〝Y〟のリクエストに応じてフェティッシュなギアを身につけて簡単なプレイをするけれど、〝Y〟に合わせて無理矢理Mを演じているような部分があるんだ。ま、それはそれでありがたいんだけれど)。

それに人間、年を取ってくると、あと「うん十年」の人生とカウントダウンを始めちゃう。人生でやり残したことはないかな…と思うと、ああ、あれをやっておけば良かったということばかり。その一つが本格的なM女を相手に「Sプレイ」をしてみたい!ということ。

とはいえ、出会い系サイトなどでホンモノのM女を探すのも大変だし、リスクも高い。

じゃ、プロの女性を相手に風俗は?

だけど、敷居は高いよね。お店はどうする?から始まって、場所は?値段は?安全性は?女の子は?と「?」が次々と。

ただ、ドライオーガズムを目指してアナル開発のお店を利用していた(相当なリサーチを事前にしたんだ)おかげで、風俗の仕組みはだんだん理解できるようになってきた。ネットを利用すれば、ある程度の情報が得られることもわかったし、最近はお店の利用方法を動画で教えてくれたりするサイトもあるし。

というわけで、ちょっと前の思い出話になるけれど、生まれて初めてSMクラブ(デリバリー型)を利用したときの記録をお届けするね。

この記事は、〝Y〟と同じようにこれからSMクラブデビューをしてみたいと思っている人の参考にと書いている。もちろん、人それぞれに趣味・嗜好は違うので、〝Y〟とはこだわりのポイント異なることも多いと思うけれど、良ければ参考にしてね。

それと、お店を利用される際は必ず自己責任でね。様々な危険のともなう遊びであるのは当然。そのリスクを避けるようにしてね。〝Y〟は責任とれないから。


<<安全に対する考え方>>

smclub02.jpg
アポロくん、性病検査を語る
STD(性感染症)に関してはこうした非常に有益なサイトも多いんだ。
ぜひ、事前のチェックを。


風俗を利用する際に絶対条件があるんだ。

それは女性から病気をもらわないこと。そして、自分も女性に病気をあげないこと。

本番行為などはもちろん御法度。ただ、SMクラブではAFと呼ばれるアナルファックがその代替手段になると思うけれど、ご存じのように、これはもっとも性病の危険の伴う行為。絶対にコンドーム着用。それは多くの人が理解していると思うんだ。

でもね、実はそれ以外にも重要なことが。フェラチオ。これも実は淋病、クラミジアなどの病気が感染する可能性が非常に高い。だから、こちらもコンドームを付けることを〝Y〟は勧めるよ。ごくまれだけどHIVへの感染もあり得る。

え?フェラチオでコンドームなんて…?うん、現状、フェラチオで、コンドームを付ける人は少数だよね。でも、実際に性病の感染はここで起きることがあるので、やはり、付けた方がいいと〝Y〟は思う。

そして、そこまで言うと、ディープキスも感染の可能性はある。特に、口のなかに傷ができている時などは避けた方がいいよね。さらに言えば、素股も。厳密に言えば、コンドームを付けていても、他に、ヘルペスやコンジロームなどの感染は防げない場合もあるんだ。そう。当たり前に考えれば、風俗遊びは病気との危険と常に背中合わせ。

いくらM嬢が定期的に検診を受けていたとしても、受けた日から自分と会うまでの日に他の人から病気をうつされていたらアウト。というわけでSMプレイは「常にSTD感染の可能性がある」という前提で物事は考えた方がいいよ。もちろん、こちらも病気を持ってM嬢にうつすようなことがないように細心の注意をしなければいけないと思うんだ。

まとめると、

1.ディープキス ~ しない。軽いキスにとどめる。
2.フェラチオ ~ 竿や裏筋を舐めてもらう程度(尿道を避ける)で、しっかりとしたフェラはコンドームを付けて。
3.AF ~ 絶対にコンドーム。相手がパイパンでない場合、お互いの陰毛が接触しないようにバックから責める。
4.素股などもコンドームをつけて。また、相手がパイパンでなければ行為そのものを避ける。


もの凄い制約になるけど、本当はこれでも完全じゃないんだよね。

コンドームも最近は超薄型がでてきたり、いろいろと利用すれば失う快感も最小限にとどめられるよね。というわけで、できるだけプレイ中はコンドームの利用を!

あるデータがあるんだ。

「新宿さくらクリニック」のサイトによると、淋病、クラミジアに関しては、感染している相手とは、一回の性行為で感染する確率は50%以上。また、日経メディカルの記事によると、2002年の調査では、風俗業界で働く女性の32%がクラミジアに感染している。http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/325403.html

このデータをどう見るかだよね。


<<お店と女の子選び>>

smclub03.jpg
たとえば、こぅした口コミサイトは重要。


遊ぼう!と思ったら、とにかくリサーチ。〝Y〟の初体験の場合、これにつきたよ。数日間、PCとにらめっこ。

こんなときに役に立つのが口コミサイト。大手が幾つかあるけど、この口コミを読むのがまず大事。とはいえ、サクラも多いのがこの世界。でも、読んでいくと大体区別はできるよ。やたら褒めるばかりの口コミ、逆に、やたらけなしてばかりの口コミ。こちらは多分、同業他社が仕掛けているんだろうね。そんな「サクラ」や「いやがらせ」を排除して読んでいくと、結構皆さん本音で色々なことを書いてくれている。

すると、まず、「口コミ件数の多い店」というのは、やはりそれなりに人気のあるお店ということになるよね。そこで、まずお店の候補を絞ることができるんだ。この作業そのものは数秒で終了!合理的!ついでにいえば信頼できるサイトなどで取材記事が書かれていれば、信頼度は上がると見ていいかもしれないね。

さらに、数軒に絞り込まれたら、その口コミ内容を読んでいくんだ。

特に重要なのは

・指名した女性がきちんと来るお店か
・指定された料金以外に思わぬ追加などが生じないか
・希望のプレイがきちんとできるお店か

ということ。

そんなポイントを確かめながら読んでいく。

そこで、問題無いと踏んだら、今度はお店の公式ページに。

お店のシステム、料金、プレイ内容、在籍女性、さらに、出勤表と見ていく。この時点で使いにくいページだと要注意。あまりネットに本腰をいれていないか、入れられない事情のあるお店ということだから。

例えば、〝Y〟の場合、以下の条件でまずお店そのものを選んでみたよ。

・2時間(120分)のSプレイで3~4万円(これが相場らしいね)
・猿轡、手枷、足かせ、革具責めがオプションでなく可能であること
・ホテルなどの利用が容易な場所にあること
・数日前からWEBか電話で予約ができること
・好みのタイプの女性がいること(〝Y〟の場合は清楚な美人系でスレンダー、優しい性格の女性)
・午前中から遊べる女性がいること


ということで結果、3つほど候補に残ったんだ。

で、その3つのお店を比較したんだけれど、その際はそれぞれの在籍女性の出勤表を見て、自分のプレイをしたい日のスケジュールに会う女性がいるお店…ということになると、さらに2店にしぼられちゃった。

さらにその2店のうち1店は店舗受け付け型。つまり、そのお店の受け付けに行かなきゃいけない。そのぶん、時間のロスがある。もう一方はホテル待ち合わせ型。こちらの方が時間のロスは少ないよね。というわけでそのお店「X(仮名)」に決めちゃった。


<<女性の選び方>>

smclub04.jpg
かつて発行されていた「ビザールマガジン」での特集記事。
他に「マニア倶楽部」など、こうした雑誌系のメディアでの紹介は
内容がしっかりしているよ。


女性の容姿や性格などは個人個人の好みの問題だから、お店のオススメというのはかならずしも参考にはならないかも。ただ、最近は女性のブログを用意しているお店も多いよね。それはもの凄く参考になるよ。どんな考え方の持ち主なのか、どんなプレイが好きなのか…。お相手を決めたら、その人のブログをしっかり読んでおくと、会った時の会話の材料にもなるし、絶対にオススメ。

また、お店のページにあるプロフィール写真は修整されているけれど、動画の場合はモザイクやボカシで修正されていても、しゃべり方や声など情報量は圧倒的なので、動画のある場合はぜひ見てみようね。〝Y〟も、動画で「この子、感じ良い話し方だな」とか「この子、〝Y〟の苦手なタトゥーがあるんだ!」なんて感じで参考になったよ。

また、写真に関しては利用する際に、受け付けで顔の修正なしの写真を見せてくれる場合もあるから、それで、自分の好みの女性をチェックしておくのもいいよね。

もしも時間があれば、自分なりの女性リストを作っておくといいかもね。自分の好みになりそうな子を数名あげて、それぞれの得意なプレイや、NGな事、スリーサイズなどをプロフィールからコピペ。さらに、掲示板などに利用者のコメントがあれば、そこから気になった事をメモ。「**さんはお店の写真よりかなり太目だった」とか。こうすると、かなりの情報が集まるはず。いまや情報時代だということを実感するよ。また、女の子が喫煙するかどうかも要チェック。喫煙しない人間にとっては結構匂いが気になるからね。

また、お店のページにあるランキング。あれって、信用できないという人もいるけれど、もしも全くでたらめなら、在籍する女性は怒るよね…というわけで、比較的参考になるのではないかと〝Y〟は考えている。実際に、予約の際、電話でお店に尋ねてみたんだけれど、ランキングの上位の子はほとんど常連さんで予約が埋まっていたんだ。少なくともそのお店に関して言えば、ランキングは正直のようだった。だから、逆に言えばランキング上位の子からまず試してみるのが良いかもしれないね。

ただ、現実問題として、人気嬢は予約がいっぱいで数日前では予約が取れない場合もあるわけ。そうなると、もしも、1週間前とか2週間前に、すでに遊ぶ予定が決まっているのだったら、電話で事前予約を入れてみてもいいかもしれないよ(初回利用時は長期の事前予約ができないことも多いけど)。高いお金を払うわけだから、それなりの準備をして、後悔のしないプレイにした方がいいと思うな。ただ、しばらく前に予約するのであれば、目指す女の子がいたら、その勤務パターンを1ヶ月くらいは見ておくといいよ。生理の時期とかわかるから。せっかく予約しても生理とあたってキャンセルじゃ悲しいし。

では、いよいよお店に連絡。ここからは次回に!





スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.