FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

アルファインのお部屋~101号室「火の鳥」

alphainn101_1sh.jpg
写真にはX字架とその奥に十字架が見える。
でも、実は手前にも十字架があるので、
同時に3人の奴隷を磔に出来るんだ!


今回から〝Y〟がプレイでよく利用するアルファインのお部屋を時々紹介していくね。公式ホームページに写真はあるけれど、実際に使ってみての感想などはネットには意外と情報が少ないので。皆さんの参考になるといいな。

アルファイン、東京の東麻布にあるSM専用ホテル。SMの世界をのぞいたことのある人なら誰もが知っている聖地。

全室に様々な趣向のSMの設備があり、また、お部屋の内装も様々なテーマで作られていて、あたかもSMの「テーマパーク!」。その楽しさは経験したものでなければわからないかもしれないけど、公式のHPの写真を見るだけでワクワクしちゃうという人も多いよね。

古いホテルなので、利用する際にそれなりに妥協しなければならない部分はあるけど、今は同じようなものを新しく作ろうと思っても、様々な事情でなかなか出来ないみたい。ただ、部屋のリニューアルは徐々にされているので、「古くてイヤだ」と昔の経験で思っているM女性の場合、そうしたリニューアル後の部屋に連れていくといいと思うよ。

さて、そんなアルファイン。〝Y〟がデビューしたのはもう20年近く前だけど、最近、再び良く使うようになったんだ。そして今回ご紹介するのは、〝Y〟にとって、特に思い入れのあるお部屋。それが101号室「火の鳥」。お相手してくださる女性たちと一番よく使ってきたかもしれない。

この部屋、お値段はそれなりにするよ。宿泊だと34,530円。高級ホテルなみで凄いでしょ。ただ、〝Y〟はステイでの利用なので、昼間だと、たとえば10時から17時まで7時間利用しても、17,930円。もちろん、普通のラブホの2~3倍するけど、設備のメンテナンス代と思えば納得。ちなみにアルファインはサービスタイムはなんと午前6時~午後5時まで。6時に入れば、11時間、サービスタイムが楽しめる!ということで、実はこのホテル、早朝に入る方も多いみたい。だから、チェックアウト後で空いているだろうと、昼前に訪れても結構埋まっていることがあるんだねぇ。

ともかく、その値段に見合った内容であるのは間違いなし。何と言っても、まず広い!そして、おまけに設備がもの凄く充実しているんだ。

・吊り用滑車(2台)
・十字架(2台)
・X字架
・馬
・SMチェア
・手足枷付ベッド
・正常位専用便女(木製の拘束椅子)


なんてモノが部屋に置いてある。もちろん、今のは大道具で、これ以外に、目隠しや首輪、鞭、電マなども常備。

また、このお部屋は他の部屋に比べて映画やAVのロケにも使われることが多いので(多分、広いから使い勝手がいいんだろうね)、目にした人も多いんじゃないかな。ちなみに隣の102号室も2組のカップル向けなので広くてAVには良く登場するね。

alphainn101_3sh.jpg
まばゆい金色のクッションが背面にあるX字架。
この部屋のシンボルとも言えるね。


〝Y〟が見た映画でも、80年代に村上龍原作&監督の映画「トパーズ」の冒頭にこのお部屋が出てくるんだ。主人公はSMクラブで働くM女性。彼女がこの部屋のSMチェアに拘束されて、目隠し、そして、オーラルマスクという口の部分に穴のあいた黒革の猿轡を咬ませられる。そんなシーンが出てきたんだ。

で、このお部屋、これだけ磔の設備が沢山あるということは本来は複数の奴隷とプレイをする部屋なんだろうね。せっかくあるけど、〝Y〟は使っても2台が精一杯だなぁ…。磔のハシゴで、全部使ってみたいけどね。(笑)

このお部屋の良いところは、まず照明をかなり明るくできること(調整できる)。だから、デジカメを使うときにとても便利。そうそう、テレビ台が部屋の真ん中にあるので、カメラで三脚などを忘れた際、ここにカメラを置いてプレイ風景を撮ることもできる。

また、アルファインの場合このクラスのお値段のお部屋はベッドルームとプレイルームが別々になっている場合があるけど、こちらは一つの部屋にまとまっている。その点も便利。

それと、トイレはドアのある完全個室なので、まだSMに慣れていない女性を連れて行くときにはピッタリ。女性にとって抵抗がない。晒し便器だけの部屋だとなかなかキツイという人も多いし、S男性も突然催しちゃったら困る。特に大きな方は…。(笑)

あと、縄をされる方は吊りは必須なので、梁にフックや滑車も2台あり、この部屋は良いだろうね。

alphainn101_2sh.jpg
革製の馬。両手を口の部分の手枷で拘束。
座部のカバーを外すと穴があるので、
バイブを付けたまま跨がせることが可能。
そして、むき出しのおしりにムチを…。


お風呂、これも珍しい透明プラスチックの半球型の湯船。もちろん、浴室自体にもガラスがあって、部屋から湯船に入ったM女の全身を見て楽しむこともできるよ。

というわけで、ほとんど何一つ不満のないお部屋。

ただ、一つだけ残念なことが…。以前はこの部屋にあった「宇宙遊泳」という拘束椅子の一種がなくなったこと。SMチェアの一種だけど、背もたれを回転ハンドルで倒して、頭を下げてフェラをさせたり、なかなか楽しい大道具なんだ。お部屋に戻してくれると嬉しいんだけど。(…と書いていたら、2016年夏、お部屋に戻ってきたよ!アルファインさん、この記事を見てくれたのかな?ありがとう!!単にメインテナンスで消えていただけかもしれないけど。(^^;)

でもこのお部屋、人気なのは間違いなし。混み合う時間帯はなかなか空室にならないもんね。

空いていそうな時間を狙って、みなさんもぜひ一度は101号室に滞在してみては?

ところで何故「火の鳥」なんだろう。

想像すれば、一番目を惹く磔。バックが金色のクッション。これは目立つ。言ってみればこの部屋のアイコン。黄金色に輝く「火の鳥」のイメージなのかもしれないね。

alphainn101_5sh.jpg
身動きできない女性を便器にしてしまう
「正常位専用便女」。



この本にもアルファインが紹介されているよ!


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.