FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (14)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (12)
風俗 (4)

クローゼットが拘束プレイの役に立つ

sclosetplay2016_01flsh.jpg
なにやら、磨りガラスの向こうにうごめくものが…


sclosetplay2016_02flsh.jpg
扉をあけると…〝ゆえ〟でした!



先日〝ゆえ〟とのプレイで利用したラブホテル、結構贅沢な作り。部屋の中に大きめのクローゼットがあった。そして奥の壁は鏡張り。

おお、これは!

ピーンときちゃった。うん、使える…。

何に?

そりゃ、プレイに決まってますねん(と、なぜかここだけ関西弁)。(^^;)

誰しも子供の頃って、押入で遊んだでしょ?隠れたり、閉じこめたり…。もしかしたら、「オイタ」をして、親に閉じこめられたって、記憶がある人もいるよね。

そう、クローゼットや押入って、罰のために入れられることがあるんだよね。

〝Y〟は子供の頃から友達をこうした狭いところに閉じこめる遊びが大好きだった。うーん、根っからのSなんだよねぇ、こうしてみると。

当然、オトナになってもその夢は消えず…どころか、ますます大きくなっちゃった。しかも、性の目覚めを経験してからは、閉じこめる相手は当然女性に。そして、閉じこめる時には当然、バイブやローターなどを装着させて、快楽責めをしながら閉じこめることになるでしょう…と、妄想は膨らむ一方!

しかも、押入ではなく、クローゼットの場合、上部にハンガーをつるすための棒が通っているよね。あそこに手枷をつければ立派な拘束プレイになるし…。

そんなことを思っていた10年前、まるでその夢を実現したかのようなビデオが登場。ミラクルの動画、「Play Bondage Vol.2 朝倉恵利(こちらにキャプチャー写真が)」がそう。これは嬉しかったねぇ。しかも朝倉さん、見事なPVCの衣装を付けている。そして、快楽責めで、最後にはアクメに達して崩れ落ちる姿が印象的。

いつかは実際に自分のパートナーでやってみたいものだなぁ…と、そんな夢を持っていた。実はかつて〝なみ〟をクローゼットに入れて撮影はしたことはあるけれど、本格的なプレイをしたことはまだなかったんだ。

そして、上記のように、先日、ホテルで「!」となったわけ。

最初はクローゼットを見つめ、ニヤニヤしている〝Y〟をみて〝ゆえ〟は不思議そうな顔をしていたけれど、すぐにこちらの意図をくみ取ってくれたみたい。

そうなると話は早いよ。

彼女にPVCのスーツ、手袋、ストッキングを着用させ、そして、猿ぐつわ。さらに手枷を装着。

クローゼットに誘う。

sclosetplay2016_03flsh.jpg


そして、両手を上に上げさせ、クローゼットのつり下げ棒に固定(事前に強度を確かめたらOK)。乳首にはローター、そして、股間には〝ゆえ〟の大好きなキャスパーキューティーをバイブ固定ベルトでしっかりと固定。

最初はクローゼットの奥に鏡があるので、彼女も振り返って革拘束された自分の姿に見入っている。でも、そこで無情にも目隠しをしてしまう。

ふふふ。

スイッチオン!

すぐに猿ぐつわから涎とともに悲鳴がこぼれてくる。

そして、クローゼットの扉を閉める…。

扉は磨り硝子になっているので、彼女の動きはぼんやりと見える。切なそうに体を揺らして、声を上げる。

それをソファに腰を下ろして眺める愉しさ。

これはいいね!

しばらくして、疲れたのか、声が小さくなった頃、扉をゆっくりとあけてみる。クローゼットの床には〝ゆえ〟のたらした涎がまるで池のようにたまっている。

うー、嬉しい。かなりの時間見入ってしまった。これは本当に愉しい!

まるで、ショーケースに入れられた奴隷、あるいはカゴの中の小鳥という感じで、あたかも、奴隷市場で飾られている『商品』としての奴隷、という雰囲気にも見えるんだ。

翌日、同じホテルの別の部屋に行ってみると、こちらはやや小ぶりのクローゼットが。当然、小ぶりでも、しっかりと閉じこめてしまう。

さすがに立つのは無理なサイズだったので、しゃがませて、そして、本日は全頭マスクをかぶせ、そして、乳首ローターとバッハローターを装着して、閉じこめる。

こちらはなんと3面の壁が鏡張り!そのおかげで、4つの角度から、全身革拘束の彼女の姿が楽しめる。

こちらは彼女によると「昨日よりも小さいクローゼットは、より、性玩具商品としてディスプレイされている感じがして、萌えました!」と感想を後で送ってくれた。しゃがまされて閉じ込められたのも、また、ここち良かったらしい…。

ローターは当初は強くしていたのだけど、クローゼットに閉じこめる際に、コントローラーのスイッチが動き、振動が小になってしまった。イケそうでイケない快感が延々と続く。でも、それが良かったみたい、閉じこめられているあいだ、ずっと切ない思いのまま。

やがて、扉を開けられ、ベッドに移され、バイブをアナルにあてがわれたら、一気に快感が爆発。

鞭をお尻に浴びながら、あっけなくアクメに達してしまう。

押入れプレイが快感を高めるためのちょうど良い前菜になったみたい。

今後はホテルを選ぶ際、鏡張りのクローゼットのあるホテルをや部屋を選びたいね!

sclosetplay2016_04flsh.jpg
懐かしい新宿「マルゴ」製の口枷からはよだれが次々と…。




スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.