FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

人間テーブルの愉しみ…

humantable201705_00flshb.jpg
〝ゆえ〟が部屋のオブジェと化してしまう。


奴隷を持ったときに、一度でいいからやってみたかったプレイの一つがこれ。人間テーブル。

一種の放置プレイと考えてもいいね。

奴隷を四つん這いにする。そして、その上に板を乗せてテーブルとして使うこと。

そして、その上にはコーヒーなど、こぼれやすいものを入れ、それが決してこぼれないように、奴隷には厳しく「動くなよ」と厳命しておく。そして、自分は本でも読みながらゆっくりと時間を過ごす。食事をしてもいいしね。

かつて若い頃、SMのAVが新鮮だった時代、シネマジックというレーベルが出した、樹まり子(いつき・まりこ)という人気女優さんを使った「Lover M(ラヴァー・エム)」。この名作の中に、同様のシーンが出てくる。

黒のPVCボディースーツ、ロンググローブ、そしてストッキングをまとった樹。四つん這いになった彼女の背中にはガラス製のテーブルの天板が置かれている。

そして彼女を挟んで、中野D児と日比野達郎が向かい合って、人間テーブルの上に置かれた食事をとる。彼女のあそこにはバイブが入れられ、身もだえしながらも、天板を揺らさないように必死に耐える…。

そんなシーンだったんだ。

これはねぇ、ホント、Sにとっては夢のような光景。しかも、その厳しい躾をうけているのが、当時大人気だった樹まり子なのだから…。

というわけで、いつか、自分好みの奴隷ができたらやってみたい!と思っていた〝Y〟。

ある日、〝ゆえ〟と訪れたホテルで、部屋に入った途端に、小躍りしてしまう。

なんと、ガラス製のテーブルが部屋に置かれ、しかも、その天板が取り外し可能だったんだよ。まさか!夢がここで叶うとは!

というわけで、この日、〝ゆえ〟にPVCのボディスーツ、ロンググローブ、ストッキングを着けさせる。そして股間にはバイブを…。

humantable201705_03flshb.jpg


おお、ビデオの通りじゃないか!

そして、まずはその姿でコーヒーを淹れるように命令。

このホテルはドリップ式のコーヒーがサービスで置かれているんだ。

バイブのスイッチをオンにする。バイブ固定ベルトも装着されているので、バイブは奥深くに入ったまま膣をかき回し、そしてクリトリスに振動を与えている。実に歩きづらそうに部屋の端にあるカウンターに…。

そして、コーヒーのパックを持ち、カウンター下からコーヒーカップを取り出そうとしたら、

「あぁぁぁ!」

と小さな悲鳴を上げて崩れ落ちちゃった。そう、しゃがんだせいで、バイブの刺激が一番感じるところに当たり、その快感に耐えきれなくなったみたい。

しかも、床にはコーヒーの粉がまきちらされちゃった。

おいおい、まだテーブルになる前だというのに…。本当に感じやすいんだから。当然、彼女の背中と腰、そして尻に鞭の雨が。

コーヒーの粉を片づけさせ、再度挑戦。

今度はうまく淹れることができた。

さぁ、じゃ、テーブルになってもらおう。

ゆっくりとしゃがんでいく。2度と同じ間違いをしないように、ゆっくりと…快感をこらえながら。そして、四つん這いになる〝ゆえ〟。

背中に天板を置き…、さらにゆっくりとコーヒーカップを置く。

humantable201705_02flshb.jpg
天板を置かない場合は、火傷しないようにソーサーを置こうね。


おお、いいね!

バイブで感じているせいで、人間テーブルは今ひとつ安定しない。

さらに時折、吐息とも喘ぎとも判別できない音が、ボールギャグのせいで涎を流しっぱなしになっている口から漏れる。

なんて贅沢な時間なんだろう…。

気分が良くてついついコーヒーをおかわりしてしまった〝Y〟。

〝ゆえ〟は〝ゆえ〟で、苦しいはずだけど、背中の越しにコーヒーの暖かさが伝わってきて、それはそれで心地良かったらしいんだ。

その後2度ほど試してみたのだけど、また別の感想を抱いた時もあったようだよ。短いけど、こんな感想を書いてくれた。

人間テーブルは、途中から腕が固まり出して(しびれてきました)、そうなると思考も停止し始めて、バイブを弄られたり、乳首を触って頂くと現実に戻る、そんな時間でした。

同じ姿勢で耐えるのは、殻の中に入るような感覚です。


なぁるほど、殻に入っていく感覚。まさにモノになる感覚だろうか。それもMにとっては気持ち良い一時だろうね。

うん、これからも機会があれば、人間テーブル、楽しもう。


humantable201705_05flsh2A.jpg
人間テーブルは快楽のうめき声を上げながら、
静かに涎を流し続ける。



 
人間テーブル時、抜け落ちないのが便利なバイブ、
「キャスパーキューティー」




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

アルファインのお部屋~403号室「タブー」

alphainn_403_02sh.jpg


SMのテーマパークともいえるホテル「アルファイン」。そのお部屋をこのブログではいくつか紹介してきているけど、本当に、どのお部屋も魅力的。

さて、今回紹介するのも個性溢れるお部屋。狭くても良いけれど、色々と楽しみたい!という人向けの部屋と言ったら、こちら、403号室「タブー」。

休憩(REST)が11,450円で、宿泊(STAY)が20,090円ということで、他のお部屋に比べると安い設定。それはひとえに部屋の面積が狭く、またお風呂もなくシャワーのみということだろうね。

SMチェアもない。

でもね、この部屋にはそれを越えて、魅力が…。

公式ホームページの紹介によると、お部屋の設備は次の通り。

・Suspension (ツリ~滑車)
・X十字架
・スリングーブランコ (SMチェア風ハンモック)
・スパンキングテーブル
・シャワールーム


さて、実際に部屋に入ってみると、まず目立つのがこれ。

alphainn_403_05sh.jpg


そう、ブランコのような、ハンモックのような独特の形状の装置。「スリングーブランコ」。この存在だけでこの部屋を選ぶ人もいるんじゃないかな。とにかく、これが秀逸。

使い方は想像できるよね。そう、SMチェア代わり。女性を乗っけて、そして、局所を攻めたりするわけだけど、ブランコのように揺れるというのが最大の特徴。体がゆらゆら揺れる不安定感はまた、女性の被虐感を増す効果があるんだ。また、男性側も視覚的に、美しい女体が揺れているのを見るのは楽しい!

それとね、このスリングーブランコの周辺は天井にたくさん小さなライトがついていて、座面上を明るく照らしてくれる。これが写真をとったりするにはものすごく重宝するんだ。

ちなみにこのスリングーブランコ、和風のお部屋である501号室「痴乱将軍」にもあるよ。

さて、それ以外にお部屋を見渡してみると、まず、無機質なコンクリート床&壁の雰囲気に目を奪われる。

alphainn_403_03sh.jpg


そうなんだ。このお部屋はまるで地下室をイメージしたような作りになっていて、これがなかなか得点高いんだ。壁のコンクリートに傷のようなものが何カ所も入っているけれど、これは洞窟の壁画をイメージしたようなデザイン。そう、これがまた、殺風景さをわざと際立たせる作りになっている。このデザイン、誰が考えたのだろう。素晴らしいね!

そしてもちろん、磔もできるし、スパンキング用のテーブルも置いてある。さらに天井も吊りができるようになっている。そう、狭いことを除けば、結構色々と楽しめる要素に満ちた部屋なんだ。

ただ、狭いことのデメリットは色々とあるので注意してね。

alphainn_403_04sh.jpg
ん?テーブルにしては形が…。よく見ると手枷が…。
そう、実はスパンキングテーブル!


まず、冒頭に触れたけど、ごくごく狭いシャワーがあって、湯船はないよ。しかもシャワーとお部屋は金属のすだれで分けられているだけ。そして、シャワーとトイレの間は間仕切りがないので、トイレはさらし便器風…あ、これはデメリットじゃなくてメリットになるんだっけ!?(笑)

それと、シャワーブースは狭すぎてソープやシャンプーなどのアメニティ類が置けないので、代わりにお部屋のテレビの横に置いてある。これに気づかなくて、「あ、ソープがない!」と、思わずフロントに電話する人もいるだろうね。

そして、ベッドはやや小振り。しかも、十字架もベッドのそばにあるので、足下はベッドの陰に隠れちゃう。女性の磔された全身を眺めるのが好きという人はちょっと注意が必要だね。

でもね、奴隷と近い距離で1日を過ごしたいという人にはぴったり。

確かに狭いけれど、沢山の責め具で楽しめる「お得」な部屋。みなさんもぜひどうぞ!

alphainn_403_01sh.jpg



この本にもアルファインが紹介されているよ!


口が開かない女性とボールギャグ

smallgag201705_2flsh.jpg
ほぉら、〝ゆえ〟の口から涎が流れ、
そして、どんどん下に落ちていく…。


ボールギャグ、SMグッズとしては定番中の定番。特に革拘束のボンデージではいろはの「い」のようなもの。

〝Y〟も大好物。その思いはこちらの記事にもかつて書いた事がある。

〝Y〟はボールギャグだけで多分20個くらい持っているはず。なんでそんなに必要なのって思うよね。

もちろん、ハーネス付きだったり、素材や色が違ったりというバリエーションの違いが大きい。

あともう一つ。「大きさ」もあるんだ。

標準的なボールギャグのボール部分。直径がどのくらいあるか知ってる?日本では43mmというのが標準。これ、ゴルフボールの大きさなんだ。

ところがね、女性の中にはこの大きさだと口に入らないという人も。

いわゆるおちょぼ口だったり、あるいは顎の動きがあまり良くないと、こういうことがあるんだ。

自分の指三本を縦にして上下の歯の間に入るかどうか自分で試してみて…。無理なく入れば標準的な開口時の大きさはクリア。普通のボールギャグが使用できる。

ん?あなた、入らない?

もし入らなければ、顎に何かしら問題を抱えている場合があるよ。一番多いのは顎関節症。あれって、いわゆる顎が外れる状態と思っている人がいるけど、それだけじゃなくて、口が開かない、口を動かすと音がするなど、色々な症状が。指が三本はいらない人はまず顎関節症を疑って、口腔外科や整体、カイロプラクティックなどで診てもらうのが一番。

いずれにしても、この状態ではボールギャグが入らないのは間違いない。

SMの基礎なのに、そのボールギャグが入らないって、悲しくない?

うん。でも、そういう場合は愛する奴隷の健康が一番だから…ということで、無理強いせずに、棒状のバイトギャグやソフトなスポンジのボールギャグなどを代わりに使うことになる。それで楽しめればそれも良し。

でもね、やっぱりあの穴の開いたプラスチックのボールを咥えさせ、そこから涎がしたたり落ちるのを見て楽しめるから良いのであって…。

という人には、実は小振りなボールギャグというのがあるんだ。たとえばSMグッズの老舗、エピキュリアンではやや小さめのものも販売していて、こちらは41mm。たった2mmの違いと思うかもしれないけど、円周でいえば6mm小さいことになるから、見た目はあまり変わらなくても、咥えた時の感覚は相当違う。

ただ、この大きさでも大きい!という人はいると思う。そうすると、次の選択肢としては、虜プレミアム 口枷(小)というのもある。「虜X」シリーズのボールギャグで、「大」「中」「小」と3種類、色も黒とピンクの二種類。「小」を選べば、こちらはなんと36mm。圧倒的に小さいんだ。もっともボールには穴が3つだけということで、デザインには賛否両論あるかもしれないね。

smallgag201705_1flsh.jpg
これがその「虜」のボールギャグをした〝ゆえ〟。
全頭マスクをして、口が開きにくいときに使うと便利。


どうしてもボールギャグで…ということになれば、この商品を選ぶのは良い選択。

それにね、こうした小さなボールギャグを咥えることに慣れれば、次第に大きめのギャグも咥えることができるようになることもあるんだ。実は〝ゆえ〟も最初は、口の開きが悪かった。ボールギャグは合格だったけど、それより口を大きく開くサディオカフやフェイスクラッチマスクは無理だった。ところが、〝Y〟の奴隷になり、日々ボールギャグを咥えていると…半年ほどでサディオカフが、そして8ヶ月ほど経ったら、なんとフェイスクラッチマスクも装着できるようになっちゃった。こういうこともあるのだね。

とはいえ、顎関節症の人に無理を強いるのは良くないので、お医者さんが勧める次の訓練法で、次第に口の開きを訓練するという方法もあるよ。
http://www.gakukansetu.com/sp_kaizen/

ただし、非常に重要なことを一つ。顎はとてもデリケート。自己流の訓練ではかえって悪化させてしまうこともある。だから、病院で専門医にまず見てもらうのが良いと思うな。それに、本格的に治療をすれば、猿轡を楽しめるだけでなく、日常生活でも肩こりや頭痛が軽減されたり、顔のゆがみが直ったりと、良いこともたくさん!

ボールギャグを咥えるための治療や訓練で、全身が健康になる。思い当たるM女性、ぜひ医師の指導を受けてみて!







 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.