FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

読者の皆さんにご報告 ~〝ゆえ〟をご紹介します

yue1stflshrv.jpg
気品のある顔立ちでスリムな〝ゆえ〟に
マルゴ製革具の責めは良く似合うよ。


〝なみ〟がSMの卒業宣言をして数年が経つ。(皆さんも気づいていると思うけど、このブログへの記事掲載と実際の事柄が起きたあいだにはタイムラグがあることが多いんだ)。

その後、読者の皆さんもご存じのように、〝Y〟は新たなパートナー探しの旅にずっと出ていたんだ。

この間、多くの素敵なM女性たちと出会い、様々な体験をさせてもらったし、その一部はこのブログに書いた通り。まだまだ未熟なSとして、そんな〝Y〟を相手にしてくださったM女性の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいだよ。

さて、そしてついに、運命的な出会いが!!!

ずっと理想として思い描いていたM女性と出会ってしまったんだ。

名前は〝ゆえ〟。

出会った瞬間に衝撃を受けた。性格、容姿、すべてが自分が思い描いていた理想の女性。こんなことあるんだと、夢ではないかと自分で自分のほっぺたをひっぱたいちゃったくらい。

全身全霊、自分の生涯をかけて調教したいと思えた、初めての女性。

そして、〝Y〟が初めて奴隷契約書・誓約書を書かせた女性。

〝ゆえ〟とも話したんだけど、今後、このページで〝ゆえ〟との調教で気づいた事、考えた事なども掲載していこうと思うんだ。そして、〝ゆえ〟自身にも時には登場してもらおうと…。それもまた、SMやボンデージを楽しんでいる、あるいは、これからその世界に入ってみたいなと思っている読者の皆さんの何らかの参考になればと思って。

そして、それに先立ち、まず〝ゆえ〟からみなさんにご挨拶だよ。

皆様、初めまして。

この度、〝Y〟様の奴隷とさせて頂いた、〝ゆえ〟と申します。
とても不思議なご縁で、〝Y〟様に見つけて頂いたから、今があると言ったところでしょうか。
M女性としても、奴隷としても、経験が無い中、〝Y〟様を信じて、SM、ボンデージ、フェティシズムの世界へ入りました。
お見苦しい事ばかりかも知れませんが、外見も内面も素敵な奴隷になれるよう、精進して参りますので、宜しくお願い申し上げます。


〝ゆえ〟も言っているように、実はSMの経験がない女性だった。でも、〝Y〟は本能的に彼女のM性を確信したし、自分なら絶対彼女をMとして開花させることができると確信したんだ。本当にこれは不思議なんだけど、出会った瞬間にそれが自分でわかっちゃったんだ。

それにしても…。まさか、今になって、理想の奴隷に出会えるとは!夢というのはあきらめなければかなうものだね。

そして、その後、プレイを重ね、〝Y〟の直感は正しかったということがわかったんだ。

一方で、きちんと奴隷に正面から向かい合い、全面的に支配できるご主人様というのは、責任重大!その大変さ(…イコール「喜び」でもあるけれど)を日々改めて、実感しているところだよ。

でも、何よりも〝Y〟を信じてくれ、そして、〝Y〟だけの奴隷となることを快諾してくれた〝ゆえ〟に心から感謝するよ。

そして、奴隷探しの旅に出ている途中、ずっと見守り、時に叱咤激励までしてくださった、我がSMの親友であり師匠であるYZさん(このブログの愛読者でもあるんだ)にも、心からの感謝の気持ちを伝えたい。

もちろん、今後も、このブログでは〝ゆえ〟との記録以外に、以前同様、革ボンデージやラバーに関する情報もお伝えしていくよ。

それでは、読者のみなさん、今後は〝ゆえ〟ともども、どうぞよろしくおねがいいしたします!


〝Y〟&〝ゆえ〟拝


〝Y〟オススメのSM入門書!



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

アルファインのお部屋~505号室「萬華鏡」

alphainn505_1sh.jpg
コンパクトで使いやすい。
そしてそこここに鏡が!


時々お届けしているアルファインのお部屋紹介、利用されるみなさんの参考になるといいな…。今回は505号室「萬華鏡」。

アルファインのお部屋のネーミングというのは本当に味わいがあるよね。もちろん、意味がある名前。万華鏡って、筒の中は鏡の組み合わせになっているでしょ?このお部屋は…その通り、壁、そして天井に鏡が…。

大型設備は以下の通り。

・吊り用滑車
・SMチェア
・十字架


もちろん、ベッドには手足枷がついている。当然小道具も壁に掛かっている。

設備としては少ない方かな。でも、何と言っても4つの壁、それぞれにサイズの大小はあるものの、鏡というのはうれしい!

吊りの設備もあるので、縛って吊った女性を鏡を通して眺めるのもSとして最高だし、Mとしても縛られている自分を鏡で眺めるのはますます快感を増すことになると思うな。

alphainn505_2sh.jpg


何よりも鏡というのは、普段は見えない相手の後ろ側が見えるというのが新鮮な感覚。しかも、それも2枚、3枚と組み合わせる~つまり、壁2面、3面を通すことによって様々な角度からの相手が、そして自分が見える。つまり、自分たちのプレイがより立体的に見えるんだ!まるで自分たちをビデオに撮影して、それを見ている感覚。これはクセになるよ。

相手を鞭で打つプレイ。これって、相手に尻を出させて、そこに打ち付けていくと、通常はM女性の後ろ姿を見ることになるよね。ところが、この部屋だと、鏡越しに相手の表情も見える。そして鞭を打ち付けているSとしての自分の姿も。

これはもう他の部屋が利用できなくなるくらいの魅力!!!

alphainn505_3sh.jpg


SMチェアも使い勝手の良い標準的なもの。そのままだと胴体と足を固定できるけど、さらに、壁の小道具一式に掛かっている手かせを頭の部分に取り付けられるようになっているので、手の拘束もできる。

おもしろいのは十字架。なんと、床の部分が透明な板になっていて、その下には蛍光灯が。

そう、女性の下半身を照らすことができるんだ。局部が明るくなるので、鏡に映したときにはっきりと見える。これも女性の羞恥心をあおる仕組みだね。

alphainn505_4sh.jpg


ただ、公式HPの写真と違って、部屋全体はすべての明かりをつけてもかなり暗い。この点は撮影を楽しみたいという方には注意。そして鏡も普通の鏡と違って、反射面はやや暗くなっている。想像するに、法律の関係で、通常のガラスの鏡とは材質が違うのを使っているのかもしれないね。

滑車は1台。そして天井にフックが何カ所かあるので、吊りで責めたりするプレイにも使える。

お風呂は狭いけれど、水回りは特に問題なくOK。

お値段は休憩が12,530円、宿泊が23,530円。

部屋はさほど広くはないけれど、逆に言えばコンパクトにまとまっていて、とても使いやすい部屋だと思うよ。

鏡張りの部屋は普通のラブホテルではあまり目にしないし、実際にその中でプレイをしてみると、とにかく楽しいので、ぜひ、一度、みなさんにも体験してみてほしいな。

〝Y〟にとっては、空いているとぜひ使いたくなる部屋の一つだよ。



この本にもアルファインが紹介されているよ!



 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.