FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

バキュームベッドの癒やし感覚

vacumbed01flsh.jpg
これでドライオーガズムが発動したらスゴイことになるよね!


先日大阪に行って来たんだ。「マル秘堂」さんに行った?と思ったあなた、姉妹ブログ「ドライオーガズム日記」の熱心な読者だね。ありがとう。でも今回は違うんだ。

ある人のご縁で、HHH Osakaというドライオーガズムとメディカルフェチを融合した施術を行う場所に行って来たんだ。その時の目的についてはいずれまた。

で、実は施術をしてくださる華岡さんはラバーもお好きな方で、なんとバキュームベッドを導入!

ラバー好きの方にとっては垂涎の品。

ラバー関係の動画に出てくるよね。2枚のラバーを貼り合わせたもので、その中に全身を入れる。そして中の空気を掃除機などで吸い取っちゃうんだ。もちろん、そのままじゃ窒息しちゃうから、口の部分だけ穴があけてあり、中に入れられた人はそこから呼吸をするわけ。

布団のパックなどで皆さんわかると思うけど、袋状の中の空気を吸い取るとどうなるか…。2枚のラバーが全身にぴたっっっっっ~~~~と貼り付いて、全く身動きできなくなるんだ。

そう、究極の拘束!

しかも、全身くまなくラバーが覆っての拘束…。これはもうキャットスーツでしびれている場合じゃないよ。

ということで、そのバキュームベッドを経験させてもらったんだ。ただ、本当の用事は別にあったので、ほんの10分ほど。準備の時間もあるから、正味で言えば5分くらいのものだったかもしれない。

全身裸になり、ゴムの袋に体を入れる。ゴムのひんやりした温度が心地いい。そして、やがて蓋をされて口の部分だけが外気に触れる。ここで華岡さんはイジワルで、口に根本が風船バルブ式の猿轡状になったパイプを突っ込んで下さった。M男にとっては嬉しいサービス。〝Y〟はMじゃないけど、ラバー好きではあるから、これも悪くない!

vacumbed02flsh.jpg
美しい華岡さんもノリノリでガスマスクを…。嬉しい!


で、「じゃ、〝Y〟さん、いきますよ!」と軽やかで素敵な声が響き、掃除機のスイッチをON!

ぎゅーんというもの凄い音をたてると、すぐに足から順番に体全体にラバーが密着していくのが分かる。うわぁ、これ、気持ちよいなぁ…。

そして、やがて、今度は締め付けが強くなり、体の身動きが全くとれなくなっちゃった!

手も足も、指先さえ動かすことが不可能。これって、実生活で同じ事ってある?

うーん、海水浴での定番遊び、砂浜で砂に埋められるとこうなる???

いや、全然違うと思うんだ。というのは体の各部は動かないけど、体全体を揺らすことはできる。そう、まるで、自分自身が堅い彫像になったかのようなそんな感覚。おお、これって、新しい感覚だぞ!

そして、これが不思議なんだけど、同時に、まるで自分が宙に浮かんでいるような、そんな錯覚をうけるんだ。

口だけが外に開き、呼吸をして生きている。その頼りなさは確かに感じるよ。でも、その不安感と裏腹に、体のすべてを包まれている幸福感、これは母親の胎内にいるような幸せ感とも言えるんじゃないかな。

そう。「リラックス」、「癒し」。

ラバーのキャットスーツでも同様のことを感じるけど、バキュームベッドはそれがケタ違いに大きく感じられるんだ。

そして、ラテックスごしに華岡さんが〝Y〟の体をタッチ!これも、いままでにない感覚。体が動かない故に、相手の手や指先のタッチを普段より非常に鋭敏に感じることができるんだ。これが体を動かすことができれば、きっと動かすことに意識や神経がいってしまい、きっとここまで敏感には感じないと思うよ。身体が動かせないからこそ感じる快感なのだと思うんだ。そっか、SMではよく縄を覚えた女性がその快楽が忘れられなくなるっていうけれど、縄で全身の身動きがとれないっていう状態も、もしかしたらこの感覚に近いのかも。

そう、身体が動かせないが故に、他の情報のやりとりが制限され、皮膚の感覚が鋭敏になり、快楽をより大きく感じるようになる。

うーん、これは新発見。

至福の一時が数分で終わったのが残念。今度はぜひ長時間トライしてみたいな。

HHH Osakaさんのブログはこちらhttp://hhhosaka.blog.fc2.com/

そして、このときの〝Y〟のドライオーガズム体験は三和出版さんの「医療と羞恥 (SANWA MOOK)」という本に詳しく書かせてもらったよ。





スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

手軽に利用できるSTD(性感染症)検査キット

std04.jpg
こちらがSTD研究所のサイト(http://www.std-lab.jp/


STD、性病一般を指す言葉。いろいろな団体や個人の啓蒙努力で次第に知られてきているよね。

性病に対しては正しい知識が必要。でも、残念ながらあまり詳しくは教えてもらうチャンスがないよね。だから、少なくともこのブログを読んでくれている人には以前も紹介した次のサイトなどをぜひ読んでもらうといいな。

「アポロ君、性病検査を語る」(http://se1byou.net/

非常にわかりやすく、かつ網羅的なサイトだよ。

でね、これも以前書いたけれど、実は〝Y〟が始めて風俗のSMクラブを利用したとき、やっぱり性病のことが気になったんだ。

だから、ちょっと調べてみたんだけど、自分の知識って、もの凄く僅かしかないことに愕然としちゃったんだ。ま、古い人間だからってこともあるけど、性病というと、AIDS、梅毒、淋病、クラミジア、あたりくらいしか思い当たらなかった。しかもアナル挿入の時だけコンドームをしていれば(風俗では本番はもちろんなしだからね!)…なんて考えていたら、甘い甘い…。

フェラチオやディープキスでもかなりの病気が感染する可能性が高いということを知って驚き。結局、ディープキスはせず、フェラチオもコンドーム越しでのプレイとなったのは以前書いた通り。

それでも、アクシデントは起こる!

その初めてのSMクラブでのプレイの最中のこと。コンドームでのアナルファックの直後、それまでコンドーム越しにペニスをいじっていた手で、女性がそのまま直接コンドームをはずしたペニスを刺激しちゃったんだ!

あ、まずい!と思った瞬間、すぐに止めてもらったんだけど、数秒は確実にアナルに入ったローションとペニスが直接ふれたことになっちゃった。

もちろん〝Y〟の利用したお店では相手の女性も色々と定期検査を受けているので、性病を持っている可能性は低いかもしれない。でもね、検査後ある程度時間が経って自分とプレイしているわけだから、どうしてもその間での感染の可能性は否定できないわけ。

そこで、検査を受けざるを得なくなっちゃった。

ただ、昔と違って、代表的な性病に関しては今は郵送される検査キットを送り返せば匿名で受診をすることが可能。受け取りだって、局留めにすれば家族には知られないし…。ということで、ネットで調べたところSTD研究所が便利そうだったので、そこのキットを利用することに。

1つだけ注意が。

検査を受けるタイミングが重要なんだ。淋病、クラミジアに関してはその数日後から検査キットに尿と唾液をいれて検査すれば結果が出る。でも、エイズや梅毒に関しては3ヶ月以上たって血液中に抗体ができたあとでなければダメなんだ。もちろん、もし感染の恐れがあるのなら、その間、パートナーとのコンドームを使わないエッチは絶対ダメ!3ヶ月だよ!これ、辛いでしょ。だから、そもそも感染の恐れがあるような行為をしないことが一番。

そこで、まずホームページで申し込み、どのタイプのものにするかを選ぶんだ。そして、住所氏名に関しては局留めにする場合、本名と本当の住所でないとだめ。というのも、受け取りの際に免許証などの提示を局で求められるからね。支払いは代引きにしていれば、その場で現金で。

std01flwm.jpg


受け取ったキットを持ち帰って、チェック。なみのいない間にさっさと検査して、送り返そうと思ったんだけど、あけて注意書きをみて、ちょっとショック。食事などのあと2時間あけてから検査をしてくれとのこと。あ、今、ご飯たべたばっかり…。ということで、それから2時間ほど待ち、検査をすることに。

まず、申し込み用紙に必要事項を。名前などは書かなくてもいいんだけれど、自分で決めた8桁のID番号と、12桁のパスワード。性別、そして、生年月日、採取日を記入。それだけ。

最初は淋病とクラミジアの、のどと尿の検査。尿は定期検診と同じく、付属の組み立て式紙コップにとり、それをプラスチックの容器に。のどのほうは、送られてきた塩水を口に含み、10~20秒うがいをして、それを紙コップに。そして、同様にプラスチックの容器に入れるんだ。このとき、尿とのどの容器を取り違えないように注意。それぞれにID番号を記入したシールを貼る。うん、ここまではきわめて簡単。

さて、HIVや梅毒のチェックはちょっと敷居が高い。というのも、指の腹を針刺しして、出てくる血液を濾紙にしみこませなきゃいけないんだ。

std02flwm.jpg


かならず、しっかりと説明書を読んでね。針を刺したら、血が止まるまで僅かな時間しかないんだ。その間に説明書を見ながら採取なんて不可能だから。できれば、STD研究所のサイトで動画を見ておくといいかも。

説明書を読み、自分の頭でシミュレーションし、いよいよ実行。個人差はあるものの痛みはそれほどではないと聞いていたので、思いきって指に当ててみる。指示にしたがって押さえると一瞬、チクッと感じるんだけれど、痛くはない。うん、これなら大丈夫。で、見ているとみるみるうちに血が出てくる。すぐに濾紙に充ててみるんだけれど…、2cmほどの長さにわたってしみこませる。しかも3枚。うーん、これは大変。すぐに血が出なくなるので、あわててぐっと指を圧迫したりして、どうにか1枚半ほど済ませたところで、血が止まっちゃった!ああ、ショック。一応、針を刺すための器具(ランセットと呼ばれている)は余裕を見て3本用意されているよ。

そうなると、もう1本。今度は薬指で。

std03flwm.jpg


教訓を活かして、しっかりと最初の段階で出来るだけ血を搾り出してしまおう。そして、指を圧迫したまま、さらに、血が出るように…。ということで、どうにか、3枚済ませることが出来たよ。

それと、当初は無かった痛みだけれど、しだいにうずくような痛みが出てきちゃった。ま、それほど苦しむような痛みじゃないけどね。念のため絆創膏を。付属は1枚だけなので、自分でもう1枚用意して、当てておいた。

で、肝心の指先なんだけど、針が刺さった場所、ごくごく小さな穴があるけれど、よぉく見なければわからない。その程度なので、なみと一緒に食事するときとかお風呂に入るときにばれるんじゃないかと心配したけど杞憂だったよ。

そして、それを申込書とともに専用の封筒に入れ、郵便局に。切手を貼る必要はなし。

あっという間に終わる検査なので、手軽。値段は検査の項目数によって数千円から2万円するものまで。

これは便利。あとは、送った検体が処理されるのを待ち、HPにアクセスするだけ。自分で申込書に書いたIDとパスワード、そして、検査年月日を入力すると検査の結果が表示される。

〝Y〟の場合二日後にログインが可能になり、「検査受付日」の表示が出た。そして、検査結果掲載はさらに4日後の21時となっていた。つまりキットの申し込みから結果掲載まで、トータルで1週間ちょっとかかるという感じだね。

std05.jpg


もしみなさんも風俗を利用することがあるのなら、必須の道具だと思うよ。

ちなみに、検査機関での検査ができるという人は、近所の保健所を使うといいかもしれないね。一部の検査は無料で行ってくれる場合もあるようだから。

HIVの検査は本当に今回のようなアクシデントがない限りはしないけれど、クラミジアや淋病に関しては、もしもコンドーム無しでフェラチオやディープキスをするのであれば、定期的に検査をしたほうがいいよ。それだけなら行為の数日後には検査できるし、とても手軽な検査だから、ぜひ。

でも、そもそも病気感染のリスクを考えると、やっぱりディープキスはしない、そして、フェラチオもコンドームで…というのがいいと〝Y〟は思うよ。味気ないかもしれないけど。素敵な女の子を目の前にすると、自制心が吹っ飛びそうになるけどね。STDを広げないためにもみんな我慢しようよ!





初めてのSMクラブでSを体験~その2

smclub08flsh.jpg
こうした専門ホテルもいいけれど、まず初回はお店のガイドで…。



<<電話での問い合わせ&予約>>

さぁ、女の子も選んだし、いよいよお店に電話。

初めての体験だから、〝Y〟は心臓がバクバク。手元に、メモを用意して、話す内容、尋ねる内容をしっかりと書いておいた。これはよかった。緊張しちゃったから。

で、結局、〝Y〟が考えていた第1候補と第2候補の女性はすでに予約でいっぱい。ああ、残念。そこでお店の方から「Aちゃんはどうでしょう。人気のある子ですが、この時間帯はたまたまOKです」との売り込みが。

すぐに手元の自作資料(好みの女性とその得意プレイなどの特徴をリストアップしたモノ)をめくると、ふむふむ、なぁるほど、この子は悪くないな。資料を作っていて良かった。そして、お店のページを開くと、指名ランキングでは2位。

というわけでその女性を指名。さらに、ホテルについて「どこがオススメですか?」と尋ねると1軒名前をあげてくれたけど、実はそのホテル、事前に調べていたときに、内装がちょっと特殊であまり趣味ではなかったんだ。そこで「そこは残念ながらテイストがちょっと違うので…」と言うとすぐにもう一軒の名を。うん、こちらは悪くないね。ついでに言うと、ホテルに関してはお店のオススメにしたがった方がいいし、さらに、プレイをしたら、女性に尋ねた方がいいんだ。というのも、サービスをしてくれる女性が一番、使いやすい&快適と思うホテルが一番だから。ちなみにそのホテル、プレイの後で女性に尋ねたら一番好きだって。理由は「ベッドの高さが低いので、プレイの時に、動きやすいんです」。なぁるほど!

というわけで、予約完了。ホテルに着いたら電話をすることに。


<<時間配分の計画>>

smclub05b.jpg
たとえばWEB SNIPER。


さて、遊び方。これについては、まったく初心者で見当が付かないという人はウェブの記事を参考にするといいよ。WEBスナイパーで安田理央さんが書かれている記事は秀逸。わかりやすくSMクラブでの遊び方が書いてあるよ。
http://sniper.jp/001begginers/sm_2.html
http://sniper.jp/001begginers/post_95.html
また、これ以外にも、読者の体験記が沢山掲載されているのでプレイの参考になるよ。

でね、もっとも大切なのは時間配分。

大概のお店では女性到着でお店に電話をかけて時間スタート。シャワーの時間もプレイの時間に含まれるし、さらに言えば、終了の10~20分前にシャワーコールという時間確認の電話がお店からかかってくる。すると、例えば90分のプレイならば、最初の説明で10分。シャワーで10分とられると、終了コールまで正味50分しかないことになっちゃう。これじゃ、縄を本格的に使って縛っているだけで大半の時間を使うことになっちゃうよね。

というわけで、できれば最低でも120分のコースにした方が良いし、その中での時間配分を予めしておかないとあとで後悔しちゃう。

たとえば、120分のうち
シャワー&コミュニケーション 20分
ローター~バイブ責め10分
オナニー鑑賞 15分
フェラ奉仕 15分
鞭責め 10分
浣腸&アナル遊び 15分
アナルファック 15分
と、ここまででシャワーコールがかかってくるという具合。で、実際、これが〝Y〟が最初のプレイで立てた案。

え?分刻み?これじゃ忙しすぎるじゃん!確かに、仕事に追われるみたいだよね。うん、忙しかった!(笑)始めてだからガツガツとして詰め込んじゃった感もあるよね。

そういう場合は思いきって、フェラなどのご奉仕で30分、アナルで30分、ムチ打ちで15分という風にポイントを絞る手もあるかも。

いずれにしても、時間配分とプレイ内容に関しては、事前に計画をしっかりとたてるということがプレイの命ということ。


<<実際のプレイ>>

smclub06flsh.jpg
基本的な道具は女の子が持ってきてくれる。
それ以外に使いたいものがあれば、
事前にお店と相手の了解をとること。


というわけで、〝Y〟の生まれて初めてのSMクラブ体験、実際のプレイは上記の内容で行ったんだけれど、あっという間の2時間。短すぎた!

ホテルは電車の駅から歩いて1分もかからない場所。ありがたいよね。〝Y〟は有名人じゃないけど、それでも、仕事仲間とばったり出会ったりしたらきまり悪いよね。普段行かないエリアのお店を選んだのにはそういうワケもあるし。

で、ホテルに入り、部屋を選ぶ。予めネットで予習してきたので、この部屋あたりだなぁと財布で相談の上決める。すぐに鍵をもらって部屋へ。小さな部屋だけれど、お風呂が広く充実しているのが印象的。

さて、お店に電話し、到着したことと部屋番号を告げておく。10分以内に女性は到着するとのこと。

さて、チャイムが鳴り、ドアを開けると…。やってきた女性、ホントに可愛らしい、想像以上に顔立ちの整った女性でまずドギマギ。挨拶して世間話をしていたら、やがて、床に三つ指たててご挨拶。「ご主人さま、今日はご調教をよろしくお願いいたします」。

いや、この瞬間、ボルテージが上がる上がる…。でもね、初めての女性だし、自分はS。「Sは紳士たれ」というのは有名な格言。今日は「最後まで紳士に真摯に」と自制。

そんな中、緊張で「はい、顔をあげてごらん」と言葉を出すのに苦労したよ。

そしてスーツケースの中の道具を見せもらい、どんなプレイをするかを相談。一通り揃っているところはさすが。しかも、鞭はあるショップのオーダー品。手枷、足かせ、首輪、ボールギャグなども〝Y〟が大好きなメーカーのもの。さすがプロは良いものを持っている!

プレイ内容は上記でOKとなったので、シャワー。彼女のスレンダーな身体を眺めつつ、息子は自然と天を仰いでしまう。

そして、身体を洗ってもらい、うがい薬でノドのうがいも。いちゃいちゃしながらベッドに。

そして、プレイスタート。ここからは…皆様のご想像におまかせするね。

ただ、彼女の喘ぎ、うめき、そして、イクときの声…どれをとってもS心は120%満たされたなぁ。そして、結構不安だった初めてのプロ女性相手のS役。うまくプレイをリードできるかと心配したけれど、そこはさすがにプロ。初心者同然の〝Y〟をうまくリードして、様々なプレイを楽しませてくれた。そして、その雰囲気に乗ると、自然と「Aちゃん、右手で**を触ってオナニーしてごらん」ってな感じで優しく命令しつつ、いろんな責めができる。なみにはしたことのないようなプレイを次々と。これは楽しいね!しかもいつの間にか落ち着いて、状況を楽しみながら、次から次へとM女性へ命令を下している。そして最後はアナルファックまで…。そんな自分にビックリ。

というわけで、2時間が過ぎちゃった。

いい経験だったよ。

彼女、アルファインも利用することがあるらしくて、「あそこは大好き。だって、私、拘束されているのをご主人さまに見られるのが好きなんです」

うーん、なんて良い子なんだ。次回はアルファインでぜひ!と思った〝Y〟だったよ。(しっかり仕事してお金を貯めなきゃ…)


<<お嬢との信頼関係でできる事の幅が広がる>>

smclub07flsh.jpg
次はぜひこうした設備も使ってみたいね…って
結局使うようになりました(笑)。その話はいずれ。
(六本木のアルファインにて)


今回気をつけたこと。それは上記のように常に紳士として振る舞おうとしたこと。自分がM女性だったら「やって欲しくはないこと」、それは避けたかったんだ。というのも、こういう業界のことには無知な〝Y〟だけれど、それでも、雑誌やネットの記事などを読んで、彼女たちの気持ちを少しでも推し量ろうとすると、やっぱり、すべてはお客次第だと思うんだ。ひ

風俗業界というと眉を潜める人が多いし、それに、そこで働くことにマイナスのイメージを持つ人が多いけれど、〝Y〟は今までの経験から、風俗でもプライドを持ってしっかりと頑張っている女性達も多いということに気付いている。とても尊敬する女性もいるし、そんな女性達には頑張って欲しいと〝Y〟は心から思っているし応援している。

だから、こうした「へなちょこS」の〝Y〟でも真剣にお相手をしてくれる女性にはこちらも精一杯、良い振る舞いをしたいと思うわけ。あ、ちょっと格好つけすぎだよね。すんません。m(_ _)m

ただ、結果的にはいろいろとその方がオトクでもあるんだよ(っと、いきなり下世話なハナシに…)。

お店は様々なルールを決めて遊びの範囲を決めているよね。でも、それは様々なお客さんがいるから仕方のないこと。中には常軌を逸したお客さんもいるだろうし、どこかに線引きをしていなきゃいけないから。〝Y〟が話を聞いた中には、本番を強要しようとしたり、身体が怪我をするくらいの行為をしかけたり…と、ひどい態度をとる男性もいるんだ。当然、お店としては、そんな状況を防ぐために、ルールはどんどん厳しくしていくよね。

でも、女性と信頼関係ができれば、「この人なら、こんな遊び方をしてあげてもいいかな」と女性が考える事も出てくるかもしれない。もちろん、こちらは安易にそんなことを期待しちゃいけないけど。そう考えると、風俗では女性やお店と信頼関係が出来ると良いことが沢山あるし、そういう風に思われる男性になりたいものだよね。まず会ったらお話しして、お互いに良い気持ちでスタートさせたいよね(だから、前述のスケジュールに「コミュニケーション」って、わざわざ書いていたのはそういうことなんだ)。

「プレイ」は「遊び」。日本には「粋な遊び」を尊ぶ風習があるじゃない。あれですよ!「粋」に遊びたいものだよね。

というわけで、以上、〝Y〟のSMクラブ初体験記。

これからデビューしてみたいと思う方にと思って書いてみたよ。

ベテランの方が見れば「ここは違う!」というようなところが沢山あると思うけど、どうか、目をつぶってね。〝Y〟は永遠の初心者なので。

あ、そうそう、年をとってからデビューをしたというのはものすごく良い面があるんだ。

一つは、若い女性を相手にして、いくらでも物怖じせずに話ができるようになったこと。ま、父親みたいな年齢だもんね。

それと、いろいろと体の不備を時間をかけて直してきたこと。たとえば、極度の近視だったのは数年前にレーシック手術でよく見えるようになったんだ。めがねもコンタクトもいらいない。これは本当にプレイの時にありがたい。

他にも色々あるけれど、お金に余裕がない若い頃にはできなかったこと。それが、できたからこそ、SM遊びのデビューとしてはいい時期だったのかもしれないよ。中年からのSMクラブ・デビューというのは良いものだと、今になって感じているんだ。

SM歴20年以上の〝Y〟にして、初めてのSMクラブ体験記、これにておしまい!




 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.