FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (14)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (12)
風俗 (4)

M性感でお一人様ラバーの楽しみ (PART 1)

rubbermseikan05flsh.jpg
なみのラバーキャットスーツにガスマスク姿。
なみのように女性ならこうしてローターで延々と快楽を味わえるのに…。


前回、一人でラバーのキャットスーツを楽しむことについて書いたよね。パートナーがいてもいなくても、一人で…というのはまた、別の楽しみ。

さらにこんな楽しみはどうかな…ということで、一つご紹介するね。


<<きっかけ>>

ラバーを着込み、全身を拘束され、そして、一時的な射精ではなく、快楽を「延々と」味わう。同じ趣味を持つ人はみんなそんな想像して股間を熱くするよね。

そもそも10年前、やまがドライオーガズムという言葉に激しく惹かれたのがまさにそれ。

全身をラバーで包まれても、ふつうに射精してしまえば、快楽は一瞬。それじゃつまんない。だって、せっかくラバーを着込んでいるのだから。

ドライオーガズムであれば、女性のように延々と自分の体力の続く限り何時間でも快楽を得続けることができる…。しかも、それがラバーに包まれて…、なんて素敵なんだ!となったわけ。

そこで、自分でアネロスやバイブなどを使って快感を味わおうとするわけだけれど、せっかくなら、誰か手伝ってくれた方がより、楽しめる。パートナーのなみも「手伝ってくれ」と言えばきっと手伝ってくれるけど、普段「S」としてやまはなみに接しているので、ちょっと気恥ずかしい。

そこで、考えたのが「M性感」のお店を使うこと。

M性感のお店というのは、文字どおりM男性専門にSの女性が相手をしてくれるというお店。以前書いたように、やまが時々訪れるマル秘堂さんはM性感のお店に分類されるけど、中身は相当違う。ドライオーガズムに客を導くためのお店なので客がMである必用はないんだ。だから、本来Sであるやまは違和感なく利用できた。

でもね、M性感本来の使い方で、ラバーを着込んでというのはどうだろう?そう考えて、実行してみたら、これが実に良いんだ。(その後リピートもしちゃった。)

おまけに言えば、風俗とはいえ、M性感では性病の危険がほぼゼロに等しいというのもありがたいよね(もちろん、プレイによるし、道具にきちんとコンドームをつけてくれるお店の場合だけれど)。

というわけで、実際にやまが利用した時の記録をここで公開しちゃうね。ラバー好きの皆さんの参考になれば…。


<<お店と女性を選ぶ>>

まずお店と女性を選ぶこと。このあたりはネットでかなりのことがわかっちゃうのでしっかりと調べようね。

お店に関しては口コミサイトなどで評判を読むこと。たとえば「eyes(http://eyes.tv/)」などの口コミを見ると、ちゃんとしたサービスを提供しているお店かどうかがある程度判断できるよ。

さらに女性に関しては、まずM性感は経験とテクニックがものを言うので、ルックスも大事だけれど、できるだけ指名の多いベテランさんを選んだ方がいい。女性のブログがあれば、それを読むのが一番。その中で、たとえば、客が意表をつくコスチュームを着ても問題がなさそうな女性かどうかを知ることがまず一番。さらに好奇心の旺盛な女性の方がいいよね。女性にも楽しんでもらえるし。

さらに、もう一つ。その女性がラテックスアレルギーを持っていないかどうか。これは予約の際にお店に聞いておくといいよね。

というわけで、やまの場合は都内某所のお店を選んだ。実は大阪のマル秘堂さんを知る前に、1、2度か、このお店でドライオーガズムにチャレンジしたことがあるので、利用はしたことがあったんだ。ただ、そのときにはドライが目的のプレイだし、残念ながらドライには至らなかった。

そして、女性も1度お相手していただいたこともあるベテランでとても評判のよいHさんに。というのも、彼女のブログを読んでみると、結構コスチュームを持ってくる客に興味があるようで、顔の写らない写真を載せているんだ。相当珍しいコスチューム持参(やまと違って女装の方が大部分だけど)でも対応しているみたい。おまけにそのコメントのノリも良い。それに、すでに1度会っているので話も持って行きやすいとふんだんだ。

ちなみにM性感のお店では女性がコスチュームを着るのはオプションでお金がかかることがあるけれど、客である男性がコスチュームを着るのは全く自由になっているんだ(お店によるから必ず確かめてね)。助かる!

さて、前日に目指すHさんの予約を電話でお願いすると無事にOKとのこと。さらにコスチュームのことを話すと、これもOK。ありがたい。


rubbermseikan01flsh.jpg
こうして天井にも壁にも鏡という部屋はありがたいんだ。


ホテルはお店のHPにおすすめの所が数軒あがっていた。その中の1軒に珍しく鏡張りのホテルが!これはうれしいよね。法律の改正で、現在では新たに作ることが出来ないのが鏡張りの部屋。逆にいえば、相当古いということなので、他の設備面では劣るということになるけれどね。でも、女性に責められるゴム人形となっている自分を天井の鏡で眺められるというのは最高の環境。

さて、続きは次回…。




スポンサーサイト
[PR]

「お一人さま」ラバースーツの楽しみはプチリゾート!?

rubberself201502Aflsh.jpg
こんな格好で1日を過ごすわけなんだ…。



秋から冬、そして春にかけてのシーズンが1年でもっとも好きな〝Y〟。理由は簡単、自宅でラバーを着ることが出来るから。さすがに夏は冷房をガンガンかけても暑い暑い…。冷たいラバーに冬は合わないと思っていた時期もあったけれど、暖房をしっかりと入れていれば、逆に汗もかかず、良い季節!

以前の記事にも書いたけれど(こちら)、この季節、自宅で一人きりの時、ラバーを着込んで楽しむ機会が増えるんだ。なみに着せて責めるのはまた別の楽しみだけど、一人というのもオツなもの。

じゃ、いったい自分一人、自宅で楽しむときはどんな格好?というと、10年前から変わらず、基本的には上記の写真通り、

・全身ラバーキャットスーツ
・ラバーグローブ
・ガスマスク
・ラバー全頭マスク
・革製ブーツ


というのが普段のいでたち。色は全て黒。

これにオプションで、いろいろと加わるんだけれどね。ガスマスクも写真は消防士さんのタイプだけど、そのほかにイスラエルタイプ、英軍タイプ、旧ソ連タイプ等々、色々と変えて楽しんだり…。さらにジェットタイプのヘルメットをかぶってみたり…。

全く同じセットがもう一つあり、それをなみに着せてのプレイでは完全バリバリの「S」となる〝Y〟だけれども、一人の時は「M」的な嗜好になっている。不思議だね。

この格好で1日を過ごすわけ。そして、PCに向かって仕事をしたり、読書をしたり、好きなビデオをみたり…とにかくまったりと一日を過ごすんだ。自由業で基本的に家にいるからこそできることだけど、さすがにラバーを着込んで…というのは、月に2~3度しかできない貴重な時間。

そして、さんざんラバーの感触を味わった最後には、アネロス(エネマグラ)を楽しんだり、あるいはお気に入りのビデオを楽しんで最後にフィニッシュを迎えると、その余韻をラバーの中でまた楽しむ…。

全身をラバーに包まれるというのは、常に皮膚のすべてがラバーに接触しているのを感じていることになるよね…。そして、全身のうち、空気中に直接露出している部分が皆無。完全に外界から遮断されているんだ。遮断というとなんとなくM的な響きかもしれないけれど、実は守られているという方が感覚的には近いかな。

男は外に7人の敵がいるというけれど、この状態では敵も入って来ることがないという感覚。完全に安全な中に籠もっている…。そう、そこは疲れた体をゆっくりと癒やす自分だけの場でもあるんだ。うん、「癒やし」。そう考えると、これってリゾート地のスパなどとも一緒の感覚と言えなくもないよ。

おそらく、全身の皮膚の表皮にある神経が感じる「包まれた」感覚がその安心感を高めて、究極のリラックスになっているんじゃないかな。

また同時にかつて子供の頃に憧れたスーパーヒーローへの変身願望のような感覚もあるし…。そう、改造人間のような不死身の体に自分が変わっていくような感覚も。

自由業とはいえ、普段、緊張をともなう仕事をしていると(ここで多くは語らないけれど、ホントにすさまじい緊張感にさらされているんだ)、仕事仲間の中には精神をおかしくしちゃう人もいる。幸い、〝Y〟はこうしてストレスを解き放っているわけで、このラバー好きが、なみへの革やラバーのボンデージ遊びとともに、今まで仕事を続けてこられた秘訣かもしれないね。もちろん時折会う同業者にはみなナイショにしているけれど、捜してみれば、中には同じ趣味を持つ人もいるかもしれないね。

rubberself201503flsh.jpg
お口直しに(笑)なみと二人の写真。
なみはローターを自分でクリに。ガスマスク越しにあえぎ声が。
〝Y〟は両手を乳房に添え、乳首を刺激してお手伝い。


こんな楽しみ方が出来るようになったから、大人になって、中年になって本当に良かったよ。20代、30代の頃はお金もなくてピーピーしていたから無理だったなぁ。人間、やっぱり健康で長く生きるべきものだと感じたよ。

物心ついた子供の頃からラバーへの嗜好があったけど、それが実現するなんて…夢のようだね。でも、あきらめずに夢を持ち続けると、結局叶うんだなぁって最近思うようになってきた。皆さんもきっとそうだと思うよ。ラバーだけじゃなくて、もちろん革でもいいし、PVCでもいい。あるいは、美しいパートナーを見つけたいとか、魅力的なM奴隷を持ちたいとか、そういう思いも、きっと叶うんじゃないかな。

だから、みなさんも夢は諦めないでね…。

〝Y〟もまだまだ実現していない夢があるので、それを追っている最中なんだから。

なんて感じで今日の話はおしまい。






革具の話07 ボールギャグ(玉さるぐつわ・玉さる)

kawagu7ballgag16flsh.jpg
〝なみ〟のこの涎が最高のごちそう


さて、今回はボンデージ(BD)&SMにとって欠かせないもの。

ボールギャグ。

人によっては玉さると呼んだりするよね。

kawagu7ballgag00flsh.jpg
わがコレクションの一部


これ、SMの歴史を見れば、かなり新参者かもしれない。でも、いつの間にか最も基本的なアイテムの一つになっているよね。

欧米から入ってきたものだろうけれど、日本のボールギャグは決定的に違うポイントがあるんだ。

それは穴。

そう、表面にいくつも穴があいているよね。これが、穴のない欧米のボールギャッグと決定的に違うんだ(最近は逆輸出で欧米でも見るようになってきた感じもするけど)。

もっとも日本ではゴルフの練習用のホローボールから転用したのが始まりだろうから、穴は結果的についてちゃいました…ということになるんだろうね。偶然の産物。

でもね、そのおかげで単に口をふさぐ猿ぐつわとしての欧米のボールギャグとは異なる魅力が生まれたんだ。

それは涎。

kawagu7ballgag04flsh.jpg
シーツがどんどん〝なみ〟の涎で濡れていく…。



ボールギャグをほどこされたら、誰でも舌がうまく使えなくなる。だからしゃべれなくなるわけだけど、同時に口の中にたまる涎を飲み込むことも難しくなるんだ。ま、たまに、器用な人がいて、ボールギャグをされてもぜんぜん涎が飲み込めるという人もいて…何を隠そう〝なみ〟がそう(パートナーとしてはつまらない!)。

そうなると、口の中にどんどん唾液がたまる。やがてあふれ出すんだけど、ボールに穴があるおかげで、流れる量がかなり多くなるし、流れ始めるのも早い。

美しい顔立ちの女性がボールギャグを咬ませられた口から次から次へと涎をたらしていく姿を見ると、このうえもなく感動してしまう。Sの男性にとっては最高のごちそう。

kawagu7ballgag06flsh.jpg
バックで責めながら〝なみ〟の涎を楽しむ。



相手にボールギャグを加えさせたまま、四つん這いにし、バックから責めるとどんどん涎がしたたり落ちる。その際、鏡の前でプレイすると、涎が落ちるのをずっと眺めることが出来て、愉しいものだよ。

M女性にとっても自分の口から涎が垂れていくのを見、感じるというのはものすごい屈辱だし、それに対して手かせなどで拘束されてなすすべもなくいるというのは、頭の中が次第に真っ白になり、やがては何も考えられなくなる。そしてS男性の言うがままに従ってしまうという心理的な効果(洗脳に似ているね)があるという場合もあるんだって。これ、すごいよね。

ただ、顎関節症など、ボールギャグが物理的に苦手な人もいるから、そういう人には強要しないように気をつけてね。

ちなみにAVなどでもボールギャグが登場した当初は口をふさぎ、しゃべられなくするための道具としてとらえられていたと思うんだ。でも、1980年代の中頃から次第に涎を美女が垂れ流す魅力にシフトしていったような印象がある。「奴隷花4」や「シスターL3」の冒頭シーンなどはその好例。そして、90年代からインディーズの時代になると、涎を流す映像をとらえるビデオがかなり増えた。

kawagu7ballgag12fljpg.jpg
「GAGS!」(大洋図書)の西条希美
ボールギャグが最高に似合う女優の一人


kawagu7ballgag11fl.jpg
「背徳淑女」(シネマジック)の本庄美樹。
小さい口の女性はボールギャグが最も映える。


さて、ボールギャグには様々なバリエーションがあるんだけれど、シンプルなものが一番良いように思うんだ。

〝Y〟にとっての良いボールギャグの条件は以下の通り。

・ボールの色は白か青、もしくは黄色。リップなどの濃い人にはリップの色が移ってもいいように赤やオレンジがいいんだけれどね。
・ベルトはある程度の幅のある黒革。
・革とボールの接続部分はやや大きめで丸い形のシルバーリングがベスト。
・留め具はマジックテープか、2つのリングに革ベルトを通してで留めるものがいい。
・ディンプルなし。

最後の点、バリエーションとしてボールの表面にディンプル(でこぼこ)のあるものもよく売られているけれど、ディンプルはボールに着いた涎の光沢を弱めてしまうので、魅力が薄れてしまう。涎で、ボールの表面がてかてかに光っているのを見るのがまた素敵なんだ。(後述するけど、口枷の掲示板を主催する中野英児さんも同様の意見を持っていらしたので驚いた記憶があるよ)

kawagu7ballgag05flsh.jpg
スポンジ素材のものもまた別の魅力があるよね。


もちろん、穴の開いていないものもそれなりに楽しめる。素材も柔らかいものもあれば、堅いモノも。バリエーションとして揃えておくのは良いと思う。

また、鼻の両側を通って、頭上、そしてあたまの後ろに革ベルトがつながって固定するハーネス型のものも。ただ、こうなってくると、さらにベルト多くしたものもあり、ボールギャグというより口枷・顔枷的なカテゴリーに分類されるよね。

シンプルなボールギャグは通常2~3千円程度で売られているし、器用な人なら、ボールだけDIYショップやスポーツショップで買ってきて、あとは革細工の要領で作ってもいいかもしれないね。そうすると数百円で出来てしまう。

kawagu7ballgag09flsh.jpg
涎を流しながら、体を突っ張らせてイク〝なみ〟。


さて、〝Y〟が生まれて初めて買ったボールギャグはセビアンのものだったよ。上記の通りの条件。これ、20年くらい使ったけど、いい製品だったな。シネマジックが1980年代に撮影していたビデオにも頻繁に出てきていた。

その後、アール(目白)の製品も愛用。現在はラバープレイをすることもあって、エピキュリアンの製品を愛用。こちら、革の代わりにラバーを使っているんだけど、そのメリットが大きいんだ。石鹸などでまるごと水洗いできてしまうこと。つまり清潔に保てる。きちんと洗わないと乾いた唾液って結構匂っちゃうっからね。もちろん、革のものも洗っているけれど、さすがに10年以上使ってそのたびに水洗いしていると革も退色がひどくなってしまう。そういう意味では割り切ってラバーのものを使ってもいいんだ。ただし、ゴムは切れやすいので、あまり丈夫じゃない。持ったとしても数年。

kawagu7ballgag15flpgsh.jpg
やっぱりゴムの全頭マスクにはゴムベルトのボールギャグが合う。


ちなみにエピキュリアンのはデザインが昔のセビアンのものと似ている。現在、革製でそのデザインというと、天の介さんのところで買えるよ。また、わいえふ工房さんのは革ベルトに様々な色のバリエーションがあり、ファッショナブル。これもしっかりとした造りでいい。SMクラブのM嬢など、プロ御用達でも知られる。

ところで、ボールギャグはずっと付けたままだと顎への負担はかなりなもの。そこで、時々、休憩の意味で取り外しをする。その際、完全に取り外さずに、首のところに、ちょうど首輪のようにかけておくのも良いものだよ。とくに涎がついて怪しく光ったままのボールギャグが首にぶら下がっているのは、どんなネックレスよりも素敵に見える。

kawagu7ballgag18flsh.jpg
ボールギャグのネックレスというのもいいものだよ。
〝なみ〟の肢体の美しさがボールギャグのネックレスでより引き立つ。


ボールギャグを使ったビデオというのはいろいろとあるけれど、とりあえず何か良いものをと思ったら、まずアクセスすべきサイトがある。さきほどちょっと触れたけど、〝Y〟もときおり投稿している「東京口枷倶楽部 中野BBS」。このサイトでの投稿の頻度はそれほど高くないけれど、密度の濃い情報が提供される貴重なサイト。数カ月に一度くらいはここを見ておけばいいと思うよ。また、みなさんも良いビデオを見つけたら、ぜひ投稿を!

kawagu7ballgag01fl.jpg
坂下えみりの「人妻生地獄悶絶旅行」(クリスタル映像)


ちなみに最近、〝Y〟が投稿したのは坂下えみりさんの「人妻生地獄悶絶旅行」。このビデオ、SMというよりは熟女不倫もの。しかも舞台は温泉。ところが、珍しいことに、その温泉の露天風呂で美形でスレンダーな女優の坂下えみりさんがハーネス付きのボールギャグを装着されて湯船に。そして、その後、洗い場で男性の体を洗い始めるんだ。まるでソープのプレイのように石鹸をつけた体を押しつけたり。その間、むろん、涎は口から流れっぱなし。これは興奮!こういう楽しみ方もあるんだね。

後日、〝Y〟も〝なみ〟を温泉につれていったときに思わず真似してしまった。日常の隙間に突然SMが入り込んだ感じで、もの凄く萌えてしまったよ。

こんな風にシンプルにボールギャグ一つだけでもM女は被虐感を味わうし、S男は「責め」の充実感を味わえる。目隠しや手枷とともに、BDSM(ボンデージSM)のまず第1歩として欲しいアイテムだと思うよ。

kawagu7ballgag07flsh.jpg
全頭マスクにボールギャグが、〝なみ〟の「制服」。





 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.