FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (14)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (12)
風俗 (4)

お気に入りビデオ~001 In Your Room 岡崎美女 (2002年)office T-LIVE

okazaki_mio4.jpg


〝Y〟は1980年代から猿轡や革拘束、ラバー、PVCを中心としたボンデージに関するビデオが大好きで、ずいぶんな数のビデオを見てきたんだ。それは以前、「我がフェティシズムの軌跡」で書いた通り。

おそらく同じような道を辿ってきた同志は多いと思うんだ。

というわけで、これから時折、懐かしいものが中心になるけれど〝Y〟が気に入ったビデオの想い出と、どんな点に惹かれたのかをこのブログに書いていくことにするね。皆さんも懐かしんでくれれば嬉しいし、比較的新しいビデオの場合には購入の参考にしてもらえるといいな。このブログをご覧になってくださっているYさんが提案してくださったんだ。Yさん、ありがとう。

で、今回はタイトルのビデオ。「In Your Room 岡崎美女」(2002年)発売はoffice T-LIVEから。この岡崎美女さん、目鼻立ちがはっきりした大変な美女。ファンも多かったはず。いわゆる「AVクイーン」だよね。人気ビデオもたくさん!

で、彼女のあまたあるビデオのうち、このビデオを選んだ理由は…ボールギャグ。

ボールギャグってご存じのように、SMの基本アイテムだよね。プラスチックの練習用ゴルフボールに革の紐を通したもの。沢山穴が開いているから猿轡をされても呼吸はできるし声は出る。つまり、本来の声を出させないという猿轡の目的はちゃんと達せない。でも、二つの強烈な拘束感が。

1 言葉を喋っても舌の動きが制限されるので、言葉にならない。

2 ヨダレが次々と口の外に垂れてしまい、自分でコントロールがきかない。


というわけ。

で、愛好家の多い、ボールギャグ、その専門のサイトもあるくらい。以前ご紹介した中野英児さんの掲示板もそう(右のリンク集にサイトへのリンクがあるよ)。

その中野さんも書いていたけれど、ボールギャグを使ったビデオで最も嬉しいのは次の3つが揃っていること。

1 ボールギャグを口に嵌めるシーン。

2 ボールギャグからヨダレが流れ落ちるシーン。

3 ボールギャグを口からはずすシーン。


この3つがそろったビデオって実はとても少ないんだ。逆に言えば、その3つが揃っているビデオと言うことは監督がボールギャグ好きで相当にこだわって作っているということ。まさに我々ボールギャグファンにはお宝。

okazaki_mio1.jpg
これが嵌めるシーン。


というわけで、その3点がそろったビデオということでこのビデオは秀逸。また In Your Roomというシリーズそのものもボールギャグを多用していて、いいシリーズだったように記憶している。〝Y〟が女優さんの名前を覚えているのはこの岡崎美女さんと、小野里蘭さんのもの。小野さんのも彼女のかわいらしい魅力満載でよかったよ。

岡崎さんは誰が何と言っても美女。だって名前になっているくらいだから(みおと読むけどね)。

その美女がボールギャグをされるというのは本当に視ている側にとっては嬉しい。このビデオでは彼女がベッドの上で赤い下着姿で男優さんにまずボールギャグを填められる。その時、彼女の口を開けて待っている姿がまずそそられてしまう。ボールギャグって嫌がる女優さんが多いんだけれど、彼女の表情はこれから填められるのを楽しみにしている風でもあり、これだけでもポイントが高いんだ。

okazaki_mio2.jpg
ほら、しっかりと口に嵌っているでしょ。


そして見事填められるんだけれど、彼女の口、これが素晴らしい!大きすぎず小さすぎず、ほどよい大きさの唇なので、ボールギャグがまさにぴったりと「嵌」るんだ。ボールギャグを咥えても歯が見えたり、あるいは口が大きすぎて隙間ができていたりするとちょっと興ざめ。その点、彼女は実にボールギャグ向きの口なんだなぁ。

そして、やがて裸にされ、局部を弄ばされる。四つん這いにさせられると口からはヨダレが。

そして、ボールギャグを咥えたまま、オレンジのローターで責められる。

やがて、猿轡をはずされて、その猿轡が大写しになると当然ヨダレまみれ…。

うーん、これがいいんだなぁ…。岡崎さんの表情も、本当に。

okazaki_mio3.jpg
しっかりと涎も垂れてくる。


ただし、ボールギャグは突起のあるディンプル仕様。これが残念という人もいるはず。本当は〝Y〟もそうで、ボールギャグはツルツルの光沢の方が、唾液の「てかり」が強調されていいのだけれど…でも、このビデオでは岡崎さんの咥えっぷりの見事さ、そして、填め&はずしと三拍子そろっていることで、〝Y〟的には二重丸のビデオ!

今では残念ながら販売されておらず、VHSの中古が手に入るのみのようだけれど、どこかで見かけたら手に入れて損はないビデオだと思うよ。彼女の明るいキャラも楽しめるし…。




スポンサーサイト
[PR]

我がフェティシズムの軌跡 17 アルファイン

namialpha00shfl.jpg
SMチェアあればこそ、こんな風に拘束も…。


〝Y〟の性癖である革やラバーへのフェティシズムはボンデージやSMと深い関わりがある…というか、もう渾然一体!というのは、いままでの記事を読んだ人はわかるよね。レザーやラテックス素材の拘束具で女性の体の自由を奪い、そして、様々なプレイをして遊ぶのだから、間違いなくSMだし、ボンデージでもある。

で、そのプレイを楽しむのに、そのための専用の道具があるととっても便利。たとえばSMチェアだったり、全身拘束のための十字架だったり。そんな道具が満載のホテルが以前からあって、当然そこに行きたい!と思ったのがもう20年以上も前のこと。

このブログを覗いているくらいだから、皆さんも多分、ご存じでしょ?東京は六本木にあるSM専用ホテル「アルファイン」。

長年にわたり憧れだったなぁ。作家で政治家の、あの田中康夫氏もファンでよく利用していらっしゃったとか。でも、その料金の高さ(プレイのための設備代を含むと考えればいいんだろうね)と、システムが以前は良くわからなかったことから、我々にとっては利用のチャンスもなく、心の片隅にある憧れのままだったんだ。

ところが、1990年代に入って、インターネットが普及してくると、このホテルについて詳しく説明されたHPを見つけちゃったんだ。

すべての部屋の写真と設備を説明したそのHPはこのホテルのファンが作ったものだった。そう。個人ページだったんだ。本当に頭が下がる。もちろん、現在はホテルの公式サイトが出来ているけれど、当時はこの個人サイトが貴重な情報源。

読んでみると、部屋によって大きな違いがあることがわかった。だから、自分がしたいプレイを考えて、そしてそれに合った部屋を選ばないと、結果的には不満足になる可能性もあるってワケ。

そして、見覚えのある部屋もいくつか…。そう、雑誌のグラビア撮影や、映画の舞台になった部屋があるんだ。昔懐かしい映画「トパーズ」で使われていたのは1階(公式には「離れ」ということになっている)の「火の鳥」、そして、昔何度も繰り返し見たビデオの何本かの舞台は同じ1階の「スワップ地獄」という具合。独特のインテリアですぐにわかった。

で、それぞれのお部屋には独特の名前が付けられているのだけど、それぞれの特徴を表している。そう、部屋ごとにテーマがあるんだ。まるでテーマパークのアトラクションのよう。例えば405号室「定期検診」なら医療の部屋ということで白衣や診察台があったり。芸が細かくて、壁はタイル張り、さらに、手洗いの洗面器があったり…。

いろんな遊び方のニーズに合わせた部屋があるというのが、このアルファインの真骨頂でもあるんだよね。

というわけで、〝なみ〟の説得にこれつとめ、ようやくチャンスが巡ってきた。

初めての部屋は、いちばん憧れていた1階の部屋がいっぱいだったため、「奴隷市場」と名付けられた4階の部屋。思ったより狭く、また、撮影には暗い。結局、そこでプレイして写真を撮ったけど、100%満足とはいかなかったんだ。

そこで、次のチャンスをねらい、ようやく1F離れの102号室「スワップ地獄」へ。日曜日の朝、ホテルへ電話をして確かめて・・・という具合に念を入れて、ようやく夢がかなったんだ。

namialpha03shfl.jpg
102号室「スワップ地獄」で〝なみ〟を十字架に拘束。


憧れの部屋で、とにかく写真を撮りつくしてしまった。でも、あまりにも部屋の設備が多すぎて、その多くを使い切れなかったのが残念だったなぁ。とにかく、写真撮影に夢中になっちゃって、肝心のプレイは「?」。でも、それでも大満足。そんな楽しみ満載のホテルだった。

でも、場所はなかなか行きづらいところにあるので、大きな荷物を抱えて行くにはやや不向き。当時は車を持たなかったからやや不便だったんだ。結局自分たちの道具を色々と使いたいという我々の場合は2度利用しただけで、その後はシティホテルにプレイの場所は変わったんだ…。でもね、やっぱり利用したときは本当にときめいたね!だって、SMチェアって、やっぱり便利だし、それに、鞭やらちょっとした道具はちゃんと部屋に完備してあるし。何より吊りをされる人は(怪我をしないように最新の注意を払ってね)天井から下がっているフックやチェーンなど、本当に日常ではできない遊びができるから…。

こうしたホテルが増えると楽しいのだろうけど、実際には「全室SM対応」というホテルがあまり世の中に存在しないところを見ると、器具の保守だったり、いろいろと経営するのは大変なのかもしれないね。



左の書籍にもアルファインが紹介されているよ!


我がフェティシズムの軌跡 16 写真撮影

namiaioandgagblueflsh2.jpg
これが当時一番気に入ってた〝なみ〟のポラロイド写真。


〝なみ〟と一緒になってプレイのまねごとをはじめた頃…どうしてもそれを写真に撮りたかった。そりゃそうだよね。でも、当時はデジカメなんて便利なものは無かったんだ。じゃ、普通のカメラで写真を…となるとその「現像」と「焼き付け」が問題。現像所に出すと公序良俗を乱すと言うことで取り上げられてしまうという時代。そういえば、当時、趣味で美人の奥さんのヌード写真を撮って、大手カメラ量販店に持ち込んで現像してもらおうとしたら、フィルムを取り上げられて処分されてしまった人の話題も雑誌に載ったりしていた。奥さんの裸だけでダメだから、SMプレイだと余計にダメだよね…。

で、お金に余裕のある人は自分で現像、焼き付けをしている人もいたみたいだけれど、当時超ボンビーだった〝Y〟には無理な話。

そこで…。そういう我々の唯一の味方が…懐かしいポラロイド。

そう、インスタントカメラ。多分「うんうん、そうだそうだ」って頷いてくれる人も多いよね。ポラロイドって、多分買った人の何割かは同じ目的だったと思うよ。

でも、持っている人はわかると思うけど、今から考えるとヒドイ解像度だったよね!

ないよりまし…くらいの感じだったよ。

それがやがて1990年代、一般向けのデジカメの登場で「これはもしや使える!」なんて期待。当初は残念ながら、ポラロイドと同じくくらいの解像度しかなかったし、値段も高かったけど、みるみる技術が進歩して…。良い時代になったね。それにデジカメ最大の魅力は何枚とってもお金がかからないということ。それに、うまく行かなかった写真は単にデリートすればいいし!つまりメモリーさえ確保できれば失敗を気にせず、大量に写真を撮影できる!

昔よく言ってた言葉にこんなのがある。

「写真撮影において、プロとアマの違いは何か?答えはお金があるかどうか。プロはお金がふんだんにあるから、一回の撮影で何百枚も写真をとって、その中から良いものを1枚選べばいい。アマチュアはお金がないから、それは無理。一発勝負。それだけの違い。技術なんて、関係ない…。」

ま、極論だけど…。でも、ホントに何十枚も何百枚も撮れば、そのなかにきらりと光る1枚はあるんだ。

〝Y〟は写真の技術ゼロだけど、そういうわけで、時には「当たり!」って写真ができて(構図が美しいとかそういう技術的な意味じゃなくて、単にそそられるってこと!)それを宝にしているんだ。

namiyukizosanniflsh.jpg
これもその「当たり!」の〝なみ〟


ホント、良い時代になったけど、唯一惜しむらくはこちらが年を取ったこと。20代の頃にデジカメがあったら良かったのになぁ…。〝なみ〟だって、当時ははちきれんばかりの物凄い体だったのに!


 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.