FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

我がフェティシズムの軌跡 12 革拘束具の楽しみ

tekase01flamewm.jpg
基本は手枷。「アール」の製品。しっかり作ってあるよ。「セビアン」で
買ったオールインワンとの組み合わせの〝なみ〟、素敵だな。


安月給だったサラリーマン時代、買いたくても買えなかった革の拘束具。将来は絶対に買えるようになるぞ…というのが人生のエネルギーになったのかなぁ。〝Y〟、転職して自由業となってから、猛烈に働いた。そのおかげもあって、ようやく人並みに収入を得て、自分のお小遣いも出来てきた。そう、革具が買える…。これ、嬉しかった。本当の事を言うと、自分の仕事の目的って、半分はフェチ(フェティシズム)の追求のため。「アホやなぁ…」と言われても仕方ないよね。

the RUBBERIST Club of JAPAN」に掲載されている主催者さんへのインタビューで、若い人への一言。「まずご自分の生活を確立していただきたいと、ゴムはそれからでもいいんじゃないでしょうかと申し上げたいですね」

ホント、そうなんだ。若いときにはみんなお金がない。〝Y〟もそーだった。だから、頑張ってお金を貯めて革具やらラバー製品を買えるようになりたい!その一念で過ごしてきたんだ。気がついたらもう若くなくなっていたけどこればかりは仕方ないよね。

でも、良いことはいっぱいある。人生を色々と経験したから、いろんな人との繋がりを大事にできるようになったこと。そうした中で、いろんな貴重な体験もできるし。きっと若い頃にはその大切さが分からなかったかも。

ま、そんな話はまた別の機会に。

で、話を戻すと、そういう中で徐々に買い始めた革製品。本当にラッキーなのは技術立国日本、匠とも呼べる製作者がここ2~30年で何人も出てきていること。

そうした人たちの製品というのは本当に丁寧に作ってあり、素晴らしいと思うよ。デザインも、そして安全性も。付けられる女性の肌にやさしく出来ている。そんな革具を自由に買い求めて使用できる…。なんて良い時代に、良い国に生まれたんだろ。国によってはこうした製品を売ることも買うこともできない所もあるんだから(たぶん…)。これって物凄い贅沢なことだよ。

当初は六本木にある「セビアン」、そして、目白の「アール」を主に利用していた。また、「天ノ介」さんの製品も愛用。いずれも素晴らしい革具を提供してくれている。最近になってこのブログを通してコメントいただいた、〝Y〟の敬愛するYさんから教えてもらった「わいえふ工房」さんというのもあり、こちらも、良い製品を出しているみたい。

縄とは違い、拘束の形そのものの自由度は低いけれど、逆にそれゆえ、自分のパートナーを革具の形通りに無理矢理拘束してくれる。それが革拘束の素敵さだと〝Y〟は思うんだ。さらに、革には独特の匂いがあるでしょ。あれを嗅ぐことにより、自分の本能にある動物的な野生が目覚めるんだ。最近は〝なみ〟だけでなく、〝Y〟自身も革の全頭マスクを被ってプレーをすることが増えたけど、全頭マスク、被るだけで、匂いに包まれるだけでイっちゃいそうな興奮を覚えるんだ。そういえば、最近は、ビデオでも、男優が全頭マスクを被っているものが増えたけど、あれって、単に男性の顔を見せたくないだけでなく、男優さんたち自身も結構楽しんで被っていたりして(たとえば「奴隷城 マスク男編」)。

中でも、色は黒か赤。これが〝Y〟は一番好きだなぁ…。

そして、革は本当に長持ちするし、何より、長年使用すると脂がのるので、体に馴染み、独特の雰囲気が出てくる。それがいいんだなぁ…。前にも書いたけれど、オールインワンなんて、あまりの素晴らしいデザインに惚れ込んで、修理しつつも、何と30年近く使ったことになる。(いろんな女の子の汗を吸ったことになるけれど、それは〝なみ〟にはナイショ)。

そんな中で、これからは時折、愛用している製品を幾つか写真とともにレビューしていくね。同じ趣味を持つ皆さんの参考になればいいな。



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

我がフェティシズムの軌跡 11 〝なみ〟との出会い

namipvc001flwm.jpg
PVCも抜群に似合う〝なみ〟。改めて惚れ直しちゃうな。


今回は「〝なみ〟」のことについて話すね。

〝Y〟のようなフェティシストが幸せになれるかどうかは、良きパートナーを見つけられるかということも大きいよね。

物心ついたばかりの子供の頃からのフェチ(どんなガキじゃ!?)である〝Y〟は、当然、将来同じ趣味を分かち合える女性と一緒になろうと思っていた。でも、それって難しい。そもそも革やラバーに対するフェチの趣味を持つ女性って本当に少ないみたいだから、まず簡単には見つからないと思った方がいいかも…。

実際、〝Y〟は散々失敗してきたから。前にも話したように、それまで付き合っていた女の子たちに泣かれたり、怒られたり、どつかれたり…(それはないか…)、そして別れたり。相手を縛ったり拘束したり、猿轡を填めさせたりって、やっぱり普通は「変態」扱いされちゃうよね。いくら相手に怪我をさせないように細心の注意を払っているっていっても。

一時期はあきらめてたよ。まともな社会人として生活するには自分の趣味って、封印しなきゃいけないかもってね。

でも、やっぱり自分のフェティシズムは止められないと思ったから、そのとき、別の事をあきらめた。そう、結婚は無理だなって。結婚の方をあきらめたんだ。20代の頃。

ところが…。

あるとき、本当に不思議な縁でつきあい始めた「〝なみ〟」。生まれて初めて、一緒にいるだけでホッと心が安らぐ相手に出会ったんだ。そんな女性はそれまでいなかった。まるでずっと昔からお互いを知っているような不思議な感覚。

でも、あまりにも大切にしたい人だったから、逆に結婚は無理だと思った。だって自分はフェティシストだから。

だから、お互いが深い関係になって傷つく前に別れた方がいいかもしれない…そう思った。そこである時、告白したんだ。もしも彼女が受け入れられないのなら、今の段階ですぐに涙を飲んで別れてしまおうと…。それまで、何人もそれで実際に別れたから。ホント、苦しい体験ばかりしてきたんだよ。

ある夜、勇気を振り絞って言ったよ。

「〝なみ〟、俺って、実はこういう趣味があって…」

ところが、それを静かに聞いていた〝なみ〟。

「ふーん、そうなんだ。エッチの形って色々あるんだね。別に私はそれでもかまわないよ…」

しばらく、驚いて声が出なかったよ。なんて素敵な答えなんだ!なんて素敵な娘なんだ!なんて、なんて自分は幸せ者なんだ!

というわけで〝なみ〟が人生のパートナーになったんだ。

一緒になって改めて驚いたけれど、〝なみ〟はスレンダーだけど、美乳の美女。洋風のレザーやPVC、ラバーのコスチュームが本当に似合う娘だったんだ。一方、そんな恵まれた体を持っていながら、不思議なことに、〝なみ〟自身はフェチに興味はないし、SMにも。それどころか、うっかりするとエッチそのものにも興味ないかもしれない。正直言って、それを〝Y〟は物足りなく思うこともあるよ。でも、〝Y〟がすることに関してはそのまま受け入れてくれているんだ。だから〝なみ〟には常に感謝。

一緒になってもう何年も経つけれど、こうしていまだにフェチを追求できるのは幸せ。あの時、勇気を振り絞って言って本当によかった。それまでの苦しみも帳消し!

だからね、みんなも諦めないでね。今苦しんでいる人も大勢いると思うけど、きっと、きっと、いつかは自分にぴったりのパートナーが見つかるからね。


追記(2017年)
残念なことに、この記事を書いて数年後、様々な事情があり、〝なみ〟からはSM卒業宣言を受けることになったのだけれど、それまでずっと付き合ってくれた〝なみ〟に感謝しているよ。





我がフェティシズムの軌跡 14 全頭マスクの魅力

zentoumask002flsh.jpg


SMプレイに重要なアイテム。それが全頭マスク。〝Y〟のPCは「ぜんとう」と打つと「全島」じゃなくて「全頭」と変換される「変態仕様」となってるよ(爆)。ち〝なみ〟に「こうそく」は「高速」じゃなくて「拘束」。

中でも目白の「アール」の製品は作りがしっかりしている上に、デザイン上、数種類あって、好きなタイプが選べる。一番のオススメは目口穴式の一番古典的なデザイン。

特に顔立ちの美しい、目力の強い女性に被せ、目や口などだけを露出させ、拘束すると、それだけで、〝Y〟は絶頂に達してしまうくらいなんだ。

namizentoumask006flsh.jpg
いつもの〝なみ〟の姿


実はこの全頭マスク、今年2013年はアール目白店が発売して30周年になるんだって。それで今、アールではキャンペーン中。決められたタイプの全頭マスクを買うと、ボールギャグが付いてくる。素敵なキャンペーンだよね。そう、全頭マスクに白のボールギャグ、これって物凄く映えるんだ。〝Y〟の最も好きなスタイルで、上記の写真にように、〝なみ〟に着けさせる定番とも言える組み合わせ。9月24日までのキャンペーンなので、興味ある人はお急ぎを…。別にアールさんの回し者じゃないけれど、長年にわたるアール(奴隷市場ブランド)製全頭マスクのファンなので…。
http://www.r-mejiro.com/shopbrand/045/002/X/

全頭マスクになぜ〝Y〟が惹かれるようになったのか…。うーん、おそらく子供の頃に憧れたウェトスーツのフードにさかのぼると思うんだ…。水で濡れてテカテカになった黒のフード。その側頭部から首筋に向けての曲線に物凄く惹かれちゃうんだ。これ、本当に不思議だけど。そこを思わず撫でたいという気持ちになってしまう。だから〝なみ〟に装着すると必ずそのあたりを撫でてしまう。ま、文字通りフェチだね。

それとかぶせるときにスポンジの耳栓などをさせると、音も聞こえづらくなり、拘束感&被虐感が増すんだ。

そして、〝なみ〟にかぶせてプレイしているうちに、今度は自分も同時に被ることが大好きに。被った瞬間、自分のそれまでの人格が無くなって、まるでモノと化したような不思議な感覚になるんだ。これが大好き。そしてモノとなった自分がモノとなった〝なみ〟を責める。このシチュエーションが感じるんだなぁ…。そして鼻腔を満たす革の匂い…。

それと書くのが恥ずかしいけれど、全頭マスクだけをつけて鏡の前に立ち、オナニーするのもワクワクする。最後に絶頂に達して崩れ落ちる自分の姿が大好き…いや、〝Y〟は自己陶酔の本物の変態だ。普段はSなんだけど、完璧にMになる瞬間だよね。「Sは実はMでもある」。このことを実感するよ。

doreijoumaskmenfl.jpg
「奴隷城 マスク男編」より


最近のAVではなぜか男優さんが全頭マスクを被ったものが多い。多分、視聴者の気持ちを考えて、男性の顔を見せないようにという配慮なんだろうけど、逆にこれが興奮しちゃうんだ。以前書いたように、「奴隷城シリーズ」のオムニバスで「マスク男編」というのがあるけれど、これは嬉しかったね。いままでずっと夢見たビデオがついに登場!という感じで。黒革の全頭マスクの男達に犯される美女達…。これはいいよぉ…。

bondagedoll_yumenofl.jpg
「Bondage Doll」より


夢野まりあが登場したシネマジックの「Bondage Doll」。こちらは速水健二が革の、そして夢野がPVCのマスクを被り、責め、責められるんだけれど、これも初めて見たときには嬉しかったなぁ…。

マスクの素材としては革の他にPVCやラバ-、ゼンタイなどもあり、それぞれに魅力ある。ゼンタイは何と言ってもその手軽さが良いし、PVCはその妖しいエナメル感と、工業製品っぽい人工なエロチシズムが。そしてラバーは肌にピッタリと貼り付く拘束感。みんな好きだけれど、〝Y〟にとっての基本、「お米」は「革」なんだ。

でね、その全頭マスク、これって一つ、かぶせ方の重要なポイントがあるんだ。

ひもはしっかりと!きつく結ぶべし。

そう、後ろの紐がゆるゆるだと、せっかくの全頭マスクがでこぼこ&シワシワに。それじゃ美しくない。

namizentoumask005flsh.jpg
〝なみ〟に着けた全頭マスク、きっちりタイトに結ぶと…


痛いくらいに後ろの紐をきつく結びつけて、表面をつるつるに、革のテカテカがより映えるように装着することで興奮を高めるんだ。これがポイント。〝なみ〟、綺麗だな…。

それと、紐の処理方法。そのままだとだらんと背中に落ちちゃうよね。これじゃ格好悪い。そこで、一番簡単なのは指先で丸くまとめて、それをマスク後ろの一番下の内側に押し込んじゃえば、プレイの邪魔にならない。さらに、首輪をさせれば、下に落ちてくることもなくて使い勝手がさらに良くなるよ。

ついでに言うと、長い髪は邪魔になる。〝なみ〟には全頭マスクを着けさせるために、結婚以来ずっとショートにさせてるよ。

というわけでSでもMでも使える革の基本グッズ、全頭マスク、ぜひ活用を!


それから、もう一つご紹介。全頭マスクを多用したサイトとして…、よく〝Y〟がお世話になっているサイトに「妻・全頭マスク拘束無限絶頂責め」というサイトがあるんだ。このサイト、ご夫婦なんだけれど、美しい奥さんに全頭マスクをかぶせて、数人で輪姦してしまう。もちろん、あらかじめ奥様が合意の上だからご安心を。凄いサイト。着用しているウェアもPVCから最近はラバーまでカバー。プレーの参考にもなる素敵なサイトなんだ。リンクの許可をいただいたので(F&Cさん、ありがとうございました!)上記タイトルをぜひクリックしてみてね。



我がフェティシズムの軌跡 10 SM雑誌

sniperclubflwm.jpg
今となってはお宝2冊!
マニア倶楽部創刊号とSMスナイパー第300号。


〝Y〟にとって、フェティシズム(フェチ)関連で一番の情報源だったのはSM雑誌。

日本の雑誌って凄いんだよね。かなり分厚いし、情報量が並じゃない。まるで辞書みたいな雑誌も多いよね。

でもね、最初の頃はあまりSM雑誌には興味がなかったんだ。だって、ほとんどの雑誌が「縄」中心だったから…。そんなある日、立ち寄った書店で、三和出版という会社から「マニア倶楽部」という雑誌が出ていることを発見。1987年頃の事(創刊はその前年)。

これは衝撃的!

ボンデージ系のコスチュームなどが登場するし、毎号、モデルが綺麗なおねぇさんばかり(SMの世界もこのころバブルだったのだろうね)、ページを眺めていてもう意識を失いかけたくらい!それにね、写真の雰囲気も従来のSM雑誌のようなおどろおどろしい写真でなく、明るい、欧米のボンデージを意識したものが多かったんだ。杉浦則夫さんの写真は特にきれいだった。

ちょっと恥ずかしいけれど、おそるおそる、他のまじめな本と混ぜてレジへ…。いや、なんてったってこれが一番の障壁。今はインターネットでいくらでも恥ずかしげもなく買えるいい時代だけど、当時はSM雑誌を書店で買うなんて命がけ!

でも、勇気を出して買って帰り、ページをめくると本当にときめいた!

すぐにバックナンバーから買いそろえたよ。

で、このころ別の雑誌「SMスナイパー」もパワーアップしてきたんだ。出版元のミリオン出版(当時)からはムックの写真集が出たんだけど、これがなんと、小林ひとみ(当時は松本かおりの名前だったけど)など大物のAV嬢をとりそろえ、しかも、革のボンデージが出てくるとあって、書店で注文。そんなことから「SMスナイパー」も読み始めた。

そう、「SMスナイパー」と「マニア倶楽部」、〝Y〟にとっての「2大雑誌」には長いことお世話になったなぁ…。「SMスナイパー」は記事の企画力とその情報量の多さが他を圧倒していたよ。この雑誌の場合、守備範囲も広かったから、革具やラバー関係の情報も沢山仕入れたることが出来たのもありがたかった!「ガスマスク特集」なんてのも参考になったなぁ…。一方で「マニア倶楽部」は写真だけでなく、その誌面の美しさが際立っていた。編集者の美学がレイアウトに至るまで徹底している雑誌だった。

とにかく想い出つきない両雑誌。その後、スナイパーが紙媒体から撤退してWEB展開(こちら)だけになってしまったのは残念(とはいえWEBの記事に今も〝Y〟はお世話になってるよ!)。またマニア倶楽部はDVD中心に。

〝Y〟のフェティシズムに貢献してくれた両雑誌には、いまでも心から感謝してるんだ。


我がフェティシズムの軌跡 9 ラバーとPVC 初体験はトホホ

pvcsuit01flwm.jpg
メーカーによっては数年使えるPVCスーツも。


筋金入りのフェティシスト(フェチ)、〝Y〟。革と平行してラバーやPVCへの興味も当然ありあり。

最初のラバーは初めての革製品の購入と同じくらいの頃、新宿の「カバリエ」で黒のロンググローブを購入したんだ。

ところが、無知な〝Y〟、届いた箱を開けてショック!まず、パウダーのようなものが一杯ついていて、輝きがないこと(購入時は品質保護のためついているケースが多く、それを購入者がシリコンなどを使い光沢をつけるんだけど、当時の〝Y〟は知らなかった!)、さらに1、2度の使用であっけなく破れてしまったこと(扱い方を間違えた!)から、興味が薄れてしまったんだ。

まだ、ラバー製品をどう扱っていいかを知らず、また、それを指南するメディアもなかった時代なので、やむを得なかったとはいえ、残念。なけなしのサラリーで買ったからショックも大きかったよ。

その後本格的にラバーに復帰するまで相当時間がかかったけど、その頃にはラバーの扱い方を教えてくれるネットサイトも沢山できた。いい時代になったね。ショップの説明もとてもわかりやすいし。現在は「ALT-FETISH」さんや「the RUBBERIST Club of JAPAN」さんなどにお世話になりつつ〝なみ〟&〝Y〟はラバーライフを楽しんでいるよ。

そして、PVC。

PVCという素材には以前書いたシネマジックの「背徳のラビリンス(君島愛)」で特に惹かれたんだ。

で、そのビデオに出てくる物と同じものを探したら、あるショップのカタログでやっと見つけた!

そのお店、曙橋の「AZZLO(90年代にフェティシズムを日本に広めた山崎シンジさんとユミさんのお店)」に連絡をとって、注文できないか尋ねてみると、すでに製造中止。

残念だったなぁ…。

でも、PVC製品は革やラバーと違ってずいぶん安く手に入るので、その後、「Kunzmann Japan」「Fetish Gear (Affix Parapara)」「RUBBER&LOVER」などでグローブやスーツなどを買いそろえたんだ。ただ、PVC素材、は寿命が非常に短いのが難点。最初買った時、1年くらいして、突然表面がはがれ始めびっくり!そう、それがPVCの特長なんだ。そうなると長期的に見れば革の方がお得(ただ、Fetish Gear (Affix Parpara)の素材はかなり優秀で1年以上長持ちしてる)。でもね、あの独特のエナメルな輝きはPVCなればこそ。

定番のスーツを2、3揃えて、それを定期的に買い換えるというスタイルが〝なみ〟&〝Y〟の現在。




 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.