FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (14)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (12)
風俗 (4)

お気に入りの動画~006「猿轡レ×プ調教シリーズ」

shiinayuna01fl.jpg


〝Y〟の愛する動画(ビデオ)を紹介するシリーズ。今回は比較的新しいシリーズ。

「猿轡レ×プ調教」。今までに5作品出てる。(但し、波多野さんの出演作のみ「×」の部分が伏せ字になっていないので検索などの際は注意)

中野英児さんの掲示板(こちら)でairgagさんが1年ほど前に書き込みをされて〝Y〟も知ったんだ。airgagさん、ありがとう。

ストーリーは似通っていて、いずれも、ヒロインが何らかの事情で男達に脅され、やがて、猿轡を着けられ夫の目の前でレ×プされ…というような内容。

内容はともかくも、全編にわたって猿轡が登場。それも、ボールギャグあり、開口具ありとバラエティに富むのが特徴。

女優さんも美乳でスタイルの良い人が多く、拘束そのものは首輪程度だけど、かなり絵になるので、見応えあり。

久し振り(数ヶ月ぶり)にDVDを買ったなぁ…。

shiinayuna02fl.jpg


〝Y〟的には特に、椎名ゆなさんが良かった!最初の赤のボールギャグで電マというのも良いけれど、次に、檻の中に入れられ、白のボールギャグを咥えさせられたままバックから犯されるシーンは何度もくり返し見てしまったよ。ここでは彼女のギャグの咥えっぷりが得点高いんだ。ほら、ボールギャグって、きちんと口内に治まるように咥えさせないと見栄えがよくない。でも、中途半端な咥え方のビデオも多いからね。

shiinayuna03fl.jpg


そして、フェラのシーンもあるし、彼女の台所でのバイブオナニーシーンも。結構盛りだくさんの内容。

さらに、最後の黒の棒状のバイトギャグも彼女の白い肌との対比でとても良い選択だという気がしたね。

shiinayuna04fl.jpg


何よりも彼女の整った顔立ちがギャグによって歪む姿が抜群。唇は薄く、鼻筋が通って、そして、鼻孔が細く美しい。ボールギャグを咥えさせ、ベッドに仰向けにさせたときに最も映えるタイプの顔立ち。

〝Y〟はその美しさとエロスに久々に感動したなぁ。

ボールギャグ向きの顔立ちというと、このシリーズの波多野結衣さんのも良かった。彼女、日本人には少ない西洋的なごく細い鼻孔なんだ。これはちょっと〝Y〟独特の趣味かもしれないね。

hatanogag01.jpg
波多野さんも〝Y〟好みの女優さん


一昔と違って、ボールギャグはAVの世界でも頻繁に登場するようになったけれど、これだけ徹底して猿轡にこだわったAVは貴重。もちろん、猿轡専門レーベルは存在するけど、そちらは着衣が中心。別の楽しみだと思うんだ。

あるいは、あまり美貌でない女優さんなので、ボールギャグでも咬ませようかといった「事情あり」の動画というケースもあるよね。

そういう中で、この「猿轡レ×プ調教」シリーズは別格。メーカーのMOODYSさんには、ぜひ長く続けてほしいな。









スポンサーサイト
[PR]

〝Y〟の体験談が本に掲載されました

iryoshuchi.jpg
DVD付きのムック本。ここで買えるよ。


先日、バキュームベッドの記事(こちら)でお世話になった大阪のHHH Osakaさん。実は、別の目的があったんだ。

それは…、エナジーオーガズム。その詳しい体験記を三和出版さんの「医療と羞恥(DVD付き)」に書いてみた。本日発売。

6ページほどの記事なんだ。内容としては、美しい華岡先生の指導による医療プレイや前立腺刺激、そしてエナジーオーガズムの体験が中心だけど、そこで気づいたこと…、今後は、もしかしたら今までとは違うドライへの達成方法がみつかるかもしれないという可能性についても言及してみたよ。

みなさんももし興味があれば、ぜひ。

貴重な体験をさせてもらったHHH Osakaの華岡さん、そして編集の方に感謝!

三和出版の販売ページURLは次の通り。
http://www.sanwapub.jp/shop/products/detail.php?product_id=4341

お知らせでした!






最強のラバーコミック ~ H two より「あるモデルの告白」(天野雨乃)

amano00.jpg
精緻な筆致が素晴らしい。


SMの中でも革拘束というのは日本でも結構歴史があるので(もちろん縄に比べると圧倒的に短いけど)、ビデオや写真集、そしてコミックにいたるまで色々のコンテンツが楽しめるよね。でも、ラバーになると日本で本格的にブレイクしたのはここ十数年という感じなので、実はまだコンテンツがそれほどでもないという気がする。

ビデオに関しては幾つかのレーベルが出てきて、次第に流通する量も多くなってきた。まだまだ海外には及ばないかもしれないけどね。海外だと投稿サイトなどでもラバーは多いよね。

さて、今回はコミックの話。〝Y〟は時々SM系のコミックを買って読むけど、ラバーに関しては本当に少ない。

あったとしても、あのラバー独特の質感がなかなか出ていなかったり、今ひとつ不満があるんだ。

みんな同じような思いを持っているんじゃないかな。あの輝きを出すには相当のテクニックと丁寧さ、根気強さが必要なんだろうね。

そんな中で、唯一、いままで「これはいい!」と思ったのは「H two」という作品集の中のひとつ。ある時ネットでその一コマをみて釘付け。本をすぐに取り寄せたよ。

本全体がラバーというわけではないんだ。その中の短い数ページの1話「あるモデルの告白」という作品のみ。でも、それでも、インパクトは大きくて買った甲斐があった!

amano01.jpg

描いている天野雨乃さんはもともと絵のタッチがとても繊細で美しい。まるですべてのページがグラビアかと思うくらいの丁寧さなんだ。そして、そんな人だからラバーキャットスーツの描き方も半端じゃなく美しいんだ。

それと、ラバーで責められる女性…。ラバーの姿とともに、そのときのラバーの中の表情を隣に並べて描いているのが素晴らしいアイディア!そうだよね。ラバーマスクだと、結局、表情がわからないから、今ひとつ萌えにくいもんね。

amano03.jpg

綺麗なモデルである女性が、実は密かに私生活ではラバーのキャットスーツに全頭マスクをかぶり、弟とセックスを楽しんでいる…というシチュエーション。姉弟で…というのは近親相姦ということで、〝Y〟にとってはあまり萌えるシチュエーションではないんだけど、ラバーの描き方がとても良いので、ついつい、入り込んでしまう。

そして、弟のモノを口にほおばり、そして、最後はバックで果てていく。

実際の生活でもラバーを経験していると、このコミックに書かれたラバーの描写がとても自然に感じられるんだ。おそらく著者も相当しっかりとラバーを観察したんじゃないかな。マスク一つとっても、まるで本物を見ているような感じ。そういうわけで、そのリアルさに、なおのこと萌えてしまうコミック。

というわけで、このコミックをまだ知らないラバリストの方、ぜひぜひ読んでみて!




お気に入りビデオ~005 Bodage Doll 夢野まりあ

yumeno06fl.jpg


〝Y〟の愛するビデオを紹介するシリーズ、今回はこの作品。

BONDAGE DOLL 夢野まりあ」(シネマジック)

映像美がご自慢のシネマジック、そして、革拘束とラバーが楽しめるということで、これは嬉しくて飛びついたビデオ。その後シリーズとなる第1作。シリーズのうちの何作かについては、ここでまた取り上げることもあるだろうね。

さて、当時人気のAVクイーンだった夢野まりあさんだけれど、一般アダルトには無縁な特殊アダルトの〝Y〟(爆)は全然知らなかった!へぇ、こんな巨乳の可愛らしい子がいるんだとビックリ。あとで仕事仲間から「夢野まりあを知らないって、アンタ、バツ!」と言われちゃったくらいに人気だったんだって。

ま、知らなくても、このビデオと出会っただけで十分幸せ。

yumeno01fl.jpg


ストーリーは、これもよくありがちだけど、お手伝いさんにやってきた夢野が(ここから敬称を略させてね)、そこの主人や使用人に革やラバーの調教を受けるというモノ。

なんといっても、まず最初から圧倒されるんだ。

お手伝いさんの姿で現れる夢野が、まず全頭マスクを被った速水にPVCの全頭マスクを着けさせるられる場面。まずここにノックアウト。美女の彼女が全頭マスク!なんて贅沢な!しかもそれを着けさせる速水も革の全頭マスク!この組み合わせにしびれてしまったんだ。

さらに夢野はPVCのグローブ、ストッキング&ブーツ、さらにはボディスーツを着けられ、後手で拘束。

yumeno02fl.jpg


そして金属の口枷を噛まされたり、赤の玉さるを着けられたり…。ボディスーツも途中で替わったり、網タイツをはかされていたり、地下室で繰り広げられるのは、まるで夢野をモデルにしたPVCや革のボンデージ・ファッションショー!そう、タイトルの「BONDAGE DOLL」はダテじゃない。彼女の肉体自体が着せ替え人形になっているというわけ。しかも映像は全体に暗いながらもシネマジックらしく、カメラアングルもよく考えられて美しい。そして、彼女のうめき声が抜群のBGMに。

もうこれだけで何度も何度も見ているこちらは昇天。

yumeno03fl.jpg


そして前半のクライマックスはその地下室のベッドで夢野と速水が二人とも全頭マスクを被ったままセックスするシーン。これは今までに見たことのない演出。嬉しかったなぁ…。というか、これは当時〝Y〟が〝なみ〟とのセックスでしたかった事。それがビデオになっているんだから、もう、食い入るように見てしまった。その後、我々のセックスも同じく二人が全頭マスクを被ったままというパターンが出てくるわけだから、我々の性生活に影響を与えたビデオと言ってもいいかもしれないね。

yumeno04fl.jpg


ま、逆に言えば、このビデオを見てもらうと、〝なみ〟と〝Y〟がどんな性生活をしているかというのがわかっちゃう。(笑)

二人とも全頭マスクで、〝なみ〟は革手枷などで拘束され、それでフェラをさせたり、バイブで責めたり、そして…で、果てる。そんなパターン。

これが幸せなんだから、本当に性というのはいろんな楽しみ方があると思うんだ。

全頭マスクも、最初は嫌がっていた〝なみ〟だけど、今は当たり前に着けるし、ガスマスクさえも、あれほど最初は「苦しくてイヤ」なんて言っていたのが、今は途中で「外そうか?」と声をかけても「このままがいい」となるから、女性も変貌するものだよね。

yumeno05fl.jpg


さらに、ラバーの衣装と、マスクを身につけた夢野がこんどは怪優・平口広美に水責めを受けるシーン。ラバーと水責めはよくある組み合わせだけど、これもあまり当時のビデオでは見かけることがなかったから嬉しかった!SM雑誌で楽しいコラムを書いていた平口さん、この使用人役はなかなか嵌ってたなぁ。

あと、前半のからみシーンだけど、全頭マスクで目とともに露出しているのが口。その唇で指をしゃぶらせる、マスクから顔を覗かせる唇はまるで女性の性器のよう。そこから舌が出てきて速水の指をしゃぶる。これが実に淫靡なんだ。また彼女のやわらかそうな唇そのものの形がこうしたプレイにぴったりの形をしているんだ。このシーンも何度も繰り返し見たなぁ…。

yumeno07fl.jpg


さてさて、大絶賛のこのビデオだけど、一つだけ残念だったのは後半、全顔枷を付けられて鞭で打たれる夢野が歯茎から出血してしまうこと。きっと玉さるを強く噛みすぎたんだろうね。Sといいながら血を見るのが嫌いな「軟弱S」である〝Y〟はこのシーンだけはどうも苦手だったな。玉さる、場合によっては結構な肉体的負担をかけることもあるので、実は注意が必要だということを教えてくれるシーン。皆さんも気をつけようね。

yumeno08fl.jpg


それと、このビデオ、〝Y〟的には全頭マスクが出てくるので得点高いけど、全頭マスクが嫌いという人には評判悪い。仕方ないよね。こればかりは「趣味」の世界だから…。

今も様々な形で販売されている名作。まだ見たことのない革&PVCフェチの人はぜひ!




お気に入りビデオ004 愛奴恵・K 桐島恵(中川えり子) アートビデオ (1985)

nakagawaaido1.jpg


前回、1985年の9月に発売されたシスターLについて取りあげたけど、そうなると必ず名前を挙げなきゃいけないビデオがこれ。2ヶ月遅れの同年11月に発売。実はビデオパッケージにあるタイトルはとても長くて、「妖画SM・SM奴隷契約 桃源郷の女たち[愛奴恵・K]」というもの。

こちらも〝Y〟と同じ世代の方なら涙が出るくらいに懐かしい。そう、シスターLとともにSMビデオの世界に金字塔を打ち立てた…という位置づけのビデオ。SMという特殊な世界を一般の世界に広めた立役者。

シネマジックに対抗するSMビデオの二大ブランドのもう1方、アートビデオ。その名作。ちなみにアートビデオは日本で初めてのSM専門ビデオメーカ-だと言われているよね。

「オレはシスターL派」「いや、オレは愛奴・K派だ…」なんて議論があちらこちらで起きた(?多分…想像だけど)くらいに拮抗する人気。それはそのまま、カラーの違いでシネマジック派とアートビデオ派の議論になっていたような趣があったように記憶しているよ。

nakagawaaido2.jpg


ま、それはともかく、この作品は都会のおしゃれなマンションに一人で住む主人公の桐島恵…というより、中川えり子の方が通りがいいので、そちらの名前を使うね…。その彼女が、奴隷契約書にサインし、黒田透に調教されるというストーリー。

ストーリーそのものはよくあるパターンで目新しさはないかもしれないんだけれど、このビデオは画期的な要素が幾つかあり、それがもの凄い人気を博したと思うんだ。

その一つがもちろん、革拘束。

nakagawaaido3.jpg


オープニングにも、ソフトフォーカスで撮った彼女の部屋での映像から、インサートの形式で、彼女が革拘束をされて吊られる姿が…。これは見た瞬間に思わず全身が硬直してしまったくらいに衝撃的だったよね。思わずビデオで編集してインサートの部分だけをまとめてしまったくらい。シスターLにも登場した全顔枷。それに、手足枷、さらに革ベルトに、硬めの革でできたスキャンティ。うーん、見事な拘束美。シスターLでの菊池エリの豊満な体に施した革拘束の魅力と違い、スレンダーな体に黒革の拘束を施すとどうなるかという見本のような美しさ。

nakagawaaido4.jpg


もう一つは女優の中川えり子自身の美しさ。

それまでのSMビデオって、目鼻立ちの整った美しい女優さんは少なかった印象だよね。そこに突然、美貌の中川が登場したのだから、もう、それだけで大きなインパクトがあったと思うんだ。それにしても、なぜ中川さんはSMビデオへの出演にOKしたんだろう?しかもこの作品が彼女のAV初出演(それまでにっかつなど成人映画の出演歴はあり)。

その後マドンナメイト文庫で彼女の写真集が出たときに、その中の一枚、裸に直接エプロンを付けてキッチンに立つ写真があった。男が誰でも憧れるシチュエーションだよね。で、その笑顔はとても魅力的で、ああ、この娘は本当は明るくて人なつっこい娘なんだろうな…と勝手な想像をしたんだ。

nakagawaaido5.jpg


それはさておき、このビデオでは、黒田透のネチネチした責めを受けるみずみずしい肢体と美貌。そしてそこに怪しく映える黒革。うーん、この淫靡さ、文句なし。とにかく暗いライティングのアートはシネマジックと対照的で、独特の世界を作り出していたよね。黒革が怪しく輝くのはアートならではの世界。

おそらく映画が原点にあるシネマジックと違い、監督の峰一也氏が写真の世界から始め、そして、家庭用ビデオで動画に移ったという成り立ちも一つの要因なんだろうね(このあたりはSMスナイパーでの安田理央さんのインタビューに詳しいよ)。

そして責めは容赦ない。最初は黒田の体を舐めさせられ、そして、バイブなども。それから、ロウ責めと徐々に責めがエスカレート。目白アールのスネークベルトを思わせる黒革拘束具を付けられた上でのバイブ責め。黒田の「あさましい!あさましいい!」というセリフは黒田らしさ全開!

nakagawaaido6.jpg


その後、後半は一転、縄拘束で、尿道責めや浣腸も。実に盛りだくさん。

あくまでマニアが見たいと思う映像を見せる。そこがアートビデオの真骨頂。そこに、個性派の黒田透という役者が加わり、この類い希な世界が生み出されたんだろうね。当時、ライバルのシネマジックはアメリカンボンデージにちょっと似た明るさもあり、一方でアートは和風SMの暗さ、淫靡さがあった。そんなイメージがあったよね。

現在も未公開だったシーンも含めたリマスターのDVDが販売中。

一時代を画した名作。まだ見たことのない人は「シスターL」とともに、ぜひこちらの1本も!

 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.