FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (14)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (12)
風俗 (4)

アルファインのお部屋~403号室「タブー」

alphainn_403_02sh.jpg


SMのテーマパークともいえるホテル「アルファイン」。そのお部屋をこのブログではいくつか紹介してきているけど、本当に、どのお部屋も魅力的。

さて、今回紹介するのも個性溢れるお部屋。狭くても良いけれど、色々と楽しみたい!という人向けの部屋と言ったら、こちら、403号室「タブー」。

休憩(REST)が11,450円で、宿泊(STAY)が20,090円ということで、他のお部屋に比べると安い設定。それはひとえに部屋の面積が狭く、またお風呂もなくシャワーのみということだろうね。

SMチェアもない。

でもね、この部屋にはそれを越えて、魅力が…。

公式ホームページの紹介によると、お部屋の設備は次の通り。

・Suspension (ツリ~滑車)
・X十字架
・スリングーブランコ (SMチェア風ハンモック)
・スパンキングテーブル
・シャワールーム


さて、実際に部屋に入ってみると、まず目立つのがこれ。

alphainn_403_05sh.jpg


そう、ブランコのような、ハンモックのような独特の形状の装置。「スリングーブランコ」。この存在だけでこの部屋を選ぶ人もいるんじゃないかな。とにかく、これが秀逸。

使い方は想像できるよね。そう、SMチェア代わり。女性を乗っけて、そして、局所を攻めたりするわけだけど、ブランコのように揺れるというのが最大の特徴。体がゆらゆら揺れる不安定感はまた、女性の被虐感を増す効果があるんだ。また、男性側も視覚的に、美しい女体が揺れているのを見るのは楽しい!

それとね、このスリングーブランコの周辺は天井にたくさん小さなライトがついていて、座面上を明るく照らしてくれる。これが写真をとったりするにはものすごく重宝するんだ。

ちなみにこのスリングーブランコ、和風のお部屋である501号室「痴乱将軍」にもあるよ。

さて、それ以外にお部屋を見渡してみると、まず、無機質なコンクリート床&壁の雰囲気に目を奪われる。

alphainn_403_03sh.jpg


そうなんだ。このお部屋はまるで地下室をイメージしたような作りになっていて、これがなかなか得点高いんだ。壁のコンクリートに傷のようなものが何カ所も入っているけれど、これは洞窟の壁画をイメージしたようなデザイン。そう、これがまた、殺風景さをわざと際立たせる作りになっている。このデザイン、誰が考えたのだろう。素晴らしいね!

そしてもちろん、磔もできるし、スパンキング用のテーブルも置いてある。さらに天井も吊りができるようになっている。そう、狭いことを除けば、結構色々と楽しめる要素に満ちた部屋なんだ。

ただ、狭いことのデメリットは色々とあるので注意してね。

alphainn_403_04sh.jpg
ん?テーブルにしては形が…。よく見ると手枷が…。
そう、実はスパンキングテーブル!


まず、冒頭に触れたけど、ごくごく狭いシャワーがあって、湯船はないよ。しかもシャワーとお部屋は金属のすだれで分けられているだけ。そして、シャワーとトイレの間は間仕切りがないので、トイレはさらし便器風…あ、これはデメリットじゃなくてメリットになるんだっけ!?(笑)

それと、シャワーブースは狭すぎてソープやシャンプーなどのアメニティ類が置けないので、代わりにお部屋のテレビの横に置いてある。これに気づかなくて、「あ、ソープがない!」と、思わずフロントに電話する人もいるだろうね。

そして、ベッドはやや小振り。しかも、十字架もベッドのそばにあるので、足下はベッドの陰に隠れちゃう。女性の磔された全身を眺めるのが好きという人はちょっと注意が必要だね。

でもね、奴隷と近い距離で1日を過ごしたいという人にはぴったり。

確かに狭いけれど、沢山の責め具で楽しめる「お得」な部屋。みなさんもぜひどうぞ!

alphainn_403_01sh.jpg



この本にもアルファインが紹介されているよ!


スポンサーサイト
[PR]

アルファインのお部屋~401号室「奴隷市場」

alphainn401_2sh.jpg
赤が基調の独特のインテリア


ご存じのようにアルファインには全部で二十数室のそれぞれに異なった特徴のあるお部屋があるんだ。値段も様々。その中で、価格的に中クラスで満足いく部屋というとどこだろう?

まだ全室制覇はしていない〝Y〟だけど、いままで何度か使って非常に満足度の高い部屋というと、こちら、「401号室 (奴隷市場)」だよ。

この部屋、ビデオや雑誌などではあまり登場しないので、知名度はそれほど高くない。ところが実はとても充実しているんだ。つまり、穴場的部屋!

個人的な話をすれば、今から10年以上前、〝なみ〟と初めて使った部屋がこちら。その後SM放浪の旅に出て、最初の頃何度かお相手いただいた素敵なM女性と初めて使ったのもこのお部屋。そして昨年、〝ゆえ〟と出会い、初めて使ったのもこちらの部屋。そういう意味では〝Y〟にとっては大切な人との忘れ得ぬ「初プレイ」に縁のある部屋ということになるね。

さらに、比較的最近リニューアルされたので、かなり綺麗で使い勝手の良い部屋になっているよ。

もし初めてこのホテルを使う人で、人気のお部屋、例えば、101号室、102号室、603号室などが満室の際、こちらを確かめてみて。もし空いていればラッキー!ということに。

alphainn401_3sh.jpg
壁にはもちろん小道具類も


ホテルの公式HPの説明によると、設備は以下の通り。

・Suspension (ツリ)
・X十字架
・宇宙遊泳
・変形椅子
・ブローバス


alphainn401_1sh.jpg
もちろん、ベッド横は鏡が…。


普通のラブホではともかくも、アルファインでブローバスがあるというのは珍しいね。

この部屋のベッドには手足枷もついている。

X字架については、以前は体をそのまま回転できるものだったけれど、今は回転不可。

ツリもあるので、縄が好きな人も楽しめる。

お部屋のインテリアは洋風。やや古風なギリシャ的な要素は最初の頃の内装の名残かな。床、そして天井の「赤」を基調としたお部屋の色合いは苦手な人もいるので、その点は気をつけてね。〝Y〟も以前、ご一緒した方で「あの部屋の赤い雰囲気だけは苦手なので避けて下さい」という人もいたので。

お値段はまさに中クラス。

2時間の休憩(REST)が14,690円。そして宿泊(STAY)は25,690円という具合。

alphainn401_6sh.jpg
宇宙遊泳はやっぱり楽しい!


この部屋の良さは何と言ってもほどよいコンパクトさ。X字架でのプレイの直後に数歩歩いてそのままベッドになだれ込んでのプレイも容易。以前、604号室の時にも触れたけれど、やはり、お部屋のコンパクトさっていうのは、色々な責めを行うのにはメリットとなりえるんだ。

一方、コンパクトな部屋ながら、背もたれの角度調整が簡単にできるSMチェアの「宇宙遊泳」が設置されているのも得点高い!このファンの多いSMチェア、他はもっと値段の高い部屋にしか置いていないから。かなり大型の「宇宙遊泳」を置いていても圧迫感のないほどよい広さが確保できる。その空間で吊りをしたりも楽しめるんだ。

それと、このお部屋にあって非常にユニークな設備が、公式には「変形椅子」と呼ばれている設備。他の部屋にも同じ名称のものはあるけれど、この部屋のものはちょっと毛色が違う。

はい、これ

alphainn401_5sh.jpg


初めて見た人はどう使うんだろう?と絶対に戸惑うはず。説明書も何も無い。

だから、〝Y〟が使っている方法が正しいかどうかはわからないよ。でも、多分、こう使うんじゃないかな…。モデルは〝ゆえ〟です!

alphainn401_5bsh.jpg


そう。仰向けに頭が下になるように奴隷を寝かせる。そして、両手を革の手枷で拘束した上で両脚を強制的にがに股開きにさせる。そして、局所を責める…そんな素敵な道具なんだ。これを見たとき、一体誰が、どういう風に発想して作ったんだろうと、それはもう、感動に打ち震えてしまったね。

もし、これがどこかメーカーの製品ならば、そのメーカーに入社して製品開発の仕事をお手伝いしたい!と思ったくらい。

密度の濃いプレイを楽しんだあとはお風呂へ。お風呂は冒頭にふれたようにジェットバスというのも珍しいし、とにかく浴槽が広い。また、トイレ併設だけど空間自体は広いので、そこでゆったりまったりとプレイの疲れをとるのにもちょうど良いんだ。もちろん、バスルームはプレイルームからガラス窓で見えるようになっているよ。〝ゆえ〟にはじめて飲尿をさせたとき、その映像を撮るのにバスルーム内ではレンズが曇ってしまうので、プレイルームからガラス越しに撮影をした。そんな使い方もできるよ。

そういうわけで、401号室「奴隷市場」はアルファインの中でも得に満足度の高い部屋。

みなさんも、このお部屋が空いていれば、ぜひ!

alphainn401_4sh.jpg
暗い中にX字架が浮かび上がる雰囲気は抜群!



この本にもアルファインが紹介されているよ!


アルファインのお部屋~102号室「スワップ地獄」

alphainn102-5sh.jpg


アルファインのお部屋紹介、今回は広く贅沢なお部屋、102号室「スワップ地獄」。

101号室の「火の鳥」、603号室「巌窟王」と並んでアルファインを代表する部屋じゃないかと思うんだ。

それが証拠に、AVにもよく登場する。そして、この部屋はその広さを活かして、本格的な檻があるのも珍しい。また、広いのだけど、101号室と違い、ベッドルームとプレイルームが二つに分かれているのも特徴的。そこは賛否別れるかもしれないね。

まず、大型設備は以下の通り。

・Suspension (ツリ)
・十字架
・X十字架
・オープントイレ
・宇宙遊泳
・馬
・檻
・診察ベッド
・ギロチン
・ぶら下がり健康器
・尺八専用便女


ベッドには手足枷が2組ついているのも特徴。そう、2人の奴隷をベッドに同時に拘束できるというわけ。
完全にスワップ仕様だね。

十字架も横並びに2台あるので、カップルで隣同士で責めることも!

alphainn102-4sh.jpg


檻はかなり広く大きいので、二人の奴隷を同時に立たせたまま入れても十分に余裕があるよ。

値段はやはり最高級。レスト(休憩)が17,930円、ステイ(宿泊)が34,530円。

でも、それだけのことはある。この部屋であれば、SMのほとんど全てのプレイができるといっても過言ではないくらい。

責め具の数々を全部使おうと思えば、一晩中、寝ないでプレイを続けても、おそらく使い切れないんじゃないかな。

お風呂も、トイレももちろん、プレイルームからのぞき込むことができるようになっている。

alphainn102-1sh.jpg


何よりも、赤を基調とした、全体の暗いムードが実に良いんだ。壁はレンガというのもダンジョンを思わせて、抜群の雰囲気。

そしてかなり大きめの鏡が設置されているので、羞恥責めも楽しめる。

ところで、この部屋は〝Y〟が若い頃に衝撃を受けたビデオの撮影に使われていた。何度かこのブログでも触れたけど、六本木にあるセビアンが通販のためのビデオカタログを作ってた。その中でのプレイシーンがこの部屋だったんだ。そこで、革具を身につけさせられた顔立ちの整った女優さんが嫌々ながら革製の突起のついた猿轡をされ、そして、革の馬の上でムチで打たれるシーン。何度繰り返して見たか…。そして、何年もたって、それと同じシーンを同じ部屋で再現できたとき、本当に嬉しかったよ。

alphainn102-2sh.jpg


このブログを以前から見てくれている人は、〝なみ〟をモデルに、この部屋で撮影した写真を何度か目にしてらっしゃるはず。そう、〝Y〟にとっては非常に思い出深い部屋なんだ。その後、何度か使ったけれど、今は〝ゆえ〟をぜひ連れて行きたいと思っているよ。

さすがに人気のある部屋だから、ここが空室になっているとラッキー!

だから、みなさんも、空室表示をみたら、少し高いけど、頑張ってぜひこの部屋を体験してみて欲しいな。

SMの全てが味わえる。素敵な部屋だから。

alphainn102-3sh.jpg



この本にもアルファインが紹介されているよ!


アルファインのお部屋~604号室「狂い十字架」

alphainn604-1sh.jpg
SMの基本、十字架!


追記:
2017年1月現在、ホテルの公式ホームページを見ると、このお部屋、改装されたようです。とても綺麗になって水回りも改善されたという評判。益々オトクなお部屋ですね!



アルファインのお部屋紹介、今回は604号室「狂い十字架」。

このお部屋、実は他のお部屋がみなふさがっている時でも、かなりの確率で空いているんだ。というわけで、〝Y〟は何度か利用しているお部屋。でもなぜ?

大型設備は以下の通り。

・変形十字架
・SMチェア
・サスペンション(ツリ)


ベッドには手足枷がついている。もちろん、ムチや首輪などの小物は揃っているよ。

うーん、他の部屋に比べると、ずいぶんと物足りない?

実際、値段もレスト(休憩)が11,450円、ステイ(宿泊)が20,090円とアルファインの中ではかなり安い価格設定。

一つ、決定的なのは内装の古さ。改装の少しずつ進むアルファイン、その中にあって、最も古い形を残している部屋じゃないかな。

そして、水回りがやや不便。シャワーや洗面台の水の出が悪いことがある。そして、浴室のドアの立て付けもやや難があり。

alphainn604-2sh.jpg
標準的なSMチェアもあるよ。


うーん、じゃ、この部屋しか空いてなければ、はずれ?

いえいえ、実はこの部屋には隠れた魅力が。

その1。明かり。

実はこの部屋、すべての電灯をともすと、かなり明るいんだ。アルファインの部屋って、照明が暗めの部屋も多いから、この部屋の明るさは嬉しい。特に撮影をするのに楽なんだ。ほら、愛奴を写すのにフラッシュって使いたくないじゃない。陰影がなくなるから。かといって、他の部屋では三脚などを使わないと、暗すぎてブレちゃうところも。

この部屋の明るさだと、カメラの設定を画面が荒れないレベルで高感度にすれば、かなりきれいに撮れる。それが魅力。

その2。コンパクトさ。

別の部屋の時にも書いたけど、部屋がコンパクトなのって、悪いことではないんだ。そりゃ、広い部屋だと、いろんな楽しみ方ができるよね。でも、コンパクトだと、移動の手間がはぶける。つまり、十字架やSMチェアで長時間相手の女性を責めたあと、くたくたになった女性をベッドに移す際、すぐそばにベッドがあれば便利だよね。これがたとえば203号室のように別室にベッドがあるとなると、快楽で意識を失いそうになってフラフラのM女性を連れて行くのも大変かも。

部屋が小さいと言っても、SMプレイの王道である十字架とSMチェアがあれば、ボンデージ趣味の人にとってはかなりのプレイが楽しめる。しかも、ちゃんと一方の壁には鏡がはめ込んであるので、SMチェア、十字架ともに、拘束された女性が自分の姿を鏡で見ることができるんだ。そう、ちゃんとかゆいところに手は届く。そこがアルファインならでは。

alphainn604-3sh.jpg
お風呂が狭く、水の出が悪いのだけが不満。


だいぶ前の事だけど、かなり経験豊かなM女さんをこのお部屋にお連れしたことがあるんだ。アルファインはよく来ているといっていたけど、いつもは別の広い部屋でプレイをしていたらしい。この日は月曜日の朝ということもあり、この部屋しか空いてなかったので、恐縮して、この部屋で満足してくれるかなぁと心配だったけど、杞憂。

SMチェアで1時間半、十字架で1時間、そしてベッドで1時間ほど責めたら、彼女、十分満足してくれた。

要は「キホン」はしっかりしている部屋だということ。あとはS男性の知恵でお部屋の使い方はいかようにも!

というわけで、この部屋しか空いていない!とガッカリせず、ぜひ使ってみて!そして、この部屋ならではの楽しみを見つけてみて!

アルファイン、また〝ゆえ〟を連れて行きたいなぁ…。


この本にもアルファインが紹介されているよ!

アルファインのお部屋~505号室「萬華鏡」

alphainn505_1sh.jpg
コンパクトで使いやすい。
そしてそこここに鏡が!


時々お届けしているアルファインのお部屋紹介、利用されるみなさんの参考になるといいな…。今回は505号室「萬華鏡」。

アルファインのお部屋のネーミングというのは本当に味わいがあるよね。もちろん、意味がある名前。万華鏡って、筒の中は鏡の組み合わせになっているでしょ?このお部屋は…その通り、壁、そして天井に鏡が…。

大型設備は以下の通り。

・吊り用滑車
・SMチェア
・十字架


もちろん、ベッドには手足枷がついている。当然小道具も壁に掛かっている。

設備としては少ない方かな。でも、何と言っても4つの壁、それぞれにサイズの大小はあるものの、鏡というのはうれしい!

吊りの設備もあるので、縛って吊った女性を鏡を通して眺めるのもSとして最高だし、Mとしても縛られている自分を鏡で眺めるのはますます快感を増すことになると思うな。

alphainn505_2sh.jpg


何よりも鏡というのは、普段は見えない相手の後ろ側が見えるというのが新鮮な感覚。しかも、それも2枚、3枚と組み合わせる~つまり、壁2面、3面を通すことによって様々な角度からの相手が、そして自分が見える。つまり、自分たちのプレイがより立体的に見えるんだ!まるで自分たちをビデオに撮影して、それを見ている感覚。これはクセになるよ。

相手を鞭で打つプレイ。これって、相手に尻を出させて、そこに打ち付けていくと、通常はM女性の後ろ姿を見ることになるよね。ところが、この部屋だと、鏡越しに相手の表情も見える。そして鞭を打ち付けているSとしての自分の姿も。

これはもう他の部屋が利用できなくなるくらいの魅力!!!

alphainn505_3sh.jpg


SMチェアも使い勝手の良い標準的なもの。そのままだと胴体と足を固定できるけど、さらに、壁の小道具一式に掛かっている手かせを頭の部分に取り付けられるようになっているので、手の拘束もできる。

おもしろいのは十字架。なんと、床の部分が透明な板になっていて、その下には蛍光灯が。

そう、女性の下半身を照らすことができるんだ。局部が明るくなるので、鏡に映したときにはっきりと見える。これも女性の羞恥心をあおる仕組みだね。

alphainn505_4sh.jpg


ただ、公式HPの写真と違って、部屋全体はすべての明かりをつけてもかなり暗い。この点は撮影を楽しみたいという方には注意。そして鏡も普通の鏡と違って、反射面はやや暗くなっている。想像するに、法律の関係で、通常のガラスの鏡とは材質が違うのを使っているのかもしれないね。

滑車は1台。そして天井にフックが何カ所かあるので、吊りで責めたりするプレイにも使える。

お風呂は狭いけれど、水回りは特に問題なくOK。

お値段は休憩が12,530円、宿泊が23,530円。

部屋はさほど広くはないけれど、逆に言えばコンパクトにまとまっていて、とても使いやすい部屋だと思うよ。

鏡張りの部屋は普通のラブホテルではあまり目にしないし、実際にその中でプレイをしてみると、とにかく楽しいので、ぜひ、一度、みなさんにも体験してみてほしいな。

〝Y〟にとっては、空いているとぜひ使いたくなる部屋の一つだよ。



この本にもアルファインが紹介されているよ!



 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.