FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

鏡とディルド(張り形)の魅力的な使い方

dildo2017_03bflsh.jpg
鏡に取り付けられたディルドを前に、
もじもじしてしまう〝ゆえ〟。


ペニスの形を模したディルド、日本語では張り形とも言うよね。主に女性が自慰のために使う道具だけれど、SMの世界でもしばしば女性を責める道具としても出てくる。自分で膣に入れさせたり、あるいはフェラをさせるというのが使い方。

〝Y〟はディルドを1本、奴隷である〝ゆえ〟に買い与えている。日頃のオナニーで使い、性感のトレーニングさせるためと、これを使ったオナニー写真を〝Y〟に送らせるため。

評判の良い、「みちのくディルドJr」。10年以上前から人気のある「みちのくディルド」だけど、Jr(ジュニア)というからにはその小型版。小型といっても、平均的な日本人のサイズから比べれば、決して物足りないことはないよ。

そのディルド、先日のプレイで〝ゆえ〟に持参させた。実はちょっと珍しい使い方をしたかったんだ。

そう、上記の写真のように、洗面台の鏡の上に取り付ける。みちのくディルド、かなり強力な吸盤が底面についている。これがまた、人気の秘密。

そして、それを奴隷に丁寧にフェラさせているところを堪能し、さらに、背後からバックで犯すというワケ。もちろん、そのお尻と背中にはスパンキングや鞭を入れて…。

というわけで、想像をたくましくしながら当日。

〝ゆえ〟、ディルドをバッグから取り出す。

「ちゃんと洗っているか?」

恥ずかしそうに頷く〝ゆえ〟。

さっそく鏡に取り付ける。ちょうど洗面台をはさみ、上半身を伸ばして口のあたりにディルドが来るように高さを調整してみる。

鏡に一本張り形が飛び出している姿は本当に不思議。色こそ明るい肌色だけど、形はリアルだから、鏡の向こうに男性がいて、本当に自分のものを突き出しているように見える。

さぁ、これからがお楽しみ。

彼女を鏡の前に立たせ、やや前屈みの姿勢で、ディルドを丁寧にフェラさせ始める。

それをしばらく横から眺めたあと、背後にまわり、彼女の中に自分のものを挿入する。ぬめりとした暖かさが伝わってくる。うん、心地良いね。

そして、快楽をさっそく感じながらも、一生懸命にディルドを咥えたり、舌でなめ回したりしている〝ゆえ〟の姿を後ろから鏡越しに見る。

さて、ディルドを壁でなく、鏡に取り付けることのメリットは複数あるんだ。

まず、奴隷の表情。人間は本能的に鏡を見ると、目が大きくなる。これは不思議だけど、本当。女性のもっとも魅力的なポートレートを取りたいときは鏡に向かっているときを撮影するといい。これは〝Y〟が若い頃に気付いたこと。女性だけじゃないよ。男性も鏡を見た瞬間、目の開いている面積が自然と大きくなる。本人は自覚していないけど。

だから、奴隷も、張り形に向かい合うとき、その先が鏡であれば、目は大きく見開かれる。これが〝ゆえ〟のようにつぶらな瞳の持ち主であれば、益々魅力的に!

そして、二番目のメリット…。

それは写真の通り。

dildo2017_02flsh.jpg
次第に自分の世界にのめり込み、
ディルドへのバキュームも激しくなる。


そう、奴隷が2匹に増えた!

そう錯覚してしまう。なんと贅沢なシチュエーションだろう。

そして三番目のメリット。ディルドをしゃぶる〝ゆえ〟をバックで挿入していると、もちろん、彼女のお尻や背中の姿を楽しめるけど、鏡に映った彼女の表情も楽しめる。つまりバックでは通常目にしない、相手の苦悶の表情が見て取れる。それだけじゃないんだ。その姿はディルドを咥えた表情。そう。普段は自分のモノを咥えてくれているときは上方からしか、その顔を見ることができない。すると、よほど上目遣いにさせないと表情がわかりにくい。

が、鏡越しだと正面からのフェラの時の表情がわかる。これは嬉しい!

というわけで、ディルドを鏡に取り付けたプレイ、これは猛烈な興奮をご主人様にもたらすんだ。

バックから責められ続ける〝ゆえ〟、「あぁぁ~」と良い声で鳴いている。

dildo2017_04flsh.jpg
ご主人様が着用しているタンガーのジップが開かれ、
ご主人様のものが膣に…。そしてバックから責められる…。


「ゆえ、おまえはスパンキングが好きだよな。このままご主人様に入れてもらいながら、スパンキングするか?」

「はい、ご主人様、〝ゆえ〟のお尻をご主人様のお手でぶって下さい!」

パーンという張り詰めた鋭い音が室内に響く。

そして、〝ゆえ〟は目を閉じてディルドを咥えたまま、「うぐっ」と、言葉にならない叫びを上げる。

時折、目を開き、スパンキングされている自分の姿を鏡越しに見ている。

そして〝ゆえ〟の膣はお尻への打撃と同時にキュンと締まってくる。

ああ、ご主人様は最高に楽しいなぁ…。前戯の軽いプレイとしてはなかなかのもの。これから始まるプレイが楽しみだ!

dildo2017_06flsh.jpg
ディルドの下には涎の海が…。


さて、この日、すべてのプレイが終わった後、〝ゆえ〟に何気なく尋ねてみた。

「俺がお前にディルドを持ってこいと言ったとき、どんなプレイをすると思った?」

「ご主人様が今日会おうと指定してくださったホテルは、ガラス面の小さなテーブルがあるので、そこに取り付けて、それを跨いで挿入するのだなぁと想像していました!ご主人様はそれを下からのぞき込んで楽しんで下さるとか…。」

嗚呼!その手があったか!

そして〝ゆえ〟、そんな想像をしていたのか!〝ゆえ〟は本当にあきれるくらいスケベな奴隷だ。

今度は、絶対そうしよう。(笑)

dildo2017_05flsh.jpg
そして使い終えたディルドからは涎が垂れている。





スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

開口具(フェイスクラッチマスクなど)に安全の工夫を

facecrach2017_01bshfl.jpg
フェイスクラッチマスクなどの開口具は
美しい顔立ちの女性に装着すると、インパクト大。


今回は以前書いた記事の続編…というか、より詳しく書いてみたよ。

開口具、SMボンデージでは重要なアイテムだよね。

女性の口を大きく開かせて、固定。そして、そこに男性が自分のものを突っ込んでプレイをするというのは、非常に加虐心を満足させるプレイ。

開口具も様々にあるけれど、特に金属の排水口を流用したものはまさに女性の口を汚物処理に使うようで、さらにグレードが上がるよね。以前、ここで紹介したフェイスクラッチマスクは中でも、最高峰(こちらの記事)。

そしてそのフェイスクラッチマスクには実は種類が幾つかあって、以前紹介したものの他にも、ソフトタイプやハーネスのついていないものも。

現在は例えば、天ノ介さんのサイト別の販売サイトセビアンさん、そして、名称やデザインはやや異なるけど、わいえふ工房さんエピキュリアンさんなどで購入することが出来る。

facecrach2017_04shfl.jpg
これがそのソフトフェイスクラッチマスク。
でも、女性への体への負担も大。


facecrach2017_06shflb.jpg
裏返してみると、開口部、薄いゴムが貼り付けてある。
でも、これだけでは心もとない。


でも、一つ気をつけなければいけないことがあって、それは口に直接当たる部分、そう、排水口の部分なんだ。実は加工されてなく、金属むき出しの場合が多い。あるいは、薄いゴムが貼ってあるか、プラスチックのカバーがしてあるか…。いずれにしても、歯が直接当たるのだけど、結構、ダイレクトに硬さが伝わってくるのでやや不安。

人によっては歯が弱い人もいる。大切なM女性の歯にダメージを与えるのはマズイよね。

そこでどうするか?一つは板ゴムを買ってきて貼り付けるという方法がある。でも、ゴムというのは、ある程度の衝撃を吸収するためには厚さが必要。そうなると、開口部分の円周にそって曲げるのが難しかったり、あるいは、ゴムは重いので、その重みが顎に加わることになるのも心配。

何かないかな…と、数年前探していたら、東急ハンズでこんな製品を見つけちゃった。

facecrach2017_03shfl.jpg
これがそのパッケージ。


「静カツPRODUCT」というブランドの「微振動減衰 LINE PAD」(ソフト)というもの。

もともと、電子機器の底面に貼って振動を吸収するというものだけど、ある程度の厚みがあり、クッションとしてはちょうどいい。材質はマイクロセルポリマーシートの「PORON」というもの。これをテープ状にして、背面には両面接着テープが。ハサミで切って使うだけ。ちょうど半分の長さに切ると、排水口の円周にほぼぴったり!とてもソフトな材質なので、ちょうど、ドアや窓に取り付ける隙間テープをイメージしてもらうといいかもしれないね。

さっそく購入してフェイスクラッチマスクにつけてみると…、うん。これはいいね!

facecrach2017_05shflb.jpg
色も黒に近いので違和感がないよ。


もちろん、そうは言っても、もともと金属の排水口、強く噛まないように奴隷には指示をしなければいけないけれど、とりあえず、クッションにはなるので安全性は高まるよね。

というわけで、こうした開口具には便利な道具だと思うよ。

ただし、こうした工作、および改造は自己責任でね!




口が開かない女性とボールギャグ

smallgag201705_2flsh.jpg
ほぉら、〝ゆえ〟の口から涎が流れ、
そして、どんどん下に落ちていく…。


ボールギャグ、SMグッズとしては定番中の定番。特に革拘束のボンデージではいろはの「い」のようなもの。

〝Y〟も大好物。その思いはこちらの記事にもかつて書いた事がある。

〝Y〟はボールギャグだけで多分20個くらい持っているはず。なんでそんなに必要なのって思うよね。

もちろん、ハーネス付きだったり、素材や色が違ったりというバリエーションの違いが大きい。

あともう一つ。「大きさ」もあるんだ。

標準的なボールギャグのボール部分。直径がどのくらいあるか知ってる?日本では43mmというのが標準。これ、ゴルフボールの大きさなんだ。

ところがね、女性の中にはこの大きさだと口に入らないという人も。

いわゆるおちょぼ口だったり、あるいは顎の動きがあまり良くないと、こういうことがあるんだ。

自分の指三本を縦にして上下の歯の間に入るかどうか自分で試してみて…。無理なく入れば標準的な開口時の大きさはクリア。普通のボールギャグが使用できる。

ん?あなた、入らない?

もし入らなければ、顎に何かしら問題を抱えている場合があるよ。一番多いのは顎関節症。あれって、いわゆる顎が外れる状態と思っている人がいるけど、それだけじゃなくて、口が開かない、口を動かすと音がするなど、色々な症状が。指が三本はいらない人はまず顎関節症を疑って、口腔外科や整体、カイロプラクティックなどで診てもらうのが一番。

いずれにしても、この状態ではボールギャグが入らないのは間違いない。

SMの基礎なのに、そのボールギャグが入らないって、悲しくない?

うん。でも、そういう場合は愛する奴隷の健康が一番だから…ということで、無理強いせずに、棒状のバイトギャグやソフトなスポンジのボールギャグなどを代わりに使うことになる。それで楽しめればそれも良し。

でもね、やっぱりあの穴の開いたプラスチックのボールを咥えさせ、そこから涎がしたたり落ちるのを見て楽しめるから良いのであって…。

という人には、実は小振りなボールギャグというのがあるんだ。たとえばSMグッズの老舗、エピキュリアンではやや小さめのものも販売していて、こちらは41mm。たった2mmの違いと思うかもしれないけど、円周でいえば6mm小さいことになるから、見た目はあまり変わらなくても、咥えた時の感覚は相当違う。

ただ、この大きさでも大きい!という人はいると思う。そうすると、次の選択肢としては、虜プレミアム 口枷(小)というのもある。「虜X」シリーズのボールギャグで、「大」「中」「小」と3種類、色も黒とピンクの二種類。「小」を選べば、こちらはなんと36mm。圧倒的に小さいんだ。もっともボールには穴が3つだけということで、デザインには賛否両論あるかもしれないね。

smallgag201705_1flsh.jpg
これがその「虜」のボールギャグをした〝ゆえ〟。
全頭マスクをして、口が開きにくいときに使うと便利。


どうしてもボールギャグで…ということになれば、この商品を選ぶのは良い選択。

それにね、こうした小さなボールギャグを咥えることに慣れれば、次第に大きめのギャグも咥えることができるようになることもあるんだ。実は〝ゆえ〟も最初は、口の開きが悪かった。ボールギャグは合格だったけど、それより口を大きく開くサディオカフやフェイスクラッチマスクは無理だった。ところが、〝Y〟の奴隷になり、日々ボールギャグを咥えていると…半年ほどでサディオカフが、そして8ヶ月ほど経ったら、なんとフェイスクラッチマスクも装着できるようになっちゃった。こういうこともあるのだね。

とはいえ、顎関節症の人に無理を強いるのは良くないので、お医者さんが勧める次の訓練法で、次第に口の開きを訓練するという方法もあるよ。
http://www.gakukansetu.com/sp_kaizen/

ただし、非常に重要なことを一つ。顎はとてもデリケート。自己流の訓練ではかえって悪化させてしまうこともある。だから、病院で専門医にまず見てもらうのが良いと思うな。それに、本格的に治療をすれば、猿轡を楽しめるだけでなく、日常生活でも肩こりや頭痛が軽減されたり、顔のゆがみが直ったりと、良いこともたくさん!

ボールギャグを咥えるための治療や訓練で、全身が健康になる。思い当たるM女性、ぜひ医師の指導を受けてみて!







革具の話~09 アームバインダー(アームザック)は欲しい!

armbinder201701_03flsh.jpg
このところ二人の定番となっているグッズ。


明けましておめでとうございます!

2017年、みなさんのボンデージ&SMライフが実り豊かな年になりますように。

今年も当ブログでは〝Y〟と〝ゆえ〟の様々なプレイや、プレイを通して考えた事などを紹介していくね。

昨年は〝Y〟にとって〝ゆえ〟と出会うという衝撃的な出来事があった。いままでの人生で生きてきて最高の出来事の一つ。そして、今年はその関係をどう発展させていくのか…、本当に楽しみだよ。

さて、今回のテーマは〝Y〟にとっての原点、革具、そして、その中でも、ボンデージの象徴的な道具であるアームバインダーのお話し。

革ボンデージ、発祥の地であるヨーロッパ、そしてアメリカのビデオや写真などを見ていて、よく登場するのがこのアームバインダー。アームザックという名称でも知られている。

両手を上腕から背後で拘束してしまうので、女性の上半身の動きは完全に拘束されてしまう。手枷などと比べると拘束感は容赦ないよ。さらに、足も拘束していれば、まず、確実に全身の動きを封じてしまう。しかも、普段の人間の動きにはない、無理な姿勢でのタイトな拘束なので、腕も長時間するとしびれてくる。くれぐれも相手の状態をみて、無理をしないようにね。

アームバインダーの先は大抵リングがついている。そこから縄で上に引っ張り上げてもいいし、あるいは、うつ伏せにし、そこから全頭マスクの上部に結びつけて海老反りにさせるも良し。いろんな責め方で遊べる。ボンデージ好きのS男性にとっては絶対に一つ持っておきたいもの。

で、このアームバインダー、日本のメーカーも作っているよ。たとえば目白のアールでは「アームレス」という名称で売られている。値段は33,000円。エピキュリアンではアームザックという名称で、11,000円。

ただ、両者を見て思うのは、腕の拘束という点では確かに、立派な商品なのだけど、アームバインダーの魅力を伝え切れていない気がするんだ。

それはね、どちらもカタログ写真を見ると、腕は拘束されるけど、デザインがやや大ぶりで、ぴたっと腕を締め上げないんだ。安全上の理由かもしれない。

でも、欧米の製品の写真をみると、見事に腕の形にフィットして、シワ一つ無い、美しいまでのタイトな拘束感。まるで二の腕が縫合手術で一つになってしまったかの如く。しかも鳥の手羽先のような形に変形。この加虐感ははんぱない!

で、こうした製品、海外サイトで購入しようとすると、少し敷居が…。例えば、オーストラリアのRestrictedSenses の製品。これは本当に美しい!
https://www.etsy.com/jp/listing/210905870/bondage-leather-armbinder-lacing-custom
値段は3万円程度。ただ相当タイトなので、着せる人の体がしなやかでないと難しそう。そして、何より、サイズがオーダー受注なので、製作者と事前にやり取りをしなければならないようだね。でも、Minaさんとおっしゃる日本人女性が作っていらっしゃるので、もしかしたらやりとりは日本語でも大丈夫かも。いつかはこの製品を買ってみたいね。

でも、とりあえず、安価でお試しとして安い製品を買うのは一つの手だと思ったんだ。実際、日本のサイトでも安価な商品を売っている。ただ、残念なことに耐久性を考えると、バツ。たとえば何年か前に「ソサ*テ*」というブランドのを購入したことがあるけど、2度目の装着で、バンドがちぎれちゃった。やっぱり、こうした製品は大きな負荷がかかるから頑丈でないと…。安い製品で評判の良いものはないかなぁ…。

armbinder201701_02shfl.jpg
奴隷の〝ゆえ〟を簡単に肉だるま状態に落とし込める。


ある日、中国サイトのAliExessを見ていたら、気になるアームバインダーが数種類。値段は日本円にすれば1,500円くらいから3,000円位まで!さすがにAlibabaのサイト、安い。

中国サイトというのがちょっとだけ気になるけど、一応、クレジット決済は使い捨ての「Vprica」を使えば、さほどセキュリティは気にしなくていいし…、と思案。

各ページの説明を見ると、それぞれレビューが載っている。それを読んでみると…。

良い点、悪い点、レビューされている。そして製品によっては良い評価がほとんどないものもあれば、別の製品はかなりの高評価。その中でも一番評価の高いアームバインダーに注目。

悪い点。サイズがアジア人向けなのか小さくて、入らなかったというアメリカやヨーロッパのユーザーが複数。一方で、作りがしっかりしていて良いというレビューも複数。中には「値段から考えると信じられない良い造り」との評価も。まとめると、サイズは小さめだが、作りはしっかりしているという評価になりそう。

サイズの小ささは、おそらく、白人サイズには…ということ。そして〝ゆえ〟は細身。うん、これは大丈夫な可能性が高い。17ドルちょっと。

だったら、この値段。ダメ元で買ってみても良いね…。

ということでポチ!

1週間ほどで届いた製品、袋を開けてみると、確かに意外としっかりした造り。

これが本当に日本円にして2,000円程度?驚いたよ。

ということで、〝ゆえ〟のとプレイの日、取り出して装着したら…。

素晴らしい!確かにフェイクレザーだし、厚みもそれほどはない。でも裁縫は比較的しっかりとしている。そして、デザインが良いね。中国の製品、ヒドイものも多いけど、良いモノは良いね!決して長持ちする製品ではないだろうけど、しばらくは楽しめそう!

装着した姿は欧米のビデオで見るアームバインダーに匹敵。腕を完全拘束された〝ゆえ〟、こんな感想を漏らしていた。「肉だるまみたいですぅ!」

肉だるま、ご存じの方も多いでしょ。かつて都市伝説のように伝わった話。日本人の若い女性がアジアの某国で行方不明に。その後ある国で発見されたときには見るも無惨な姿に。手足を切断されて、ベッドの上に置かれ、生きたまま男たちの慰めものになっていたという…。

nikudarumamomoyama.jpg
桃山ジロウ「監禁凌辱」(松文館)より


あるいは桃山ジロウのコミック「監禁凌辱」に登場する肉ダルマ装置。女性が箱状の機械に入れられて手足を拘束。完全に動けない形で、栄養と排泄だけ保証される。あとは、1日24時間ひたすら性の快楽だけを与え続けられる…。

そんな妄想を手軽にプレイ中に装着されたM女性もできてしまうアームバインダー。

みなさんもぜひ一つ!






革具の話~08 口穴マスク(全頭マスク)の楽しみ

kuchianamask2016_03flsh.jpg
完全に視覚を奪われた〝ゆえ〟。


革の全頭マスク、お好きな方も多いでしょう。〝Y〟も大好き。あらゆる革具の中で猿轡の次に好きかなぁ…。実際、数えてみたら、全部で10着も!さらにラバーのものも数えたら10着。あわせて20着。同時に奴隷を20人飼っても大丈夫。あっ、悪い冗談だけど…。(笑)〝ゆえ〟に全部試すのにどのくらい時間がかかるかなぁ…。

もちろん、全頭マスク(英語ではHood)は全部それぞれに仕様が異なっているんだ。

えっ?そんなにいろんな種類があるの?と思う方。

たとえば、革具で有名なアール(目白)のホームページをのぞいてみるといいよ。かなりの数が製作&販売されているから。

で、いちばん王道なのがたぶん、目と口の部分が穴になって開いているタイプだと思うんだ。上記、アールでは「目口穴マスク」とシンプルな名前がついているよ。

で、〝Y〟はこのタイプを愛用していることは以前書いたよね。(こちら

これ、奴隷にかぶせると、目と口が空いているので、行動をとるのに何も支障はないはずなのだけれど、実は耳の部分が覆われてしまうので、やや聴覚が不自由になる。そうなると、それだけでも拘束感を感じるらしいんだ。

で、目の部分をアイマスクで隠せば、相当な拘束感になる。で、「目口穴マスク」にアイマスクの組み合わせよりももっとスゴイのが、もともと目の部分が開いていない「口穴マスク」という製品。こちらになると、かぶせられている間、視覚が完全に奪われてしまう。目隠しだと、たまにすきまから外がうかがえるけどね。これだと完璧。目自体も軽く圧迫することになる。おまけに後ろが編み上げ式になっているから、装着させられると自分では簡単にははずせない。その精神的な拘束感も非常に強いんだ。

ただ、Sの立場からすると、奴隷の目の表情を見ることが出来ないので、相手の気持ちを読みとるのが難しくなる。ま、逆にいえば、奴隷の表情をうかがうことなく、情け容赦なく、完全に奴隷として扱えるわけだけどね。それと、M性が強い女性だと、実は顔の表情が読み取れなくても、体全体に表情のような反応が出てきて、おおよそのことはわかる。

kuchianamask2016_01flsh.jpg
スポンジタイプのボールギャグを咥えさせ
クローゼットに閉じ込める…。


さて、このマスクを2度ほど〝ゆえ〟に装着してみた。

すると非常に好評&高評価。

〝ゆえ〟の感想から…、

瞬きがしづらい為、必然的に瞼は閉じぎみになります。耳も覆われているので、音が聞こえづらく、光もほとんど届きません。この状態が続くと、きちんとした言葉を発するのが億劫になります。不思議です。ヘレン・ケラーに例えるのは申し訳ないのですが、サリバン先生と出会う前の彼女の様に、本能的になるのでしょう。

そう、猿轡をしているわけでもないのに、言葉さえも出しにくくなる。それほどの心理的な拘束感も与えるんだねぇ。

みなさんご存じのように、目が見えないと人間の感覚というのはとても鋭敏になる。おまけにこのマスクだと耳も聞こえにくくなるし、臭いも皮の匂いが鼻腔を満たす。すると頼るべき感覚は触覚。その触覚がものすごく鋭敏になるんだ。

そうなると快感も大きさの度合いが変わってくる。場合に寄ってはケタ違いにも。この日、このマスクを装着させられた〝ゆえ〟はクローゼットの中に閉じ込められ、ずっとローターの刺激を受け続けていたけど、相当な興奮状態だったし、その直後の反応はもの凄かった。

それと、この感覚を奪うマスク、奴隷にとっては、動きが封じられたも同然なので、一歩足を動かすだけでも、ご主人様の手助けが必要になる。つまり、ご主人様への依存度がきわめて大きくなるんだね。これが奴隷にとってはまた大きな快感になるようなんだ。

〝ゆえ〟の感想でも、そういう言葉が出てきた。

着けた方の感覚を遮断しますから、お相手の方との信頼関係(絶対に危険な事から守ってくださる、嫌がる事はしないと分かっている)の上での装着が大切です。

そうそう、〝ゆえ〟から同じ立場のM女性への一言、たしかにこれは重要だね。

最後に女性の方、装着の際は、メイク無しの方が良いです。特にアイメイクをしたままマスクをすると、ものもらいの原因にもなりますし、外した後のお顔が…。

確かに…。(^^;)

革好きのみなさん、奴隷のご主人様への依存度を高めるためにも、口穴マスク、お一ついかが?

kuchianamask2016_02flsh.jpg
自分で秘部にローターを当てて
暗闇の中で陶酔していく〝ゆえ〟。





 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.