FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

偶然できた「タンポン・プレイ」の楽しさ

tamponplay01shfl.jpg
こんなことでも楽しいプレイになってしまうのが面白い!
ちなみにこの写真は本文とは別の日に、
もう一度タンポン・プレイをしたときの一コマ。


様々な責め具を使うボンデージ。いつも〝ゆえ〟と会う前にはどんなプレイをするかを考え、それに合った道具を持っていくことにしている。だから、〝Y〟はプレイ前にある程度のシナリオを考えているんだ。

でも、もちろん、SMというのは人間と人間の「化学反応」。

そのときのお互いの気分のあり方、そして、その日の天候だったり、選んだホテルの部屋の条件、いろいろな要素があり、必ずしも〝Y〟が計画した通りにならないこともある。あるいは、計画から大きく外れていくことも。もちろん、それだからこそ楽しい生身のSMプレイなんだ。

そして、偶発的に新しいプレイが生み出された時というのは、まさに「醍醐味」を感じてしまう。

今回もそうだった。

その日、〝ゆえ〟は生理中だった。避妊具の影響で、生理でもさほど出血しない〝ゆえ〟。だから、プレイは生理に関係なくできている。

ただ、〝ゆえ〟はご主人様を喜ばせようと、買ったばかりの素敵なスキャンティを着けてきた。そして、そのスキャンティが汚れないようにと、普段はナプキン派なのに、念のためタンポンを挿入してきていたんだ。

それに気付いたのは、スキャンティとブラジャーだけにされた〝ゆえ〟の体を散々楽しんだ後のこと。

「じゃ、スキャンティを脱げ…」と命令すると。

「ご主人様、今日はタンポンをしてきているのでトイレに行って参ります」

「なぬ?タンポン??おお、それは良い良い。見せなさい!」

と、まぁ、当然、こういう展開になるよね。(笑)あれ?普通はならない?(爆)

あそこがあらわになるのが恥ずかしい…といわんばかりに、もじもじスキャンティを脱ぐ〝ゆえ〟。どうせ、スキャンティそのものも、殆ど面積のない布なので変わりないのに…と思ってしまうご主人様だけど。

裸になった〝ゆえ〟。股の間に白いヒモが一本。まるでしっぽのように垂れている。

ふふふ、これは愉しい。

すぐに〝ゆえ〟を後ろから抱きかかえるようにし、タンポンのヒモを軽く引っ張ってみる。

びくともしない。そう、もともとタンポンは円錐形になっていて、一度挿入すると簡単には取れなくなっている。しかも、液体をさほど吸収していない状態では固くて、膣と一体化している感じ。特に入口付近となる底面は濡れないように固い作りになっている。

そのヒモをぐりぐりといじったり、あるいは回してみたりすると…。

あれれ?〝ゆえ〟、「あぁ、あぁ、あぁ、ご主人様ぁぁぁ」と、急に喘ぎ声を出し始める。

驚いて「おい、おまえはこんなことで感じるのか?」と尋ねると、

「はい、お許し下さい…」

あとで〝ゆえ〟が語ってくれたけど、その固着した状態で動かすと、Gスポットまわりが刺激されてしまうみたいなんだ。そう、まるで膣にピッタリとはまる大きさのバイブでも入れられて、無理矢理かき回されているような感覚になるらしい。さらに少し強めに、円形を描いて、回すように刺激すると、クリトリスへの緩やかな刺激にもなる。

これは下手なバイブやローターよりもずっと気持ち良いということが判明。

終わった後で〝ゆえ〟からわざわざ「特別なプレイでした」と言わしめるくらい!

やがて、タンポンの回りにぬるぬるの愛液が溢れてきて、〝Y〟の指先を濡らしてしまう。

タンポンで濡れるなんて、けしからんというわけで、そのまま鞭打ちに入ると、悲しそうな表情で、悲鳴を上げ、体をよじる。

それでも、快感に腰をガクガクさせている〝ゆえ〟。

この「特別」な前戯のせいもあったのかな。その後のプレイ、かなり盛り上がりを見せたよ。最後に彼女が上になっての騎乗位、〝Y〟は腰を全く動かさない状態で(本当にこの日は全く動かさなかったんだ)、〝ゆえ〟は何十分にもわたって、何度も何度も中イキの波に襲われていた。

でも、まさかタンポンがオモチャ以上の責め具になるとは思わなかったなぁ…。こんな意外性があるからSMって愉しい!

tamponplay3flsh.jpg
タンポンプレイのあとは、ご覧のように普段通り、
レザーのボンデージプレイになるのだけどね…。(^^)






人間テーブルの愉しみ…

humantable201705_00flshb.jpg
〝ゆえ〟が部屋のオブジェと化してしまう。


奴隷を持ったときに、一度でいいからやってみたかったプレイの一つがこれ。人間テーブル。

一種の放置プレイと考えてもいいね。

奴隷を四つん這いにする。そして、その上に板を乗せてテーブルとして使うこと。

そして、その上にはコーヒーなど、こぼれやすいものを入れ、それが決してこぼれないように、奴隷には厳しく「動くなよ」と厳命しておく。そして、自分は本でも読みながらゆっくりと時間を過ごす。食事をしてもいいしね。

かつて若い頃、SMのAVが新鮮だった時代、シネマジックというレーベルが出した、樹まり子(いつき・まりこ)という人気女優さんを使った「Lover M(ラヴァー・エム)」。この名作の中に、同様のシーンが出てくる。

黒のPVCボディースーツ、ロンググローブ、そしてストッキングをまとった樹。四つん這いになった彼女の背中にはガラス製のテーブルの天板が置かれている。

そして彼女を挟んで、中野D児と日比野達郎が向かい合って、人間テーブルの上に置かれた食事をとる。彼女のあそこにはバイブが入れられ、身もだえしながらも、天板を揺らさないように必死に耐える…。

そんなシーンだったんだ。

これはねぇ、ホント、Sにとっては夢のような光景。しかも、その厳しい躾をうけているのが、当時大人気だった樹まり子なのだから…。

というわけで、いつか、自分好みの奴隷ができたらやってみたい!と思っていた〝Y〟。

ある日、〝ゆえ〟と訪れたホテルで、部屋に入った途端に、小躍りしてしまう。

なんと、ガラス製のテーブルが部屋に置かれ、しかも、その天板が取り外し可能だったんだよ。まさか!夢がここで叶うとは!

というわけで、この日、〝ゆえ〟にPVCのボディスーツ、ロンググローブ、ストッキングを着けさせる。そして股間にはバイブを…。

humantable201705_03flshb.jpg


おお、ビデオの通りじゃないか!

そして、まずはその姿でコーヒーを淹れるように命令。

このホテルはドリップ式のコーヒーがサービスで置かれているんだ。

バイブのスイッチをオンにする。バイブ固定ベルトも装着されているので、バイブは奥深くに入ったまま膣をかき回し、そしてクリトリスに振動を与えている。実に歩きづらそうに部屋の端にあるカウンターに…。

そして、コーヒーのパックを持ち、カウンター下からコーヒーカップを取り出そうとしたら、

「あぁぁぁ!」

と小さな悲鳴を上げて崩れ落ちちゃった。そう、しゃがんだせいで、バイブの刺激が一番感じるところに当たり、その快感に耐えきれなくなったみたい。

しかも、床にはコーヒーの粉がまきちらされちゃった。

おいおい、まだテーブルになる前だというのに…。本当に感じやすいんだから。当然、彼女の背中と腰、そして尻に鞭の雨が。

コーヒーの粉を片づけさせ、再度挑戦。

今度はうまく淹れることができた。

さぁ、じゃ、テーブルになってもらおう。

ゆっくりとしゃがんでいく。2度と同じ間違いをしないように、ゆっくりと…快感をこらえながら。そして、四つん這いになる〝ゆえ〟。

背中に天板を置き…、さらにゆっくりとコーヒーカップを置く。

humantable201705_02flshb.jpg
天板を置かない場合は、火傷しないようにソーサーを置こうね。


おお、いいね!

バイブで感じているせいで、人間テーブルは今ひとつ安定しない。

さらに時折、吐息とも喘ぎとも判別できない音が、ボールギャグのせいで涎を流しっぱなしになっている口から漏れる。

なんて贅沢な時間なんだろう…。

気分が良くてついついコーヒーをおかわりしてしまった〝Y〟。

〝ゆえ〟は〝ゆえ〟で、苦しいはずだけど、背中の越しにコーヒーの暖かさが伝わってきて、それはそれで心地良かったらしいんだ。

その後2度ほど試してみたのだけど、また別の感想を抱いた時もあったようだよ。短いけど、こんな感想を書いてくれた。

人間テーブルは、途中から腕が固まり出して(しびれてきました)、そうなると思考も停止し始めて、バイブを弄られたり、乳首を触って頂くと現実に戻る、そんな時間でした。

同じ姿勢で耐えるのは、殻の中に入るような感覚です。


なぁるほど、殻に入っていく感覚。まさにモノになる感覚だろうか。それもMにとっては気持ち良い一時だろうね。

うん、これからも機会があれば、人間テーブル、楽しもう。


humantable201705_05flsh2A.jpg
人間テーブルは快楽のうめき声を上げながら、
静かに涎を流し続ける。



 
人間テーブル時、抜け落ちないのが便利なバイブ、
「キャスパーキューティー」




「SM」+「SMと関係ないモノ」=オリジナル責めの楽しさ


片足立ちも、両脚を着くと鞭で罰が下るとなると
真剣そのもの。



最近楽しいことがある。それは…SMプレイの新しい責めを思いつくこと。仕事中でも、遊んでいるときでも、〝Y〟がボーッとして、急にニヤニヤするのを見かけたら、それは新しいプレイを考えていて、思いついた瞬間。そう、〝Y〟、四六時中、その事を考えている。社会人としてどーなんだろう?(笑)

SMを始めると、誰しも当初はビデオや雑誌の記事などで憧れたプレイをしてみたくなる。鞭打ちだったり、ロウソクだったり…。そうしたプレイはSMの王道なので、おそらく、将来もずっと続けていくものだろうけど、そうは言っても、そうしたプレイだけだと1日中ホテルにこもるなどして、長時間のプレイができるときは、次第にバリエーションも尽きてくるよね。

そんなとき、自分で考えたオリジナルプレイが出来ると楽しいよね!

きっかけはこのサイトにもリンクを貼らせていただいているshadowさんの「sm110.com」というサイト。このサイトには実に沢山のプレイが記されているけど、中でも、その中で気に入ったのが「朗読プレイ」。M女性に卑猥な小説を朗読させながら、その間に責めるという、shadowさんオリジナルのもの。実際にやってみると、これはなかなか味わいのあるプレイだった。「朗読」と「SM」というこの組み合わせが秀逸。そう、日常生活にある一見SMと関係ない行為とSMを組み合わせる意外性とおもしろさ。

ということで、そうした面白いことはないかと探していたある日、テレビの健康番組で、出演者が健康チェックのための片足立ちをしているのを見た。この瞬間に「ピーン!」〝Y〟の頭に奴隷の姿が浮かぶ。

これだ!

というわけで、ある日、〝ゆえ〟とのプレイの途中。〝ゆえ〟に命令。

部屋の中央の広いところを指さして、

「さ、ここに立ちなさい。」

ボールギャグを咥えさせらている〝ゆえ〟、きょとんとしている。

「片足立ちをしてみなさい。」

ますます不思議そうな表情をしている。

「ふらついたり、倒れたら、その場で罰の鞭が下されるからな。」

やっと意図を了解した〝ゆえ〟、素直にその場で片足立ちを始める。ところが、〝ゆえ〟、意外とバランス感覚が良いので、いつまでたっても片足で平気で立っている。しまった!彼女、スポーツレディーで運動神経は良かったんだ!

これでは面白くない。

そこで、彼女の股間にバイブを入れて固定する。

「くぅ…」と声を上げる。じわんと来るキャスパーキューティーの快感に耐えている姿がいじらしいね。

それでも〝ゆえ〟、バランスを崩さない。

ますます面白くない!

「では、目隠しをするぞ」

「ふぁい」

と、ボールギャグ越しに、しおらしく答える。

standing-on-one-leg_02flsh.jpg
あっという間に…バランスを失う〝ゆえ〟。
危ないのでくれぐれも倒れる直前に体を受け止めてあげようね!


そこで、天ノ介さん製の目隠しをしたら、これはテキメン。すぐに倒れかかる…。こうなることはわかっているので、そばに立って、すぐに体を支えて起こしてやるものの、内心嬉しくて。

「こんなに短い時間で倒れるとは何事だ!」

「おふふひふははい、おふひんはは(ボールギャグ越しだからね…通訳すると、お許し下さい、ご主人様)!」

と叫ぶ彼女に鞭の嵐…。

再び、立たせて片足立ちを…。

「今度は大丈夫だろうな」

数秒後にはまた鞭の嵐。

「情けない奴隷だ!」と言いながら振り下ろす鞭。

さらに、再度片足立ちをさせて、その足の甲にわざと鞭を振り下ろすイジワルも!

ああ!楽しい!!

ということで、わがオリジナルの目隠し片足立ち責めは大成功。片足を縄で吊っての片足立ちというのはプレイとしては良くあるけど、縄を使わない、健康チェックの片足立ちでのプレイというのは聞かない。思わぬところにSMの責めに関するアイディアが転がっている。テレビだって、見る目が変わっちゃうよ。人間は考える動物なのだなぁ。そしてSMって、まさにそういう想像力が生きる楽しいことなのだなぁと改めて実感するね。ま、これほど簡単な組み合わせなので、〝Y〟が知らないだけで、同じプレイをすでに楽しんでる方もいらっしゃるかもしれないけどね。

ただ、皆さんに一つだけご注意を。

目隠しをされた女性は本当にすぐに倒れてしまうので、そのときに体を傷つけることがないように、回りにモノを置かないこと。そして、倒れる前に、必ず体を受け止めてあげてね!愛する奴隷の体を大切に。それだけは〝Y〟からのお願いだよ。



〝ゆえ〟、ラバープレイ初体験

rubber201703_6flsh.jpg
ラバーでの二人。バックで挿入しながら鞭で背中を打つ。
〝ゆえ〟は悲鳴を上げながらボールギャグから涎を垂らす。


ラバーファン、ラテックスファンの皆様、大変長らくのお待たせ!

管理人〝Y〟にとっては本当に久しぶりのラバープレイ、そして、〝ゆえ〟にとっては生まれて始めてのラバープレイをしてみたよ。

ラバー、その魅力についてはこのブログでも多く語ってきたよね。

だからいつかは〝ゆえ〟にラバーのキャットスーツを着せて、全身の「トータル・エンクロージャー」を体験させ、さらに、〝Y〟も同じ状態になり、二人で結びつきたいと思っていたんだ。

でもね、ラバーって、結構準備と後処理に時間がかかるので、時間に相当余裕がないと無理。だから、どうしても優先順位的に他のプレイが先になって後回しになっちゃったんだ。待ってた皆さん、ごめんね。

そしてようやくやってきたラバーの日。

rubber201703_2flsh.jpg
スリムな〝ゆえ〟のキャットスーツ姿。
スパイ映画にでも出てきそうな姿がカッコ良い。


この日は二人分のラバースーツとガスマスク、ブーツなどがあり、荷物も半端じゃなく多くなっちゃった。まるで海外旅行に出かけるような大きなスーツケース。これでシティホテルに入るのなら何も問題ないけど、入るのはラブホ。いつもは無人のフロントも監視カメラで見ていたんだろうね。慌てて、係の人が様子を覗きに出てきたほど…。もちろん「いらっしゃいませ!」と声をかけられただけで、呼び止められはしなかったのでホッとしたけどね。でも目は真剣に二人の様子を窺っていた。(笑)

さて、〝ゆえ〟にまずラバーの注意点を色々と話した。潤滑のためのシリコンを使うときの注意点…、床に絶対つけないように!床に付着すると滑りやすくなり危険。我々の後でホテルを利用する人の安全のためにも、決して床につけない。そのために、スーツを着たら、その上に足はブーツを履くんだ。

そんな注意をしながら、ラバーのスーツを渡す。

〝ゆえ〟、まずその軽さにびっくり!

「え?ご主人様、こんなに軽いんですか?」

そう。0.3mmのラバースーツは軽いのだよ。

rubber201703_3flshb.jpg
面体も装着され木馬の上で悶える〝ゆえ〟。


そして全身にシリコンを塗り、着せていく。Fantastic Rubberのネックエントリー。首の部分から全身を入れるというのは、〝ゆえ〟も知ってはいたけれど、さすがに実物を見ると驚き、さらに、その小さな穴に本当に自分の体が入るのかといぶかしんでいたよ。

でも、心配無用。〝Y〟が思いっきり首の部分をひっぱり彼女に右足を入れさせていく。そこから、足首が完全に奥まで入ると、そこからは比較的簡単。あっという間にゴム人形のできあがり!

惜しむらくはサイズが超スリムな彼女には大きすぎたこと。特に上半身には皺が沢山できているけど、仕方ないね。

一方でDeMaskの全頭マスクに関してはピッタリ!どころか相当な圧迫感を感じるみたい。

上に出てきた写真のように、唇が搾りだされるような感覚。そして、耳もやや聞こえなくなってくるので、拘束感も半端ない。

rubber201703_1flshb.jpg
rubber201703_4flshb.jpg

SMチェアに固定されて、呼吸責めを受ける。


その〝ゆえ〟をSMチェアに誘い、そして、ローターの責めを始めると…。いいねぇ。真っ黒なラバー人形が、ひたすら快楽に声を上げる姿。いつもの清楚な外見の〝ゆえ〟とは違い、欲望だけを追求している快楽ロボットとなったような印象。その大きなギャップが楽しい。

そのロボットで遊ぶというイメージだから、普段の生身の女性をいたぶる感覚と違い、かなりドライな気分でもて遊ぶことができる。そう、ウェットな感情から解き放たれる印象。縄のSMプレイが演歌なら、我々の普段の革ボンデージSMプレイは洋楽ポップス。そして、こちら、ラバープレイは、まるでモダンジャズ!

このからっとした明るい雰囲気って、欧米のボンデージビデオを見て感じる空気に近いものがあるんだ。

どこか、ファッション雑誌のグラビアを見ているような、当事者の自分たちなのに、その自分たちを客観視しているような不思議な感覚。

ただ、一方で、体の感じ方はかなり強制的。というのも、〝ゆえ〟が話してくれていたのだけど、ラバーの圧迫感、中でも前述のマスクの圧迫感は相当で、そこから唇がまるでマスクから押し出されるように露出する姿を鏡で見るのはものすごいエロスを感じていたんだって。たしかに、革の時の印象と違い、唇のマスクの中での存在感とインパクトは相当にある。

そう、ラバーという全身を包む素材は全身を一気に圧迫していくので、縄や革具の圧迫感とは全く違う。圧倒的な拘束感なんだ。これで締め上げられる快楽。これにつきる。M女性だけじゃないよ、S男性の方も、まるで自分自身が改造ロボットにでもなったかのように、自分自身がたくましくなったような不思議な感覚。これで女性を責めると、いつまでも責め続けられるような気がしてくるのだから不思議。

rubber201703_7flsh.jpg
さらに、電マで責められる。


そしてSMチェアに拘束し、いつもの呼吸制御を。DeMaskから顔空きの全頭マスクに換える。そして、その上に呼吸のための面体を装着され、手足を拘束されて横たわる〝ゆえ〟。〝ゆえ〟の目を見ると、すでにそれまでの快楽責めで朦朧とした表情をしている。呼吸ホースの先に付けられた、ボコボコと音を立てるUrine Inhalerの音を聞きながら、さらに電マ責めでより深い快楽に落としこむ。拘束された体を苦痛と快楽で揺らしながら、そして、チューブから供給される少ない空気を一生懸命吸う姿。まさに今自分が〝ゆえ〟をアンドロイドに改造手術をしているような、そんな雰囲気で愉しい。

何度かの中イキを眺めた後、拘束を解き、再びベッドへ。再度DeMaskの装着。バックの挿入。自らゆっくりと腰を振る〝ゆえ〟。その鏡に映った黒光りのする全身、そしてそれを責める、同じく黒光りのする自分の全身を眺めつつ、興奮は高まる。

そして、プレイを始めて3時間。最後には射精の時が訪れる。〝ゆえ〟のDeMaskめがけて顔射…。

黒く輝くマスクに白の精液のコントラストの美しさ!

思わず見とれてしばらくそのままにしてしまった。

この満足感、いい!

〝ゆえ〟とのラバープレイ。次も楽しみだね。

rubber201703_5flsh.jpg
そして黒光りするマスクに顔射。





 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.