FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

「お一人さま」ラバースーツの楽しみはプチリゾート!?

rubberself201502Aflsh.jpg
こんな格好で1日を過ごすわけなんだ…。



秋から冬、そして春にかけてのシーズンが1年でもっとも好きな〝Y〟。理由は簡単、自宅でラバーを着ることが出来るから。さすがに夏は冷房をガンガンかけても暑い暑い…。冷たいラバーに冬は合わないと思っていた時期もあったけれど、暖房をしっかりと入れていれば、逆に汗もかかず、良い季節!

以前の記事にも書いたけれど(こちら)、この季節、自宅で一人きりの時、ラバーを着込んで楽しむ機会が増えるんだ。なみに着せて責めるのはまた別の楽しみだけど、一人というのもオツなもの。

じゃ、いったい自分一人、自宅で楽しむときはどんな格好?というと、10年前から変わらず、基本的には上記の写真通り、

・全身ラバーキャットスーツ
・ラバーグローブ
・ガスマスク
・ラバー全頭マスク
・革製ブーツ


というのが普段のいでたち。色は全て黒。

これにオプションで、いろいろと加わるんだけれどね。ガスマスクも写真は消防士さんのタイプだけど、そのほかにイスラエルタイプ、英軍タイプ、旧ソ連タイプ等々、色々と変えて楽しんだり…。さらにジェットタイプのヘルメットをかぶってみたり…。

全く同じセットがもう一つあり、それをなみに着せてのプレイでは完全バリバリの「S」となる〝Y〟だけれども、一人の時は「M」的な嗜好になっている。不思議だね。

この格好で1日を過ごすわけ。そして、PCに向かって仕事をしたり、読書をしたり、好きなビデオをみたり…とにかくまったりと一日を過ごすんだ。自由業で基本的に家にいるからこそできることだけど、さすがにラバーを着込んで…というのは、月に2~3度しかできない貴重な時間。

そして、さんざんラバーの感触を味わった最後には、アネロス(エネマグラ)を楽しんだり、あるいはお気に入りのビデオを楽しんで最後にフィニッシュを迎えると、その余韻をラバーの中でまた楽しむ…。

全身をラバーに包まれるというのは、常に皮膚のすべてがラバーに接触しているのを感じていることになるよね…。そして、全身のうち、空気中に直接露出している部分が皆無。完全に外界から遮断されているんだ。遮断というとなんとなくM的な響きかもしれないけれど、実は守られているという方が感覚的には近いかな。

男は外に7人の敵がいるというけれど、この状態では敵も入って来ることがないという感覚。完全に安全な中に籠もっている…。そう、そこは疲れた体をゆっくりと癒やす自分だけの場でもあるんだ。うん、「癒やし」。そう考えると、これってリゾート地のスパなどとも一緒の感覚と言えなくもないよ。

おそらく、全身の皮膚の表皮にある神経が感じる「包まれた」感覚がその安心感を高めて、究極のリラックスになっているんじゃないかな。

また同時にかつて子供の頃に憧れたスーパーヒーローへの変身願望のような感覚もあるし…。そう、改造人間のような不死身の体に自分が変わっていくような感覚も。

自由業とはいえ、普段、緊張をともなう仕事をしていると(ここで多くは語らないけれど、ホントにすさまじい緊張感にさらされているんだ)、仕事仲間の中には精神をおかしくしちゃう人もいる。幸い、〝Y〟はこうしてストレスを解き放っているわけで、このラバー好きが、なみへの革やラバーのボンデージ遊びとともに、今まで仕事を続けてこられた秘訣かもしれないね。もちろん時折会う同業者にはみなナイショにしているけれど、捜してみれば、中には同じ趣味を持つ人もいるかもしれないね。

rubberself201503flsh.jpg
お口直しに(笑)なみと二人の写真。
なみはローターを自分でクリに。ガスマスク越しにあえぎ声が。
〝Y〟は両手を乳房に添え、乳首を刺激してお手伝い。


こんな楽しみ方が出来るようになったから、大人になって、中年になって本当に良かったよ。20代、30代の頃はお金もなくてピーピーしていたから無理だったなぁ。人間、やっぱり健康で長く生きるべきものだと感じたよ。

物心ついた子供の頃からラバーへの嗜好があったけど、それが実現するなんて…夢のようだね。でも、あきらめずに夢を持ち続けると、結局叶うんだなぁって最近思うようになってきた。皆さんもきっとそうだと思うよ。ラバーだけじゃなくて、もちろん革でもいいし、PVCでもいい。あるいは、美しいパートナーを見つけたいとか、魅力的なM奴隷を持ちたいとか、そういう思いも、きっと叶うんじゃないかな。

だから、みなさんも夢は諦めないでね…。

〝Y〟もまだまだ実現していない夢があるので、それを追っている最中なんだから。

なんて感じで今日の話はおしまい。






スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.