FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

偶然できた「タンポン・プレイ」の楽しさ

tamponplay01shfl.jpg
こんなことでも楽しいプレイになってしまうのが面白い!
ちなみにこの写真は本文とは別の日に、
もう一度タンポン・プレイをしたときの一コマ。


様々な責め具を使うボンデージ。いつも〝ゆえ〟と会う前にはどんなプレイをするかを考え、それに合った道具を持っていくことにしている。だから、〝Y〟はプレイ前にある程度のシナリオを考えているんだ。

でも、もちろん、SMというのは人間と人間の「化学反応」。

そのときのお互いの気分のあり方、そして、その日の天候だったり、選んだホテルの部屋の条件、いろいろな要素があり、必ずしも〝Y〟が計画した通りにならないこともある。あるいは、計画から大きく外れていくことも。もちろん、それだからこそ楽しい生身のSMプレイなんだ。

そして、偶発的に新しいプレイが生み出された時というのは、まさに「醍醐味」を感じてしまう。

今回もそうだった。

その日、〝ゆえ〟は生理中だった。避妊具の影響で、生理でもさほど出血しない〝ゆえ〟。だから、プレイは生理に関係なくできている。

ただ、〝ゆえ〟はご主人様を喜ばせようと、買ったばかりの素敵なスキャンティを着けてきた。そして、そのスキャンティが汚れないようにと、普段はナプキン派なのに、念のためタンポンを挿入してきていたんだ。

それに気付いたのは、スキャンティとブラジャーだけにされた〝ゆえ〟の体を散々楽しんだ後のこと。

「じゃ、スキャンティを脱げ…」と命令すると。

「ご主人様、今日はタンポンをしてきているのでトイレに行って参ります」

「なぬ?タンポン??おお、それは良い良い。見せなさい!」

と、まぁ、当然、こういう展開になるよね。(笑)あれ?普通はならない?(爆)

あそこがあらわになるのが恥ずかしい…といわんばかりに、もじもじスキャンティを脱ぐ〝ゆえ〟。どうせ、スキャンティそのものも、殆ど面積のない布なので変わりないのに…と思ってしまうご主人様だけど。

裸になった〝ゆえ〟。股の間に白いヒモが一本。まるでしっぽのように垂れている。

ふふふ、これは愉しい。

すぐに〝ゆえ〟を後ろから抱きかかえるようにし、タンポンのヒモを軽く引っ張ってみる。

びくともしない。そう、もともとタンポンは円錐形になっていて、一度挿入すると簡単には取れなくなっている。しかも、液体をさほど吸収していない状態では固くて、膣と一体化している感じ。特に入口付近となる底面は濡れないように固い作りになっている。

そのヒモをぐりぐりといじったり、あるいは回してみたりすると…。

あれれ?〝ゆえ〟、「あぁ、あぁ、あぁ、ご主人様ぁぁぁ」と、急に喘ぎ声を出し始める。

驚いて「おい、おまえはこんなことで感じるのか?」と尋ねると、

「はい、お許し下さい…」

あとで〝ゆえ〟が語ってくれたけど、その固着した状態で動かすと、Gスポットまわりが刺激されてしまうみたいなんだ。そう、まるで膣にピッタリとはまる大きさのバイブでも入れられて、無理矢理かき回されているような感覚になるらしい。さらに少し強めに、円形を描いて、回すように刺激すると、クリトリスへの緩やかな刺激にもなる。

これは下手なバイブやローターよりもずっと気持ち良いということが判明。

終わった後で〝ゆえ〟からわざわざ「特別なプレイでした」と言わしめるくらい!

やがて、タンポンの回りにぬるぬるの愛液が溢れてきて、〝Y〟の指先を濡らしてしまう。

タンポンで濡れるなんて、けしからんというわけで、そのまま鞭打ちに入ると、悲しそうな表情で、悲鳴を上げ、体をよじる。

それでも、快感に腰をガクガクさせている〝ゆえ〟。

この「特別」な前戯のせいもあったのかな。その後のプレイ、かなり盛り上がりを見せたよ。最後に彼女が上になっての騎乗位、〝Y〟は腰を全く動かさない状態で(本当にこの日は全く動かさなかったんだ)、〝ゆえ〟は何十分にもわたって、何度も何度も中イキの波に襲われていた。

でも、まさかタンポンがオモチャ以上の責め具になるとは思わなかったなぁ…。こんな意外性があるからSMって愉しい!

tamponplay3flsh.jpg
タンポンプレイのあとは、ご覧のように普段通り、
レザーのボンデージプレイになるのだけどね…。(^^)





開口具(フェイスクラッチマスクなど)に安全の工夫を

facecrach2017_01bshfl.jpg
フェイスクラッチマスクなどの開口具は
美しい顔立ちの女性に装着すると、インパクト大。


今回は以前書いた記事の続編…というか、より詳しく書いてみたよ。

開口具、SMボンデージでは重要なアイテムだよね。

女性の口を大きく開かせて、固定。そして、そこに男性が自分のものを突っ込んでプレイをするというのは、非常に加虐心を満足させるプレイ。

開口具も様々にあるけれど、特に金属の排水口を流用したものはまさに女性の口を汚物処理に使うようで、さらにグレードが上がるよね。以前、ここで紹介したフェイスクラッチマスクは中でも、最高峰(こちらの記事)。

そしてそのフェイスクラッチマスクには実は種類が幾つかあって、以前紹介したものの他にも、ソフトタイプやハーネスのついていないものも。

現在は例えば、天ノ介さんのサイト別の販売サイトセビアンさん、そして、名称やデザインはやや異なるけど、わいえふ工房さんエピキュリアンさんなどで購入することが出来る。

facecrach2017_04shfl.jpg
これがそのソフトフェイスクラッチマスク。
でも、女性への体への負担も大。


facecrach2017_06shflb.jpg
裏返してみると、開口部、薄いゴムが貼り付けてある。
でも、これだけでは心もとない。


でも、一つ気をつけなければいけないことがあって、それは口に直接当たる部分、そう、排水口の部分なんだ。実は加工されてなく、金属むき出しの場合が多い。あるいは、薄いゴムが貼ってあるか、プラスチックのカバーがしてあるか…。いずれにしても、歯が直接当たるのだけど、結構、ダイレクトに硬さが伝わってくるのでやや不安。

人によっては歯が弱い人もいる。大切なM女性の歯にダメージを与えるのはマズイよね。

そこでどうするか?一つは板ゴムを買ってきて貼り付けるという方法がある。でも、ゴムというのは、ある程度の衝撃を吸収するためには厚さが必要。そうなると、開口部分の円周にそって曲げるのが難しかったり、あるいは、ゴムは重いので、その重みが顎に加わることになるのも心配。

何かないかな…と、数年前探していたら、東急ハンズでこんな製品を見つけちゃった。

facecrach2017_03shfl.jpg
これがそのパッケージ。


「静カツPRODUCT」というブランドの「微振動減衰 LINE PAD」(ソフト)というもの。

もともと、電子機器の底面に貼って振動を吸収するというものだけど、ある程度の厚みがあり、クッションとしてはちょうどいい。材質はマイクロセルポリマーシートの「PORON」というもの。これをテープ状にして、背面には両面接着テープが。ハサミで切って使うだけ。ちょうど半分の長さに切ると、排水口の円周にほぼぴったり!とてもソフトな材質なので、ちょうど、ドアや窓に取り付ける隙間テープをイメージしてもらうといいかもしれないね。

さっそく購入してフェイスクラッチマスクにつけてみると…、うん。これはいいね!

facecrach2017_05shflb.jpg
色も黒に近いので違和感がないよ。


もちろん、そうは言っても、もともと金属の排水口、強く噛まないように奴隷には指示をしなければいけないけれど、とりあえず、クッションにはなるので安全性は高まるよね。

というわけで、こうした開口具には便利な道具だと思うよ。

ただし、こうした工作、および改造は自己責任でね!




スクールみたい…、ん?制服が?いや、そうではなくて…。

cultureschool_03flsh.jpg
十字架に磔させられたセーラー服の〝ゆえ〟。
これからの責めへの期待に肩をふるわせている…。


あるとき、〝ゆえ〟がこう漏らしたんだ。

「御主人様とこうして定期的にお会いしていると、不思議な気がいたします。まるで、カルチャースクールで生け花や茶道などの習い事を始めたような…」

この感想には、思わずニヤッとして、膝を打ってしまったよ。

そう、カルチャースクール的な、〝Y〟の「調教スクール」。

昨今は都市部ではどの地域にもカルチャーセンターのたぐいがあるよね。そして、その内容も多岐にわたっている。ヨガやダンスなどのスポーツ系もあれば、生け花や茶道などの伝統系。英会話などの語学系、そして、ピアノやカラオケなどの音楽系。

ところがよく考えてみると、こうしたカルチャースクールに、なぜかないのがセックス系。

「オーガズムの上手な得方」とか、「SM講座初級」、「緊縛講座」、あるいは「ご主人様講座」なんてのがあってもいいよね。あ、ご主人様講座に関してはそういう名前のすてきなインターネットのサイトはあるけどね。あとは、「革責め具製作講座」なんてのもあっていいかなぁ…。ま、それは置いといて…。

cultureschool_01flsh.jpg
全身を目一杯、ピーンと張られて固定され、苦しむ


〝Y〟は若い頃、一時的に学校の先生をしていたことがある。だから人に教えるというのは得意なほう。

今までSMの経験が全く無かったという〝ゆえ〟にたいして調教していくというのは、まさに先生が生徒に教えていくようなものだしね。

でね、〝ゆえ〟の言葉がオモシロイのはそのタイミングなんだ。

実は、その発言がセーラー服を使ったコスチュームプレイと相前後した時期だったということ。

このあたりは以前こちらに書いたけど、これが楽しい!その後もセーラー服を着せてのプレイは2度ほど行ったけど、毎回、新鮮さがあるんだ。

特にアルファインでの時は楽しかったなぁ…。セーラー服姿で檻の格子を掴んで遠くを眺めている姿にも萌えたし、座らせて鏡越しにフェラをするのも…。

cultureschool_05flsh.jpg


あ、セーラー服の話じゃなかったね。そんな〝ゆえ〟から出た「スクール」発言。なんだか、うれしくなっちゃったので…。

そもそも「カルチャー」スクールは制服を着なくていいんだから(爆)。

で、話を元に戻すけど、実は〝Y〟は毎回のプレイでは会う前にテーマを決めているんだ。持っていく責め具の関係もあるしね。さらに言えば、割合長期的に、いつごろどういうプレイを進めていくのかも決めている。そう、「学習指導要領」のSM版と言えるものを持っているし、それを基本に〝ゆえ〟の調教を進めている。結構真面目でしょ?だから、スクールというのもまんざらハズしているわけではないんだよ。

たとえば、次回のプレイでは言葉責めを中心に行おうとか。2ヶ月先でロウ責めをしようとか、あるいは、半年後にはラバーをしようとか、かなり計画的なんだ。〝Y〟のメモには、今後行うプレイの予定がびっしり書かれている。

cultureschool_02flsh.jpg
セーラー服と淫具のコントラスト。


とはいえ、生身の二人。そのときの体調や気分で予定を変更することもあるし、それはそれで、臨機応変にプレイを変えていくというのも楽しいものだよ。

でも、毎回終わる度に「ああ、ついにこんなことも出来ちゃった!」という進化が感じられるのは嬉しいモノだよね。

だからこそ、カルチャースクールに通っているような気持ちになるのかもしれないね。

それと、〝ゆえ〟の進化だけでなく、自分自身についても、徐々に進化していければと思っているんだ。まだまだ「へなちょこS」である〝Y〟。今は一生懸命勉強している。すこしでもSとして進化して〝ゆえ〟を喜ばせたいしね。それに、Sというのは一生かけてもゴールのない勉強でもあると思っているから。もちろん楽しいお勉強なんだけどね!

ところで、街のカルチャースクール、本当にセックス講座なんてあればいいのにねぇ。性は秘め事ではあるけれど、神様からの素敵な贈り物。セックスレスが問題になるこの時代、性をオープンに語って、より良き性生活をみんなが楽しめるようにするのって大事だと思うんだけどなぁ…。

cultureschool_04flsh.jpg
セーラー服をはだけさせられて悶える〝ゆえ〟。






人間テーブルの愉しみ…

humantable201705_00flshb.jpg
〝ゆえ〟が部屋のオブジェと化してしまう。


奴隷を持ったときに、一度でいいからやってみたかったプレイの一つがこれ。人間テーブル。

一種の放置プレイと考えてもいいね。

奴隷を四つん這いにする。そして、その上に板を乗せてテーブルとして使うこと。

そして、その上にはコーヒーなど、こぼれやすいものを入れ、それが決してこぼれないように、奴隷には厳しく「動くなよ」と厳命しておく。そして、自分は本でも読みながらゆっくりと時間を過ごす。食事をしてもいいしね。

かつて若い頃、SMのAVが新鮮だった時代、シネマジックというレーベルが出した、樹まり子(いつき・まりこ)という人気女優さんを使った「Lover M(ラヴァー・エム)」。この名作の中に、同様のシーンが出てくる。

黒のPVCボディースーツ、ロンググローブ、そしてストッキングをまとった樹。四つん這いになった彼女の背中にはガラス製のテーブルの天板が置かれている。

そして彼女を挟んで、中野D児と日比野達郎が向かい合って、人間テーブルの上に置かれた食事をとる。彼女のあそこにはバイブが入れられ、身もだえしながらも、天板を揺らさないように必死に耐える…。

そんなシーンだったんだ。

これはねぇ、ホント、Sにとっては夢のような光景。しかも、その厳しい躾をうけているのが、当時大人気だった樹まり子なのだから…。

というわけで、いつか、自分好みの奴隷ができたらやってみたい!と思っていた〝Y〟。

ある日、〝ゆえ〟と訪れたホテルで、部屋に入った途端に、小躍りしてしまう。

なんと、ガラス製のテーブルが部屋に置かれ、しかも、その天板が取り外し可能だったんだよ。まさか!夢がここで叶うとは!

というわけで、この日、〝ゆえ〟にPVCのボディスーツ、ロンググローブ、ストッキングを着けさせる。そして股間にはバイブを…。

humantable201705_03flshb.jpg


おお、ビデオの通りじゃないか!

そして、まずはその姿でコーヒーを淹れるように命令。

このホテルはドリップ式のコーヒーがサービスで置かれているんだ。

バイブのスイッチをオンにする。バイブ固定ベルトも装着されているので、バイブは奥深くに入ったまま膣をかき回し、そしてクリトリスに振動を与えている。実に歩きづらそうに部屋の端にあるカウンターに…。

そして、コーヒーのパックを持ち、カウンター下からコーヒーカップを取り出そうとしたら、

「あぁぁぁ!」

と小さな悲鳴を上げて崩れ落ちちゃった。そう、しゃがんだせいで、バイブの刺激が一番感じるところに当たり、その快感に耐えきれなくなったみたい。

しかも、床にはコーヒーの粉がまきちらされちゃった。

おいおい、まだテーブルになる前だというのに…。本当に感じやすいんだから。当然、彼女の背中と腰、そして尻に鞭の雨が。

コーヒーの粉を片づけさせ、再度挑戦。

今度はうまく淹れることができた。

さぁ、じゃ、テーブルになってもらおう。

ゆっくりとしゃがんでいく。2度と同じ間違いをしないように、ゆっくりと…快感をこらえながら。そして、四つん這いになる〝ゆえ〟。

背中に天板を置き…、さらにゆっくりとコーヒーカップを置く。

humantable201705_02flshb.jpg
天板を置かない場合は、火傷しないようにソーサーを置こうね。


おお、いいね!

バイブで感じているせいで、人間テーブルは今ひとつ安定しない。

さらに時折、吐息とも喘ぎとも判別できない音が、ボールギャグのせいで涎を流しっぱなしになっている口から漏れる。

なんて贅沢な時間なんだろう…。

気分が良くてついついコーヒーをおかわりしてしまった〝Y〟。

〝ゆえ〟は〝ゆえ〟で、苦しいはずだけど、背中の越しにコーヒーの暖かさが伝わってきて、それはそれで心地良かったらしいんだ。

その後2度ほど試してみたのだけど、また別の感想を抱いた時もあったようだよ。短いけど、こんな感想を書いてくれた。

人間テーブルは、途中から腕が固まり出して(しびれてきました)、そうなると思考も停止し始めて、バイブを弄られたり、乳首を触って頂くと現実に戻る、そんな時間でした。

同じ姿勢で耐えるのは、殻の中に入るような感覚です。


なぁるほど、殻に入っていく感覚。まさにモノになる感覚だろうか。それもMにとっては気持ち良い一時だろうね。

うん、これからも機会があれば、人間テーブル、楽しもう。


humantable201705_05flsh2A.jpg
人間テーブルは快楽のうめき声を上げながら、
静かに涎を流し続ける。



 
人間テーブル時、抜け落ちないのが便利なバイブ、
「キャスパーキューティー」




 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.